YouTube、LGBTQ動画への不適切フラグは誤動作だったとして謝罪し改善を約束 - ITmedia NEWS
総合トップ
ニュース
ビジネス
経営
企業とIT
システム導入
マーケ×IT
製造業
電力
スマホ
パソコン
AV家電
旬ネタ
ブログ
ITmedia NEWS/ITの今が見える、明日が分かる
速報
連載
製品動向
ネットの話題
社会とIT
セキュリティ
業界動向
転職・求人
うわさ
過去記事
AI・ロボット
クリエイター・エンジニア
スタートアップ
マストドン
ITmedia NEWS >
STUDIO >
ニュース
≫ 2017年03月21日 11時44分 UPDATE
YouTube、LGBTQ動画への不適切フラグは誤動作だったとして謝罪し改善を約束
YouTubeの、不適切な動画を表示させないようにするオプション機能「制限付きモード」で、多数のLGBTQ動画が対象とされた件について、制限はシステムの誤動作だったとして謝罪し、修復していくと約束した。
[佐藤由紀子,ITmedia]
 米Google傘下のYouTubeは3月20日(現地時間)、LGBTQ(Lesbian、Gay、Bisexual、Transgender、Queer)コンテンツを誤って「制限付きモード」対象としていたことについて謝罪し、改善を約束した。
 これは16日にLGBTコミュニティのYouTuber、ローワン・エリス氏が自身のYouTubeで、自分の動画がYouTubeの制限付きモードを有効にしているユーザーには表示されないよう不適切フラグを自動的に付けられていたことに気付き、「YouTubeはアンチLGBTなのか?」という動画を投稿したことをきっかけとして炎上したことを受けたものだ。
 制限付きモードとは、YouTubeが2010年から提供している、成人向けや暴力などを含む動画を見たくない人向けのフィルター機能だ。コミュニティによる報告、年齢制限、その他の情報を使用して不適切な可能性のあるコンテンツを特定し、除外している。現在、制限付きモードを有効にしているユーザーからのアクセスは、YouTubeのデイリービュー全体の約1.5%という。
制限付きモード
 YouTubeは、コンテンツへのフラグ付けをアルゴリズムで完全自動化しているのか、人間によるチェックも入っているかは明言していないが、「われわれのシステムはコンテキストとニュアンスの理解でミスを犯すことがある」と説明し、今回の問題については機能が「あるべき状態に機能しなかった」として謝罪し、修復するとしている。
 例えば以下のような、自分がゲイであることを祖母にカミングアウトしたことを報告する動画までが制限付きモードの対象となっていた。YouTubeはこの動画を含む幾つかの動画を既に対象から外したという。
 YouTubeは、コミュニティからのフィードバックに感謝し、今回得た情報をシステムの改善に役立てるが、完全に修復するには時間がかかるので見守ってほしいとしている。
 YouTubeでは最近、不適切なコンテンツに広告が表示されてしまうとして大手メディアなどが広告を引き上げ、17日に改善を約束している。コンテンツに広告を表示するシステムは完全に自動だ。
関連記事
YouTubeからの大手メディア広告引き上げを受け、Googleが自動システム改善を約束
英国政府や大手メディアが、YouTubeの不適切な動画に広告が表示されるとして、YouTubeやGoogle Display Networkから広告を引き上げたことを受け、Googleが広告ポリシーを改善し、広告表示先を管理しやすくすると約束した。
YouTubeの1日当たり視聴時間が10億時間超え
YouTubeで1日に視聴される動画の長さが10億時間を超えた。ユーザーデータに基づくお勧めアルゴリズムの精度が上がるほど、視聴時間も伸びるだろう。
Facebook、Microsoft、Twitter、YouTubeがテロ助長コンテンツ排除で協力 法規制に先手
テロリストが使うデジタルデータの「指紋」データベースを共同で構築する。
FacebookやGoogle、テロ関連など問題コンテンツの自動ブロックツールを採用か──Reuters報道
FacebookやGoogle傘下のYouTubeが、テロリストのプロパガンダ動画などを自動的に検出し、ブロックするツールを導入しつつあると、Reutersが情報筋の話として報じた。
Facebook、LGBTコミュニティーに謝罪し、実名審査プロセス改善を約束
Facebookが、法的ではないが実生活で使っている名前で登録しているユーザーのアカウントを停止したことに対する抗議運動を受け、アカウント停止までのプロセスを改善すると約束した。実名ポリシーは継続する。
関連リンク
公式ブログ
Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
ITmedia 総力特集
「生配信で月1000万円の子も」 “努力が実る”SHOWROOMにアイドルのタマゴが殺到する理由
AIが診察時間を算出、待ち時間がリアルタイムで分かる 「診察予約ZERO」アプリ
トレンド解説- PR -
「しまった!あの領収書どこだっけ…」泣く泣く自腹を切らずにすむ経費精算はこれだ
RANKING
1
“実写にしか見えない”3DCG女子高生「Saya」、「ミスiD」セミファイナリストに
2
ビットコインの取引停止、前倒し 「分裂危機」23日にも
3
“実写にしか見えない”3DCG女子高生「Saya」、制作者が込めた思いは 「一瞬で消費される時代に一石を投じたい」
4
「メイドさんのようなロボットは実現しない」――ロボホン開発者が語る、ヒト型ロボットへの期待と誤解
5
エヴァ庵野監督が新アニメ会社 ドワンゴと設立 「人材が眠る」福岡拠点に
6
ビットコイン急騰急落、何が起きているのか 注目すべきは「中国」
7
Intel、ディープラーニング用スティック形USB端末を発売 79ドル
8
満員電車は危険がいっぱい? 実は深刻なスマホの“のぞき見”
9
国際宇宙ステーション、Googleストリートビューで探索可能に
10
Pokemon GOに「伝説のポケモン」 23日から登場へ
ランキングトップ30 一覧 »
ITmedia News
@itmedia_newsさんをフォロー
メールマガジンのお知らせ
ITmedia NEWSのメルマガ新創刊! テクノロジートレンドを週3配信
「ロボットvs人間」を見たいジャンル [ITmedia NEWS アンカーデスクマガジン 金曜日版 2017/7/21]“ガンダムのハロっぽい”JAXAの球体ドローン、由来は? [ITmedia NEWS アンカーデスクマガジン 水曜日版 2017/7/19]
ご購読はこちら »
ご意見・ご感想
リリース送付先
広告に関するお問い合わせ
メールマガジン
Specialインデックス
RSS
facebook
twitter
サイトマップ | 利用規約 | プライバシーポリシー | 広告案内 | お問い合わせ
IT総合
ITmedia 総合TOP
ITmedia NEWS
ITmedia Keywords
質問!ITmedia
デジタル・ガジェット
ITmedia Mobile
ITmedia PC USER
ITmedia LifeStyle
ビジネス
ITmedia ビジネスオンライン
ITmedia エグゼクティブ
ITmedia マーケティング
マーケター通信
調査のチカラ
ITmedia PC USER Pro
カルチャー
ねとらぼ
ねとらぼエンタ
ねとらぼ生物部
ねとらぼアンサー
ITmedia 名作文庫
アプリ
ITmedia
ねとらぼ
ねこらぼ
ついトピ!
企業IT
ITmedia エンタープライズ
情報システム用語事典
オルタナティブ・ブログ
TechTargetジャパン
ホワイトペーパー
Computer Weekly
キーマンズネット
発注ナビ
テクノロジー
@IT
QA@IT
イベントカレンダー+ログ
エンジニアリング
TechFactory
MONOist
EE Times Japan
EDN Japan
スマートジャパン
3Dモデラボ
キャリア
@IT自分戦略研究所
エンジニアライフ
ディルバート
ITmediaはアイティメディア株式会社の登録商標です。
運営会社 | プレスリリース | IR情報 | 採用情報 | アイティメディアID | RSS | Twitter | Facebook | メルマガ | バーチャルイベント