仮想通貨マイニング事業「負けはない」とGMO熊谷正寿代表語る -INTERNET Watch INTERNET WatchセキュリティLAN機器ストレージビジネスソフト会計・業務ソフト教育/子ども地図/位置情報IoT仕事/ビジネスサービスソフトウェア通信業界動向ネットの話題CEATEC JAPAN 2017カテゴリ検索記事を探す閉じるINTERNET Watch をフォローする Special Site 人気記事 最新記事 iNTERNET magazine Reboot激動の半導体業界――次世代の覇者はどこか11月17日 19:05ケーブル不要でどこでも設置できるネットワークカメラ「ネットギア Arlo Pro」のタイムセール実施中11月17日 18:48カスペルスキー、Android 8.0対応のセキュリティアプリ最新版11月17日 17:14「Avast」のMac用セキュリティソフト2018年版を提供開始、ランサムウェアやWi-Fi侵入者への対策を強化11月17日 16:23freeeとSlackが連携、Slack上で経費申請の承認・差戻し操作が可能に11月17日 12:42 Impress Watch人気記事 おすすめ記事身に覚えのない「[佐川急便] 請求内容確定のご案内」メールに注意、ウイルス感染の恐れ楽天カードをかたるウイルスメールが拡散中、件名「口座振替日のご案内」などAppleをかたるフィッシングメール、国内で大量配信 INTERNET Watchトピック業界動向企業
ニュース仮想通貨マイニング事業「負けはない」とGMO熊谷正寿代表語る専用チップを独自開発、PCIe拡張カードも2018年上半期に一般提供岩崎 宰守2017年9月13日 19:47 GMOインターネット株式会社が9月7日付で発表したビットコインマイニング事業への参入について、同社代表取締役会長兼社長で同社グループ代表の熊谷正寿氏が会見し、その勝算について語った。 熊谷氏は、次世代マイニングセンターを設置する北欧について、再生可能エネルギーの活用が進んでおり地球環境に優しい点、電気代そのものが日本の約3分の1と安価な点、さらに気温が低く、マイニングにおける課題とされる冷却効率が高まる点から「最適な場所」と述べた。 さらに国内半導体メーカーと共同開発し、従来製品と比較して半分以下の消費電力低減など、設計開発のめどが付いたマイニング専用チップとあわせ、「圧倒的な競争力があると思っている」との見方を示した。そして、「(仮想通貨のマイニングは)非常にシンプルな業界なので、チップ開発に成功すれば、(次世代マイニングセンターの立地とあわせて)負けはないと考えている」とし、「現在開始したとすれば、(電気代の占める割合は)10%くらいで済むため、収益性は極めて高い」と述べた。「その時点で世界初の7nmプロセスを採用した半導体製品となる可能性もある」という独自のマイニング専用チップを国内半導体メーカーと共同開発し、2018年4月に国内で量産を開始する独自のマイニング専用チップを搭載したモジュールカード。500W以下の消費電力で10TH/s(1秒あたり10兆回)の演算性能を実現8枚のモジュールカードを搭載するシステムボード2枚のシステムボードで構成されるブレード8枚のブレードを格納するタワー型のサーバーラック北欧に建設予定のマイニングセンター。サーバーラック400台で、現時点で世界の6.3%に相当する500PH/sの演算性能を実現独自マイニング専用チップを搭載するPCIe接続のボードも一般販売する。消費電力は300WデスクトップPCのPCIe x4スロットに装着して利用可能。競合製品との比較で消費電力を大幅に低減できる。対応OSはWindows/Linux 熊谷氏は仮想通貨について、「国境のない経済圏を作ろうとしている」との見方を示し、「新しい経済のインフラで、仮想通貨によって世界共通の経済圏ができる。そこに日本の企業として参加する意味は大きい」とした。 これまで手掛けてきたインターネットに対しては、「インターネットは情報に関しての境界を世界から取り除き、ビジネスや国、世界のあり方を変えた」とした。そして、「インターネットの力で、世界へ瞬時に平等に情報が伝わるようになり、企業活動でも、営業力よりプロダクト、サービスの性能価格が勝るものが選ばれるようになり、適正化された」との見方を示した。 そして、GMOがこれまで手掛けてきたインターネット関連事業については、こうした視点に基づき、「インターネット自体の情報量を増やすべく、ネットインフラを中心に事業を展開し、国内トップの事業を数多く手掛けてきた」と述べた。GMOグループ全体は現在、9社の上場企業を含む102社からなり、世界で5000名の社員を抱える総合インターネットグループとなった。2018年春にはインターネットバンクの開業も予定しているという。 参入する仮想通貨のマイニング事業に関しても、「仮想通貨は、お金に関しての境界線を取り除き、お金のやり取りをフラット化して、結果として世界のあり方を変えるもの」とし、「事業家としての勘で、インターネットに出会ったときに、成長性を感じてわくわくした。それと同じことを仮想通貨の世界に感じている。関与する人の盛り上がりや広がりに、当時のインターネットに近いものを感じ、既視感、依然見た図が起きていると考えている」と述べた。 そして、「(通貨が)1つしかないことが不便と思う個人、企業、(通貨の弱い)国など、現在の状況を不便と思っている人がいる限り、仮想通貨は広がると考えている」との見方を示した。 その事業展開については、「大元となるマイニング事業への参入が必要と考えた」とし、三菱や三井などの旧財閥グループによる鉱山採掘事業、そしてゴールドラッシュで周辺事業者として潤ったリーバイスの場合を比較し、北欧にデータセンターを建設して自ら行うマイニング事業と、一般ユーザー向けに提供するクラウドマイニング事業について、「両立てで事業参入する」とした。このほか、専用チップを搭載したPCIe接続のマイニングボードの一般向け販売も行う。そして、「データセンターの建造と、専用チップにおける7nm、5nm、3.5nmの研究開発費込みで」、今後数年間で100億円規模の投資を行うとした。 GMOインターネット常務取締役次世代システム研究室室長の堀内敏明氏は、「法定通貨に対して、特定国家による価値の保証を持たないもの」と、仮想通貨についての解説を行った。 「法定通貨の中央集権に対して(仮想通貨は)分散型で、信用力の源泉はブロックチェーンにある」とし、2100万とされる発行量の上限があることも違いとして挙げた。 仮想通貨自体は、現在1000種類以上あり、日々新しい通貨が生み出されるが、時価総額では「ビットコイン」が全体の7割を占めるという。 ウェブサイト「blockchain.info」のデータでは、アプリのダウンロード数を示したウォレットユーザー数がこの2年で4倍に、時価総額は20倍となり、特に直近で急成長している 仮想通貨の採掘を行う「マイナー」の収入は、1日あたり7.6億円に達し、全体の演算量を示す「ハッシュレート」は798HT/sに達している。 仮想通貨の中でも、最も市場価値の高いビットコインは、ブロックチェーン(ネットワークに分散して保持される台帳)に取引が記録されるが、この正確さを保つ上で必要なプロセスを実行して成功報酬を得るのが、いわゆる「マイニング」となるわけだ。 堀内氏は、「マイニングはくじ引きによくたとえられる」とし、受け取ったマイナーが一番早くくじを当てるには、できるだけ早くくじを引かなくてはならない」とした。そして、「高速にくじ引きできる機械を用いて、その能力や参加者の数によって変化するが、約10分に1回程度、計算が成功すると、1回で12.5ビットコインが受け取れる」と、その流れを解説した。10分に1回だと1日あたり144回となり、1800ビットコイン(約8.5億円)が1日に新規発行されている計算となるマイナー(採掘者)は、新規発行されるビットコインと、それに対するシェア、その時点の時価で売り上げが決まることになる 堀内氏は「サーバー事業を手掛けるGMOには、数万台のサーバーの運用管理、ネットワークやセキュリテイのノウハウがある。同じ電気量で2倍の性能を誇る専用チップと、冷却効率が良く、電気代も安い北欧に建設しているデータセンターという武器を最大限利用する」とした。ビットコインの運用についても、「金融やFXの事業ノウハウによるビッグデータ解析システムでの経験を生かしていく」と述べた。そして、「これらすべてを自社で開発運用している会社は世界でもあまりない」との見方を示した。 GMOインターネットマイニング事業責任者の奥村真史氏は、熱処理と電気代をマイニングセンター運営のポイントに挙げ、北欧は、地球環境への影響が軽微な再生可能エネルギーが盛んで発電コストが安い上、気候的にも寒冷で冷却に有利な点を挙げた。2018年上半期には運営を開始するとのことだ。なお、専用チップによるマイニングでは、ビットコインのほかに、SHA256方式の仮想通貨を用いた採掘を行うとのことだ。 一般ユーザー向けにデータセンターの演算性能の利用権利を提供する予定の「クラウドマイニング」については、「まず自社でマイニング実績を残した上で」の提供のため、その時期は未定とのことだが、「契約期間や計算量の組み合わせで提供する予定」とした。 PCIe拡張カードについては、「競合の動向を見ながら、よりリーズナブルな価格で提供する」とした。また、「カード1枚では一般的にマイニングに成功する確率は少ない」としたが、「共同で携わるグループを作ることで成功確率が上がる『GMOマイニングプール』との組み合わせで、安定した収益を提供できる」とした。関連リンク プレスリリース 関連記事GMO、ビットコインのマイニング事業参入、北欧に「次世代マイニングセンター」設置2017年9月8日
Group site linksインプレスのビジネスWebThink ITWeb担当者Forumインプレス総合研究所IT LeadersFind-ITSmartGridフォーラムネットショップ担当者フォーラムImpress Business LibraryインプレスセミナーDIGITAL X(デジタルクロス)インプレスの本と雑誌DOS/V POWER REPORTデジタルカメラマガジンインプレスブックスimpress QuickBooksインプレスR&DNextPublishingIMPRESS INNOVATION LABRittor Musicリットーミュージック雑誌Web楽器探そう!デジマート耳マンMdNMdN Design InteractiveMdNのデザイン求人情報山と溪谷社ヤマケイオンラインCLIMBING-netMtSN本サイトのご利用についてお問い合わせプライバシーについて会社概要インプレスグループ特定商取引法に基づく表示Copyright 〓2017Impress Corporation. All rights reserved.