課題は適切なデータを医師に渡すこと--専門家がヘルスケアの未来を議論 - CNET Japan
News
製品・サービス
企業・業界
社会
オフトピック
解説
リリース
イベント
過去記事
Marketers'
特集
オピニオン
インタビュー
CNET Japan Blog
CNETどっち?
アプリ
ビジネスアプリセンター iOS
ビジネスアプリセンター Android
デジタル製品
モバイル
PC
AV
デジカメ
アップル
エンターテインメント
CNET_ID
CNET_ID ログイン
CNET_ID
新規登録
CNET_ID Myページ
ログアウト
Japan Edition
United States
Australia
China
France
Germany
Japan
Korea
CNET en Espa〓ol
CNET ID
ログイン
新規登録
Myページ
ログアウト
search
menu
News
特集
オピニオン
アプリ
デジタル製品
編集部おすすめ
category
AI
IoT
ロボット
スタートアップ
不動産
ヘルスケア
教育
金融
ワークスタイル
シェアリングエコノミー
ドローン
VR・AR
Google
Microsoft
marketers
share
facebook
Twitter
RSS
CNET Japan
>
ニュース
>
解説
CES 2018
課題は適切なデータを医師に渡すこと--専門家がヘルスケアの未来を議論
Laura Hautala (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2018年01月13日 07時30分
Tweet
印刷
メール
テキスト
HTML
電子書籍
PDF
保存
テキスト
電子書籍
PDF
クリップ
 CES 2018では、テクノロジによって、ヘルスケアが診療所の外まで拡大していることがはっきりと示された。バイタルサイン(脈拍や血圧などの生命兆候)を追跡したり、心電図をとったり、紫外線への暴露をモニタリングしたりできるコネクテッドデバイスが多数展示された。そのデータは、健康的な習慣を築こうとしている患者への指導や、医師の職務に役立つ洞察につながる可能性もある。
 しかし、情報が多すぎても困る。それは、米国時間1月9日にCESで開催されたコネクテッドヘルスケアに関するパネルディスカッション(米CNETが司会を担当)で、専門家たちが提起した最大の懸念だった。過剰なデータは、時間やリソースが逼迫している分野に混乱をもたらすこともある。
 Doctor on Demandの最高医療責任者(CMO)を務めるIan Tong氏は、「データの量は多すぎない方がいい」と語る。Doctor on Demandは、ビデオ通話で医師の診察を受けられるサービスだ。「データは、目の前の状況と関連のあるもの、そして、有益なものでなければならない」(Tong氏)
 さらに、生のデータを医師に手渡しても、ウェアラブルヘルスデバイスによって収集された情報を最大限に生かしきれないこともある。
 非営利研究組織Institute for the Futureの研究者であるEri Gentry氏は、「洞察を得ることはできるが、それが現時点では必ずしも医学的に重要でないこともある」と述べた。スマートホームやコネクテッドカーは豊富な情報を収集できる環境だという。
 Gentry氏によると、医療技術業界はアルゴリズムと人工知能を使って、ヘルスデータを最初に記録した後、それらの数字を処理してパターンを見つける必要があるという。
 医師はそのデータのソースも念頭に置いておかなければならない。これは最も重要なことだが、医師は、それらのデータが米食品医薬品局(FDA)による厳格で長期にわたる認可プロセスを経たデバイスによって収集されたものかどうかを考慮する必要がある。
 とはいえ、Samsung Electronics Americaでヘルスケアおよびフィットネス部門を統括する医師のDavid Rhew氏によると、医師はFDAによって精度を保証されていないデータを必ずしも無視する必要はないという。
 例えば、スマートウォッチで計測された患者の脈拍数は実際の数値と少しだけずれていることもあるかもしれないが、それでも、医師はその計測値を使って、意識を失った人の心拍数が正常な範囲内であることを確認できる、とRhew氏は語った。
 「これらはFDAの認可を受けたデバイスではないが、われわれがそれらのデバイスから収集できる情報もある」(Rhew氏)
 Alphabet傘下の企業で、主にヘルスデータを扱うVerily Life Sciencesで眼科ハードウェアのテクニカルリードを務めるBrooke Basinger氏は、その情報を賢く利用して、前後の事情を考慮し、一定の分析を行えば、既に高度な技術を持つ医師がさらに大きな力を発揮できる、と話す。
 「例えば、その情報の一部をハーバード大学の心臓病学者に提供することができれば、彼らはより多くの情報に基づいて、より意味のある、洞察に満ちた決定を下すことができる」(Basinger氏)
CES 2018のパネルディスカッション会場にて。コネクテッドヘルスケアに関する意見が交わされた。提供:James Martin/CNET
この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。
あなたにおすすめの記事
記者も挑戦!スマートグラスを使ってポルシェを整備--「Tech Live Look」を体験
現代人の寿命を延ばす発明とテクノロジ16選
写真で見る「エニグマ」--ナチスが使った暗号機の中身
CES 2018で披露されたクールなガジェット--写真で見る
2018年01月09日 16時35分
CES 2018をにぎわせた個性的なロボットたち--家庭用ロボットも続々
2018年01月12日 07時30分
医療分野に進出し始めたハリウッドの映画制作技術
2017年12月01日 07時30分
Ziddyちゃんの「私を社食に連れてって」:DeNAでヘルシーアプリ上位レストランとのコラボランチを体験編
2017年12月22日 11時45分
今となってはムリ--面倒くさい80??90年代テクノロジ10選
2018年01月08日 09時00分
タグ
解説
CES
CES 2018
ヘルスケア
-PR-企画特集
働く「場所」のデジタル化を追う!
多様な働き方を実現させるデジタルワークプレイスとは何か
進研ゼミをAzureで再構築
ベネッセコーポレーションがクラウド化を進める理由とAzureを選んだワケを紹介
明日をつくる働き方がもたらすもの
働き方改革の目的は「生産性向上」。未来を切り開くためのカギは「デジタル導入」を
太っ腹な内容に驚き
LGスマホがアップデートでAIカメラ機能を強化した理由
あなたにおすすめのホワイトペーパー
“収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
RPA(ロボットによる業務の自動化)の可能性と注意点
成功プロジェクトの裏側に迫る!富士フイルムが取り組んだクラウドを活用したシステムの若返
ブロックチェーン新潮流--金融以外に広がる可能性
人気キーワード
経営
セキュリティ
クラウドコンピューティング
モバイル
ビジネスアプリケーション
マーケティング
デジタル製品主要記事
レベルファイブ、初代「イナズマイレブン」を3DS向けに期間限定無料配信
セガのアーケードゲーム新作「クロノレガリア」を体験--プレロケテストを開催
新型MacBook Pro登場、その注目のポイントは?--今週のAppleニュース一気読み
新「MacBook Pro」、キーボードの膜は粉塵対策との説に信ぴょう性
アップルに残る最後のSiri共同創業者が退職との報道
プロ野球がeスポーツに本格参入--KONAMIとNPBがプロリーグを共同開催
もっと見る
ZDNet Japan 注目ヘッドライン
なぜ自社で開発したソフトウェアをOSSにするのか?
シェアリングエコノミーの衝撃(3):ローカルにも十分に商機あり
マイクロソフトが「Surface」に注力する理由
マイクロソフト、「Skype 8.0」デスクトップ版リリース--「Skype 7.0」は9月終了へ
EUと日本、個人データの相互移転で最終合意
編集部おすすめの記事
新規事業を生み出す力は「想い」--ライオンが目指すイノベーション創生
音声通知ワイヤレスイヤホン「Zeeny」--スマホ画面見ずにメッセージ、スケジュール確認
SNS世代の高校生が抱える“いじめ”の悩み--N高とNetflixがコラボ授業
未来のiPhone、Lightning非搭載でワイヤレス化か--今週のAppleニュース一気読み
LINE Payが進める“決済革命”--店舗手数料0%、QR決済でポイント最大5%還元
LINE、画面付きスマートスピーカ「Clova Desk」を冬に発売へ--開発者向けにも開放
「LINEトークンエコノミー」構想発表--サービスの貢献者に独自トークンで還元
“後払い”ですぐ旅立てる専用旅行アプリ「TRAVEL Now」--プランは国内外4000種類
「ニコニコ動画」は新体制で本当に変わるのか--栗田代表に独占インタビュー
エイベックス、医療業界に参入--エンタメ×バイオテクノロジで社会課題の解決へ
ビジネスチャット「Slack」日本市場へ本格進出--国内利用者は50万人強で世界2位
VTuber発展のカギは“歌”、VR音楽ライブの時代は来る--クラスター加藤CEOが描く未来
本日の主要記事
「生意気な社員」が会社を変える--アドウェイズ岡村社長の組織論
[ブックレビュー]見方がわかれば企業が見える--「決算資料からビジネスの仕組みが見えてくる」
メルカリ、3つの事業から撤退へ--即時買い取りやスキルシェア
セガのアーケードゲーム新作「クロノレガリア」を体験--プレロケテストを開催
「プライムデー」のシステム障害、原因やアマゾンの奔走ぶりが明らかに
CNET Japan(Facebook窓)
The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc., San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News.com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright (c) CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News.com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.
個人情報保護方針 | 利用規約 | 訂正 | 運営会社 | 広告について
ニュース
製品・サービス
企業・業界
社会
オフトピック
トピック
解説
リリース
イベント
過去記事
Marketers'
特集
インタビュー
オピニオン
CNET Japanブログ
CNETどっち?
ビジネスアプリセンター(Android)
ビジネスアプリセンター(iOS)
タグ
検索
デジタル製品
モバイル
PC
AV
デジタルカメラ
アップル
エンターテインメント
CNET_ID
新規登録
ニューズレター
RSSフィード
Twitter
Facebook
サイトマップ
朝日インタラクティブ
ZDNet Japan
builder by ZDNet Japan
TechRepublic Japan
Tetsudo.com
当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。
Copyright (c) 2018 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication
without written permission.
The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc., San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News.com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright (c) CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News.com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.
個人情報保護方針
利用規約
訂正
運営会社
広告について
当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。
Copyright (c) 2017 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。
これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]