今度は「#インスタ萎え」が10代に流行る理由 - CNET Japan
News
製品・サービス
企業・業界
社会
オフトピック
解説
リリース
イベント
過去記事
Marketers'
特集
オピニオン
インタビュー
CNET Japan Blog
CNETどっち?
アプリ
ビジネスアプリセンター iOS
ビジネスアプリセンター Android
デジタル製品
モバイル
PC
AV
デジカメ
アップル
エンターテインメント
CNET_ID
CNET_ID ログイン
CNET_ID
新規登録
CNET_ID Myページ
ログアウト
Japan Edition
United States
Australia
China
France
Germany
Japan
Korea
CNET en Espa〓ol
CNET ID
ログイン
新規登録
Myページ
ログアウト
search
menu
News
特集
オピニオン
アプリ
デジタル製品
編集部おすすめ
category
AI
IoT
ロボット
スタートアップ
不動産
ヘルスケア
教育
金融
ワークスタイル
シェアリングエコノミー
ドローン
VR・AR
Google
Microsoft
marketers
share
facebook
Twitter
RSS
CNET Japan
>
特集
>
スマートフォンネイティブが見ている世界
スマートフォンネイティブが見ている世界
今度は「#インスタ萎え」が10代に流行る理由
高橋暁子2018年01月13日 08時00分
Tweet
印刷
メール
テキスト
HTML
電子書籍
PDF
保存
テキスト
電子書籍
PDF
クリップ
特集
スマートフォンネイティブが見ている世界の記事一覧はこちら
1
2
次のページへ
 「2017ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞に「インスタ映え」が選ばれた。インスタ映えとは、Instagramに投稿された写真や被写体に対して、見映えがいいとかお洒落という意味で使われる言葉だ。この言葉が市民権を得たことで、インスタ映えを意識した商品を多く見かけるようになり、ニュースなどでも頻繁に耳にするようになってきた。
 この傾向は日本だけのことではなく、海外でも「#instagrammable」という似たハッシュタグが約4万件投稿されている。そのほかにも「# instagrammableplace」「#instagrammablemoments」「#instagrammablefood」など派生したハッシュタグが生まれ、日本とほぼ同じ使われ方をしているようだ。
(左)「#instagrammable」、(右)派生したハッシュタグも多い
 そんな中、最近「#インスタ萎え」という言葉が出てきたことをご存知だろうか。今回はインスタ萎えがなぜ人気になっているのかについて考えていきたい。
最新流行は「インスタ萎え」
 インスタ萎えとは、インスタ映えの反対の、Instagramに映えないがっかり写真という意味で使われている。平成ノブシコブシ・吉村崇さんが2017年11月に投稿した千鳥・大悟さんの写真につけられたものが最初のようだ。
「#インスタ萎え」
※クリックすると拡大画像が見られます
 その後、木下優樹菜さんが夫のFUJIWARA・藤本さんと撮った写真につけて話題に。渡辺直美さんも、同ハッシュタグとともに「好きな人に絶対見られたくない写真」と説明をつけて、自分のプール上がりの髪が顔に張り付いた写真を投稿して広まった。
 インスタ萎えは、言葉の面白さもあって若い子の間で流行しつつある。Twitterでは「インスタ萎えはTwitter映えというのでは」という意見もあるほどで、Instagramらしさ(おしゃれ、きれい)の反対をイメージすれば大体はずさないようだ。
 Instagramで「#インスタ萎え」を検索すると、不細工な表情をした犬やInstagramのように美しくはない普段の食事の写真などが並ぶ。ウケ狙いの写真も多く、Instagramっぽくない笑える写真も少なくない。高校生や大学生がSNOWで変顔加工したり、すっぴんのままの自撮り写真をこのハッシュタグを付けて投稿しているのを見かけた。
自然で共感できる写真がウケる時代
 では、なぜインスタ萎えが若い子の間でウケているのだろうか。もともと、自然な自撮りは女子ウケがいい。若い子たちの間でも、毎回カメラ目線だったり、盛りすぎたりする自撮り写真を掲載するのは“痛い”という認識ができつつあるようだ。ある会で、「すごいとか可愛いと言われたいのがミエミエな写真は格好悪い」と女子大生たちは口々に言っていた。
 10代向けファッション誌「non-no」でも、SNSで好かれる投稿、NG投稿を公開している。それによると、InstagramにおけるNGな投稿は「実物と違いすぎ加工しすぎな自撮り」「彼氏をにおわせて高級な料理や指輪のアピール」「ピアスやネックレスの購入報告と見せかけてメインは自分」「友人の顔が事故ってるのはおかまいなしのキメ顔」など。
 逆にOKなのは、「他撮り・自然・目線なしの写真」「彼氏と親友みたいに仲良し!中途半端に隠すくらいなら全部出す!」「髪切ったなど載せたくなる理由のある時の自撮りは共感」「集合写真は写りより楽しい雰囲気優先」などとなっている。
 つまり、いわゆるインスタ映えばかり狙ったキメキメの写真よりも、自然体の共感できる写真が求められているのだ。インスタ映えが流行語大賞を取ったということは、概念も普及したということだ。言葉と概念は普及と同時に陳腐化し始める。
次ページ: 嫌われたくない気遣いの10代
1
2
次のページへ
あなたにおすすめの記事
艶やかな深紅--iPhone 8/Plus新色「(PRODUCT)RED 」、7版との違い
ソニーの最新主力スマホ「Xperia XZ2」「XZ2 Compact」はカメラ強化、細ベゼルに
Apple Pencil対応の9.7インチ新「iPad」、開封からセットアップまで
10代女子にとってMERYは「インスタ+等身大ニーズ」
2017年12月16日 08時00分
10代女子、興味ある商品ならスマホ広告も「不快ではない」が半数--GMOメディア調べ
2017年10月31日 13時28分
10代女子の3割が「待ち受け画面」に被らないようスマホアプリを配置--GMOメディア調べ
2017年06月28日 17時40分
懐かしのIBM機--初代「IBM PC」から「ThinkPad」まで:写真で見る
2017年11月12日 08時00分
新旧コンピュータのエラー画面--画像で見る恐怖の27連発
2016年08月11日 07時30分
タグ
スマートフォンネイティブが見ている世界
Instagram
ハッシュタグ
スマートフォンネイティブが見ている世界
-PR-企画特集
実用段階に入ったAIの実力と衝撃
日本独特の課題だと諦めてませんか?国産AI「Zinrai」だから実現できること
顧客離れが止まらない?
「成果を出せる」デジタルマーケティングで顧客の心をガッチリ掴む!
NASを超えた使い勝手の良さに注目
ファイル共有だけじゃない!Synologyの「DS918+」を徹底レビュー
働き方改革のリスク対策済んでる?
「働く場所の自由」と「情報漏洩対策」を両立してテレワークを推進!
あなたにおすすめのホワイトペーパー
“収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
成功プロジェクトの裏側に迫る!富士フイルムが取り組んだクラウドを活用したシステムの若返
ブロックチェーン新潮流--金融以外に広がる可能性
調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
RPA(ロボットによる業務の自動化)の可能性と注意点
その決断でここまで差がつく!?幸福になったA社と不幸になったB社の1年間の軌跡
人気キーワード
経営
セキュリティ
クラウドコンピューティング
モバイル
ビジネスアプリケーション
マーケティング
デジタル製品主要記事
米アマゾン、国外からの購入を容易にする新機能をアプリに追加
アップル、サブスクリプション型のニュース購読サービスを計画か
「INAIR」がもたらす“音に包まれる”という新感覚--イヤホンとは違うイヤースピーカ
デュアルレンズカメラ搭載「Xperia XZ2 Premium」、2018年夏に登場へ
ドワンゴ、ニコニコ本社に“VTuber”と公開生放送ができる「バーチャル機能」
セガ、PS VR「VRフィギュア from シャイニング」を2018年夏配信
もっと見る
ZDNet Japan 注目ヘッドライン
日本企業も大きな影響を受ける「GDPR」--まずは「対象か」の確認を
「Windows 10」春の大型アップデートで何が変わるか--新機能を一挙紹介
IT部門の苦悩(6):新しいことは、十中八九できない
IT人材の争奪戦が始まる
RPAを成功に導く、フェーズごとの「要検討」要素とは何か
編集部おすすめの記事
政府、海賊版サイトへの緊急対策案を発表--「漫画村」「Anitube」「Miomio」を名指し
海賊版サイトへのブロッキングに業界団体から反対声明--国民の権利侵害の恐れ
海賊版サイト「漫画村」がアクセス不能に--「閉鎖した」との声も
ヤフー子会社が仮想通貨取引所に資本参加--2018年秋にサービス開始
CAMPFIRE、仮想通貨取引所「FIREX」を廃業
楽天が「第4の携帯キャリア」へ--本格参入による影響や懸念は
店内ならどこでも決済できる「ローソンスマホペイ」--深夜帯のレジ無人化の実験も
「Xperia Ear Duo」ができる8つのこと--LINEの送受信から庭園案内まで
機内の客室乗務員に「Xperia Ear Duo」--JALが業務改善や効率化の実証実験
AI開発に欠かせない「GPU」--NVIDIAがディープラーニングの最新事例を紹介
「世の中はムダな熱であふれている」--体温で発電、充電不要な「MATRIX PowerWatch」
ドコモ、「マンホール型」基地局の試作機を開発
本日の主要記事
アマゾン、プライム会員が1億人突破--ベゾスCEO「顧客の期待は高まり続ける」
中国ZTE、「Android」ライセンスを失う可能性も--米企業からの販売禁止で
MS、「Windows Defender」の「Chrome」拡張機能をリリース
データ企業がFacebookやLinkedInの情報から個人プロフィール作成、4800万人分が流出か
YouTube、作者の「自己申告」機能をテスト--広告掲載の誤判定を防ぐ
CNET Japan(Facebook窓)
The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc., San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News.com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright (c) CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News.com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.
個人情報保護方針 | 利用規約 | 訂正 | 運営会社 | 広告について
ニュース
製品・サービス
企業・業界
社会
オフトピック
トピック
解説
リリース
イベント
過去記事
Marketers'
特集
インタビュー
オピニオン
CNET Japanブログ
CNETどっち?
ビジネスアプリセンター(Android)
ビジネスアプリセンター(iOS)
タグ
検索
デジタル製品
モバイル
PC
AV
デジタルカメラ
アップル
エンターテインメント
CNET_ID
新規登録
ニューズレター
RSSフィード
Twitter
Facebook
サイトマップ
朝日インタラクティブ
ZDNet Japan
builder by ZDNet Japan
TechRepublic Japan
Tetsudo.com
当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。
Copyright (c) 2018 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication
without written permission.
The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc., San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News.com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright (c) CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News.com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.
個人情報保護方針
利用規約
訂正
運営会社
広告について
当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。
Copyright (c) 2017 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.