中国BOE、自発光量子ドット採用の5型“AMQLED”ディスプレイを開発 ??無機素材でAMOLEDと比較して長寿命/広色域/低価格 - PC Watch PC Watch2in1モバイルノートタブレット液晶ディスプレイGPUCPUNUC/小型パソコンゲーミングパソコンゲーミングノートWindows 10Microsoft OfficeSSDキーボードマウス無線NAS自作PCパーツカテゴリ検索記事を探す閉じるPC Watch をフォローする Special Site 人気記事 最新記事 本日みつけたお買い得品NTT-X、デル製11.6型ノートが19,980円。「Inspiron11 3000」が限定販売中7月21日 20:05本日みつけたお買い得品Amazon、アイ・オーのポータブルBDドライブを56%オフの6,280円でセール中7月21日 19:06本日みつけたお買い得品Windows 7も10も使える東芝「dynabook B45」が78%オフに7月21日 17:40デル、11.6型2in1を組み立てる親子参加イベントを開催7月21日 16:48やじうまPC Watch任天堂が「Nintendo 64」のクラシックミニを準備中?7月21日 15:21 Impress Watch人気記事 おすすめ記事プロが選ぶ2017年春の推しモバイルノート ??最新モデル9製品を徹底比較【6月の人気・注目記事まとめ】Skylake/Kaby LakeのエラッタやWindows 10ソースコード流出が発覚など1万円台のビデオカードで3Dゲームプレイの実用性を検証龍芯3号を採用した中国発PC「龍盾」イケてるガラス筐体に高速AFカメラを積んだ3万円スマホ「HUAWEI P10 lite」 PC Watch半導体/周辺機器液晶ディスプレイその他
ニュース中国BOE、自発光量子ドット採用の5型“AMQLED”ディスプレイを開発??無機素材でAMOLEDと比較して長寿命/広色域/低価格劉 尭2017年3月21日 12:34 中国BOE(京東方)は20日(現地時間)、5型の“主動式電致量子点発光”ディスプレイ(AMQLED)を開発したと発表した。 いわゆる量子ドットを材料に用いたディスプレイ。量子ドットは少数の原子からなる極小半導体で、エネルギーを吸収して発光し、量子ドットの大きさをコントロールすることで発光する色を変えられる。 現在市場にある量子ドットディスプレイの大半は、液晶の仕組みをベースとしたもので、バックライトに量子ドットフィルムを貼り付けて色域を30%以上高めたものである。 一方、今回開発されたAMQLEDはAMOLEDと同様の仕組みで、電流を流せば量子ドットが自発光する。有機材料を無機量子ドットに置き換えることで、長寿命、広色域、低コストを実現するという。関連リンク BOEのホームページ(中国語) ニュースリリース(中国語)
Group site linksインプレスのビジネスWebIT LeadersWeb担当者Forumネットショップ担当者フォーラムFind-ITThink ITデータセンター完全ガイドSmartGridフォーラムインプレス総合研究所セミナーインプレスの本と雑誌DOS/V POWER REPORTデジタルカメラマガジンインプレスブックスimpress QuickBooksインプレスR&DNextPublishingIMPRESS INNOVATION LABRittor Musicリットーミュージック雑誌Web楽器探そう!デジマート耳マンMdNMdN Design InteractiveMdNのデザイン求人情報山と溪谷社ヤマケイオンラインCLIMBING-netMtSN本サイトのご利用についてお問い合わせプライバシーについて会社概要インプレスグループ特定商取引法に基づく表示Copyright 〓2017Impress Corporation. All rights reserved.