「Google Home Mini」レビュー(前編)--気になる音質を「Echo Dot」と比較 - CNET Japan
News
製品・サービス
企業・業界
社会
オフトピック
解説
リリース
イベント
過去記事
Marketers'
特集
オピニオン
インタビュー
CNET Japan Blog
CNETどっち?
アプリ
ビジネスアプリセンター iOS
ビジネスアプリセンター Android
デジタル製品
モバイル
PC
AV
デジカメ
アップル
エンターテインメント
CNET_ID
CNET_ID ログイン
CNET_ID
新規登録
CNET_ID Myページ
ログアウト
Japan Edition
United States
Australia
China
France
Germany
Japan
Korea
CNET en Espa〓ol
CNET ID
ログイン
新規登録
Myページ
ログアウト
search
menu
News
特集
オピニオン
アプリ
デジタル製品
編集部おすすめ
category
AI
IoT
ロボット
スタートアップ
不動産
ヘルスケア
教育
金融
ワークスタイル
シェアリングエコノミー
ドローン
VR・AR
Google
Microsoft
marketers
share
facebook
Twitter
RSS
CNET Japan
>
ニュース
>
解説
「Google Home Mini」レビュー(前編)--気になる音質を「Echo Dot」と比較
Ry Crist (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2017年10月13日 07時30分
Tweet
印刷
メール
テキスト
HTML
電子書籍
PDF
保存
テキスト
電子書籍
PDF
クリップ
1
2
3
次のページへ
 インターネットから何かの情報を取得したければ、Googleで検索を実行する。私たちは20年近く前からそうしてきた。Google独自の概算によると、年間1兆件以上の検索が実行されているという。Googleは検索に秀でており、英語の「google」が「検索する」という意味の動詞になっているほどだ。
 しかし、その後、「Alexa」が登場した。AlexaはAmazonのスマートスピーカ「Echo」に搭載された音声起動型バーチャルアシスタントだ。ユーザーは音声で質問するだけで、自分の求める情報をインターネットから得られるようになった。それからほどなく、Amazonは「Echo Dot」を発表するという賭けに出た。Echo DotはEchoよりはるかに小型のスマートスピーカで、価格は49.99ドルと圧倒的に安く設定されている。Amazonに2年の先行を許したGoogleも、Echoと競合する「Google Home」をついにリリースしたが、Amazonはスマートスピーカ市場で既に圧倒的なシェアを獲得していた。Googleにとってはさらに困ったことに、Echo Dotは短期間でEchoを凌ぐヒット製品になった。
 そうした経緯を経て、2017年10月に「Google Home Mini」が登場した。Googleは、まだライバルに追い付こうとしているところで、急速に進化しているカテゴリでも現在形を維持しようとしている。Echo Dotと同様、Google Home Miniも素晴らしい製品だ。
グーグル、小型の「Google Home Mini」発表--アマゾン「Echo Dot」に対抗
 そして、まさにそれこそが問題点である。Google Home Miniの長所のほとんどは、「Echo Dotに似ている」ゆえの長所でもある。Google Home Miniは直径10cm弱の音声起動型スマートスピーカ(Echo Dotと同じ)で、価格は約50ドル(Echo Dotとほぼ同じ)である。さらに、ユーザーは音声命令で音楽のストリーミングや情報の検索、スマートホームガジェットの制御を行えるほか、電話をかけたり、くだらないジョークを聞いたりすることもできる(Echo Dotと同じ)。Google Home Miniは(Echo Dotと同じように)素晴らしい製品であり、(Echo Dotと同じように)購入する価値がある。しかし、Echo Dotと異なり、Google Home Miniは35ドルの「Chromecast Audio」ドングルを別途購入しない限り、既存のスピーカに接続できない。
 それでは、Echo DotではなくGoogle Home Miniを買うべき理由はあるのだろうか。
 Googleはその質問にもっと明確な答えを出すべきだった。Google Home MiniはEcho Dotより見た目がいい。音質も若干優れている。しかし、「Google Assistant」がいくつかの点でAlexaより賢く、優秀だとしても、Alexaより格段に優れているわけではない。少なくとも、一般の消費者が簡単に分かるような、明らかな優位性はない。それを考えると、Google Home Miniは優秀で価値のあるデバイスだが、その長所の多くはEcho Dotと同じなので、大きな差を付けることはできないだろう。重要なソフトウェアアップデートや優れたサードパーティー製品との統合によって、それが変わる可能性もあるが、現状では、Echo Dotの方が依然として優れた選択肢だ。
Here’s a general knowledge showdown between the Echo Dot and the Google Home Mini. Both are pretty versatile, but neither sweeps the other. pic.twitter.com/29vB1pgVea— Ry Crist (@rycrist) 2017年10月5日
Google Home Miniのミニマリズム
 GoogleはGoogle Home Miniのデザインに関して、シンプルさを貫いた。本体は平たい丸形で、プラスチックとファブリックで覆われており、背面に隠されたマイクミュート用のスライダを除けば、目に見える場所にボタンはない。カラーはチョーク(ライトグレー)、チャコール(ダークグレー)、コーラル(ピンクがかったオレンジ)の3色が用意されている。
 Google Home Miniを起動させるには、「OK, Google」または「Hey, Google」と呼びかけた後、質問したり、命令したりする。Google Home Miniに命令して、音楽の再生、スマートホームガジェットの電源の切り替え、知りたい情報の検索、「Chromecast」対応テレビでのNetflixやYouTubeの制御など、さまざまなタスクを実行させることが可能だ。Google Home Miniがあれば、ユーザーは声を発するだけで、インターネットの機能を利用できるようになる。ユーザーのコンシェルジュを務めるのは、Google Assistantだ。
次ページ: 音の違いを聞き比べる
1
2
3
次のページへ
あなたにおすすめの記事
高級感が増したソニーのスマートウォッチ「wena wrist」--新モデルを写真で見る
写真で見る「エニグマ」--ナチスが使った暗号機の中身
LG、有機ELテレビのラインアップ倍増--最新エンジン搭載で史上最高画質へ
「Google Home Mini」上部のタッチ機能が廃止に--勝手に録音するバグ問題で
2017年10月12日 12時09分
「Google Home」開封の儀--LINE「Clova WAVE」よりもサイズはコンパクト
2017年10月06日 15時30分
「Alexa」対応製品のラインアップを増やし続けるアマゾン--その理由とは
2017年10月06日 07時30分
ランサムウェアはいかに世界的な脅威へと深刻化したか
2017年05月19日 06時30分
「Raspberry Pi」より強力なシングルボードコンピュータ20選--競合製品の長所と短所
2017年10月09日 07時30分
タグ
解説
Google
グーグル
Amazon
アマゾン ジャパン
スマートスピーカ
音声アシスト
Google Assistant
Google Home
Amazon
人工知能
AI
-PR-企画特集
働き方改革のリスク対策済んでる?
「働く場所の自由」と「情報漏洩対策」を両立してテレワークを推進!
セキュリティ対策に技術の力を!
人材不足を嘆く前にできることは何か?専門家二人の率直な意見を紹介
先を見据えたビジネス戦略 富士通
AI市場を塗り替えるZinrai、8億年かかる計算を1秒で解くデジタルアニーラの実力
AIとIoTが実現する次世代体験
行ってみたけど空いてないというがっかりをテクノロジーの力でなくす
あなたにおすすめのホワイトペーパー
その決断でここまで差がつく!?幸福になったA社と不幸になったB社の1年間の軌跡
RPA(ロボットによる業務の自動化)の可能性と注意点
成功プロジェクトの裏側に迫る!富士フイルムが取り組んだクラウドを活用したシステムの若返
ブロックチェーン新潮流--金融以外に広がる可能性
“収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
人気キーワード
経営
セキュリティ
クラウドコンピューティング
モバイル
ビジネスアプリケーション
マーケティング
デジタル製品主要記事
VR ZONE「ドラゴンクエストVR」アクティビティ予約受付を開始--概要も公開
パナソニック新「プライベート・ビエラ」は取っ手にもなるスタンド付き
SIE、六本木に期間限定“VR遊園地”--PS VRの体感を拡張する仕掛けも
セガ、サカつくのスマホ向け新作「ロード・トゥ・ワールド」を配信開始
米アマゾン、国外からの購入を容易にする新機能をアプリに追加
アップル、サブスクリプション型のニュース購読サービスを計画か
もっと見る
ZDNet Japan 注目ヘッドライン
日本企業も大きな影響を受ける「GDPR」--まずは「対象か」の確認を
IT人材の争奪戦が始まる
標的型攻撃に使われたCCleaner、マルウェアの混入経緯が判明--Avast
IT部門の苦悩(6):新しいことは、十中八九できない
「Windows 10」春の大型アップデートで何が変わるか--新機能を一挙紹介
編集部おすすめの記事
政府、海賊版サイトへの緊急対策案を発表--「漫画村」「Anitube」「Miomio」を名指し
海賊版サイトへのブロッキングに業界団体から反対声明--国民の権利侵害の恐れ
海賊版サイト「漫画村」がアクセス不能に--「閉鎖した」との声も
ヤフー子会社が仮想通貨取引所に資本参加--2018年秋にサービス開始
CAMPFIRE、仮想通貨取引所「FIREX」を廃業
楽天が「第4の携帯キャリア」へ--本格参入による影響や懸念は
店内ならどこでも決済できる「ローソンスマホペイ」--深夜帯のレジ無人化の実験も
「Xperia Ear Duo」ができる8つのこと--LINEの送受信から庭園案内まで
機内の客室乗務員に「Xperia Ear Duo」--JALが業務改善や効率化の実証実験
AI開発に欠かせない「GPU」--NVIDIAがディープラーニングの最新事例を紹介
「世の中はムダな熱であふれている」--体温で発電、充電不要な「MATRIX PowerWatch」
ドコモ、「マンホール型」基地局の試作機を開発
本日の主要記事
VR ZONE「ドラゴンクエストVR」アクティビティ予約受付を開始--概要も公開
セブン・ドリーマーズ「ランドロイド」で世界と勝負--投資賞金1億円のスタートアップイベント
幻の“iPhone X”ゴールドカラーの存在が明らかに--Appleニュース一気読み
ブロックチェーンの普及を目指す「LONGHASH」が本格始動--データ分析や起業支援
写真で見る「Medtec Japan 2018」--VRがよりリアルになる「触感の遠隔伝送」の展示も
CNET Japan(Facebook窓)
The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc., San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News.com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright (c) CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News.com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.
個人情報保護方針 | 利用規約 | 訂正 | 運営会社 | 広告について
ニュース
製品・サービス
企業・業界
社会
オフトピック
トピック
解説
リリース
イベント
過去記事
Marketers'
特集
インタビュー
オピニオン
CNET Japanブログ
CNETどっち?
ビジネスアプリセンター(Android)
ビジネスアプリセンター(iOS)
タグ
検索
デジタル製品
モバイル
PC
AV
デジタルカメラ
アップル
エンターテインメント
CNET_ID
新規登録
ニューズレター
RSSフィード
Twitter
Facebook
サイトマップ
朝日インタラクティブ
ZDNet Japan
builder by ZDNet Japan
TechRepublic Japan
Tetsudo.com
当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。
Copyright (c) 2018 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication
without written permission.
The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc., San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News.com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright (c) CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News.com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.
個人情報保護方針
利用規約
訂正
運営会社
広告について
当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。
Copyright (c) 2017 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.