Samsung、独自AIアシスタント「Bixby」正式発表 まずは「Galaxy S8」に搭載 - ITmedia NEWS
総合トップ
ニュース
ビジネス
経営
企業とIT
システム導入
マーケ×IT
製造業
電力
スマホ
パソコン
AV家電
ヘルスケア
旬ネタ
動画
ブログ
AI+
速報
製品動向
ネットの話題
社会とIT
セキュリティ
業界動向
科学
転職・求人
うわさ
過去記事
AI・ロボット
クリエイター・エンジニア
スタートアップ
ITmedia NEWS >
STUDIO >
ニュース
≫ 2017年03月21日 06時59分 UPDATE
Samsung、独自AIアシスタント「Bixby」正式発表 まずは「Galaxy S8」に搭載
Samsungが来週発表する予定の「Galaxy S8」に搭載する独自AIアシスタント「Bixby」について発表した。Galxy S8にはBixbyを呼び出すためのボタンが付く。
[佐藤由紀子,ITmedia]
 韓国Samsung Electronicsは3月20日、29日にも発表とみられる次期フラッグシップ端末「Galaxy S8」に搭載する独自AIアシスタント「Bixby」を正式発表した。将来的には家電製品などの制御にも使えるようになるとしている。
 Galaxy S8を含む今後のSamsung端末の側面には、Bixby専用ボタンが追加される。このボタンを押してBixbyを呼び出し、音声で命令する。
リークされたBixbyのロゴ
 Samsungは昨年11月には独自AIアシスタントの搭載を予告しており、Bixbyという名称は2月にリークされていた。
 Samsungは昨年、米Appleのパーソナルアシスタント「Siri」を開発したチームが立ち上げた米Viv Labsを買収しており、BixbyにはVivの技術が生かされているとみられる。
 Samsungは、Bixbyには既存のAIアシスタント(具体名は出していないが、Siri、米Googleの「Google Assistant」、米Amazon.comの「Alexa」など)より3つの点で優れていると説明した。
 まず、従来のアシスタントは、アプリのタスクでできることとできないことがあって混乱を招くが、Bixbyに対応するアプリ内では、ほぼすべてのタスクを音声で実行できるという。
 次に、Bixbyはコンテキストを理解するので、例えばアプリで何かのタスクを実行中にBixbyに命令すると、タスクを実行中であることを理解して命令がそのタスクに関連したものとして対処する。
 3つ目は、自然言語による命令への対応。「Bixbyは情報が不完全な命令でも理解して可能な限り実行してから、次の指示をユーザーに仰ぐ。これにより、UIは(他のアシスタントより)ずっと自然で使いやすくなっている」とSamsungは説明する。
 以下は、モバイル関連のリーク情報で定評のあるエバン・ブラス氏がGalaxy S8だとしてツイートした画像だ。画面の向かって右側にあるボタンがBixbyボタンなのかもしれない。
 Galaxy S8には、Bixby対応のアプリが幾つかプリインストールされる。同社は既にサードパーティーにSDKを配布しており、Bixby対応アプリは今後増えていく見込み。
関連記事
Samsung、おそらく「Galaxy S8」を発表するイベントを3月29日に開催と発表
Samsungが日本時間の3月30日午前0時から、Galaxy関連のイベントを開催する。ティーザー動画にはベゼルレスでホームボタンのないスマートフォンのシルエットが表示され、「Galaxy S8」の発表イベントであることはほぼ確実だ。
「Galaxy S8」は3月発表で新AIアシスタント「Bixby」搭載?
Samsungは3月にニューヨークでイベントを開催し、次期フラッグシップ端末「Galaxy S8」を発表するとWall Street Journalが報じた。新端末は独自のAIアシスタント「Bixby」を搭載し、大小2モデルとも曲面ディスプレイでホームボタンがないという。
「Galaxy S8」はついにホームボタンなしで狭額縁に
Samsungが例年上半期に発売するフラッグシップの次期モデル「Galaxy S8」は、物理的なホームボタンがなくなり、いわゆる狭額縁ディスプレイになるとBloombergが報じた。また、SamMobileによると、Appleに続いて3.5インチヘッドフォンジャックを排除するという。
Samsung、「Galaxy S8」に独自(Vivの)AIアシスタント搭載へ
「Galaxy Note7」の発火問題と苦闘するSamsung Electronicsが、次期フラッグシップ端末「Galaxy S8」の新機能を予告した。10月に買収したSiri開発者の新興企業Viv LabsのAIアシスタントを搭載する。
関連リンク
プレスリリース
Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
ITmedia 総力特集
攻殻機動隊「タチコマ」リアル再現、8分の1サイズで発売 音声認識でおしゃべり、“並列化”も
「変なホテル」海外進出へ H.I.S.が台湾ホテル大手を子会社化
ピックアップコンテンツ- PR -
マーケット解説- PR -
多様化する「社内コミュニケーションツール」 企業が抱える導入の課題点とは?
トレンド解説- PR -
「Pepper、あのお店はどこにあるの?」 ロボットが自然な言葉でお客さまを接客
Webサイト上の接客体験を向上するには? AIと人による“ハイブリッド”が最適
「ファイルをゴミ箱に」は不十分! PCを破棄する前にデータを完全削除するには?
RANKING
1
iPhoneをはめ込んでCPUやトラックパッドにするAppleのMacBook的な何かの特許が公開される
2
男と女、どちらに見える? 実は同一人物──錯覚の理由は
3
攻殻機動隊「タチコマ」リアル再現、8分の1サイズで発売 音声認識でおしゃべり、“並列化”も
4
アニソン聴き放題「ANiUTa」登場 大手レコード会社らが新会社 「ファン人口、減るのが一番怖い」 その狙いは
5
AppleがWorkflowを買収し、アプリを700円→無料に
6
「ゼルダ」最新作の影響? 米国で「縄文時代」Google検索数が急増
7
カドカワの通信制高校「N高」入学式 今度は新入生が「Microsoft HoloLens」装着
8
「あなたは何色に見える?」──“ドレスの色”問題が再来 今度は「サンダル」
9
JR東、中央線のグリーン車計画を延期
10
任天堂「Switch」を生んだ、「Wii U」の“苦い教訓”
ランキングトップ30 一覧 »
ITmedia News
@itmedia_newsさんをフォロー
メールマガジンのお知らせ
ITmedia NEWSのメルマガ新創刊! テクノロジートレンドを週3配信
攻殻機動隊「タチコマ」リアル再現、8分の1サイズで発売 音声認識でおしゃべり、“並列化”も [ITmedia NEWS アンカーデスクマガジン 金曜日版 2017/3/24]30分でAIが使えるようになる 写真から年齢と性別を認識する「Face API」を試してみた [ITmedia NEWS アンカーデスクマガジン 水曜日版 2017/3/22]
ご購読はこちら »
ご意見・ご感想
リリース送付先
広告に関するお問い合わせ
メールマガジン
Specialインデックス
RSS
facebook
twitter
サイトマップ | 利用規約 | プライバシーポリシー | 広告案内 | お問い合わせ
IT総合
ITmedia 総合TOP
ITmedia NEWS
ITmedia Keywords
質問!ITmedia
ITmedia 動画
デジタル・ガジェット
ITmedia Mobile
ITmedia PC USER
ITmedia LifeStyle
ビジネス
ITmedia ビジネスオンライン
ITmedia エグゼクティブ
ITmedia マーケティング
マーケター通信
調査のチカラ
ITmedia PC USER Pro
カルチャー
ねとらぼ
ねとらぼエンタ
ねとらぼ生物部
ITmedia 名作文庫
ライフ
ヘルスケア
企業IT
ITmedia エンタープライズ
情報システム用語事典
オルタナティブ・ブログ
TechTargetジャパン
ホワイトペーパー
Computer Weekly
キーマンズネット
発注ナビ
テクノロジー
@IT
QA@IT
イベントカレンダー+ログ
エンジニアリング
TechFactory
MONOist
EE Times Japan
EDN Japan
スマートジャパン
3Dモデラボ
キャリア
@IT自分戦略研究所
エンジニアライフ
ディルバート
アプリ
ITmedia
ねとらぼ
ねこらぼ
ついトピ!
ITmediaはアイティメディア株式会社の登録商標です。
運営会社 | プレスリリース | IR情報 | 採用情報 | アイティメディアID | RSS | Twitter | Facebook | メルマガ | バーチャルイベント