シェアサイクル「メルチャリ」、2月27日に福岡でローンチ--ユーザーが運営に参加 - CNET Japan
News
製品・サービス
企業・業界
社会
オフトピック
解説
リリース
イベント
過去記事
Marketers'
特集
オピニオン
インタビュー
CNET Japan Blog
CNETどっち?
アプリ
ビジネスアプリセンター iOS
ビジネスアプリセンター Android
デジタル製品
モバイル
PC
AV
デジカメ
アップル
エンターテインメント
CNET_ID
CNET_ID ログイン
CNET_ID
新規登録
CNET_ID Myページ
ログアウト
Japan Edition
United States
Australia
China
France
Germany
Japan
Korea
CNET en Espa〓ol
CNET ID
ログイン
新規登録
Myページ
ログアウト
search
menu
News
特集
オピニオン
アプリ
デジタル製品
編集部おすすめ
category
AI
IoT
ロボット
スタートアップ
不動産
ヘルスケア
教育
金融
ワークスタイル
シェアリングエコノミー
ドローン
VR・AR
Google
Microsoft
marketers
share
facebook
Twitter
RSS
CNET Japan
>
ニュース
>
製品・サービス
シェアサイクル「メルチャリ」、2月27日に福岡でローンチ--ユーザーが運営に参加
山川晶之 (編集部)2018年02月13日 17時43分
Tweet
印刷
メール
テキスト
HTML
電子書籍
PDF
保存
テキスト
電子書籍
PDF
クリップ
 メルカリのグループ会社であるソウゾウは2月13日、共同運用型のシェアサイクルサービス「メルチャリ」を2月27日より福岡県福岡市内で開始すると発表した。利用料は1分4円、クレジットカード払いやコンビニ、ATM払いも可能だ。
(左から)ソウゾウ代表取締役社長の松本龍祐氏、同社メルチャリプロダクト責任者の井上雅意氏
 同サービスは、2017年9月に予告されていたもの。専用のスマートフォンアプリから、ソウゾウが設置するポート(駐輪場)に置いてある自転車のQRコードを読み取ることで自転車の鍵が解錠し、レンタルすることができる。返却も、ポートであればどこでも返却できる。ポートは、パートナー企業(現在13社)などとの連携により、サービス開始時は50カ所(400台)からスタート。2018年内には200カ所(2000台)への拡大を目指す。
利用方法
 自転車は、自転車メーカーとの共同開発で日本製。ドコモバイクシェアのように電動タイプではなく、中国Mobikeのようにメンテナンスレス(パンクレスタイヤなどの採用)仕様でもない、一般的な自転車に近い。これについてソウゾウ側は、メンテナンス性と乗り心地を追求した結果としている。自転車のカラーリングは赤に統一されている。
 自転車にはGPSとLTE通信モジュールを内蔵し、自転車が駐輪されている場所をサポート側が常時把握できる。そのため、違法駐輪されている自転車の発見や、故障、トラブル時でも自転車のある場所をすぐに確認可能。また、これらの車両は、民間企業のサポートトラックが移動・回収する。
 なお、スマートロックや通信装置は内蔵のバッテリで稼働する。自転車には発電機などは搭載されておらず、電池残量が少なくなると、電源が切れてしまう直前のタイミングでの現在地を発信する。発電機の搭載は、ソウゾウによると検討中だとしている。
メルチャリで使用する自転車は、自転車メーカーと共同開発している
専用のアプリでQRコードを読み取ることで解錠できる
 また、損害保険ジャパン日本興亜および東京海上日動火災保険との協力により、自転車専用保険を用意。ユーザーの事故や怪我に対応するほか、示談交渉サービスつきの賠償や、怪我をかぶった場合に補償を受けることができる。主に、傷害保険(死亡・後遺障害保険金額最大1000万円)、個人賠償責任保険(最高2億円)、自転車やポートなどの管理不具合による損害に対応する施設賠償責任保険(身体、財物ともに最高2億円)に対応する。
 同社では、福岡市を選定した背景として、メルカリが福岡にカスタマーサポート支店を設けており、さまざまなトラブルにスピーディーに対応できること、福岡市がフラットな土地で自転車の移動に適していること、博多駅周辺や天神などの市街地の回遊性を高められることなどを挙げている。長距離での移動ではなく、利便性が高い地域で、ラストワンマイルの移動を埋める手段として自転車が活用できるとしている。他の地域については検討しつつも、今のところは未定としている。
シェアサイクルの一番の課題は“運用面”
 メルチャリの特徴として、ユーザーがメルチャリの運営に参加する「共同運用型」を採用しているところにある。一般的に、ポートにおける自転車の過剰・不足などによる再配置、放置自転車の対策など、シェアサイクルは運営面の負担が大きいとされている。
 メルチャリでは、個人などのサポーターを募り、タイヤの空気入れやポートの清掃、バッテリの充電、違法駐輪や故障車の報告などで協力したユーザーに、メルカリポイントやメルチャリオリジナルグッズ、メルチャリで貯まるマイルの付与などを実施する。違法駐輪は、ほかのポートへの移動も含めて、15分間無料で利用できる。
メルチャリは、ユーザーが運営に参加することでメルカリだけではカバーできないところを肩代わりする
ユーザーが参加したくなるようなインセンティブも用意する
 ソウゾウ代表取締役社長の松本龍祐氏は、こうしたユーザー参加型のコミュニティが他サービスとの違いであり、「世界観はメルカリに近い」としている。ただし、共同運営型のシェアサイクルサービスが実際に機能するかついては、記者から多くの懸念が挙がった。
 同社メルチャリプロダクト責任者の井上雅意氏は、実地での実証実験は難しいのでデータは持ち合わせてないとしつつ、「メルチャリの利用にはメルカリIDが必要なので、必然とメルカリを使っている人がユーザーとなる。メルカリでは、違法商品の出品者や不審なユーザーを報告するなど、コミュニティが機能しており、実世界においても機能すると考えている。メルチャリは、こうしたコミュニティと相性がいい」と説明した。
 また、メルチャリのポートでも、同社が設置したもの以外にも、地域の民間企業や個人宅、店舗の軒先など、地域のユーザーが持つスペースを大小問わず提供してもらうことで、街により多くのポートを設置する。個人宅であれば、場所を問わずメルチャリで帰宅できるほか、店舗であれば集客が見込めるなど、ユーザー側のメリットもあるとしている。
あなたにおすすめの記事
艶やかな深紅--iPhone 8/Plus新色「(PRODUCT)RED 」、7版との違い
Apple Pencil対応の9.7インチ新「iPad」、開封からセットアップまで
高級感が増したソニーのスマートウォッチ「wena wrist」--新モデルを写真で見る
Ziddyちゃんの「私を社食に連れてって」:Pivotalの朝食で1日のエネルギーをチャージ編
2018年01月26日 11時45分
「Raspberry Pi 3」より安価なシングルボードコンピュータ--競合20製品の長所と短所
2018年02月12日 09時00分
メルカリ、シェアサイクル事業「メルチャリ」発表--2018年初頭にサービス開始
2017年09月07日 12時03分
LINE、シェアバイクのMobikeと資本業務提携--LINEアプリから自転車貸し出し
2017年12月20日 12時34分
中国発の自転車シェアリング「Mobike」を札幌で体験--高い利便性と乗り心地の課題
2017年10月04日 13時37分
タグ
製品・サービス
メルカリ
シェアサイクル
シェアリングエコノミー
メルチャリ
-PR-企画特集
【漫画】シスコでセキュリティ!?
働き方が多様化している今、インターネットへの安全なアクセスを手軽に確保する方法
AIのある職場--事例にみる未来像
AIによるコンタクトセンター業務の改革と変わっていく人間の働き方
【漫画】これでテレワークも安心!
どこでも働ける環境にセキュリティは不可欠でもどう対策すれば?IT探偵しおんが解決!
セキュリティ対策に技術の力を!
人材不足を嘆く前にできることは何か?専門家二人の率直な意見を紹介
あなたにおすすめのホワイトペーパー
ブロックチェーン新潮流--金融以外に広がる可能性
“収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
成功プロジェクトの裏側に迫る!富士フイルムが取り組んだクラウドを活用したシステムの若返
その決断でここまで差がつく!?幸福になったA社と不幸になったB社の1年間の軌跡
調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
RPA(ロボットによる業務の自動化)の可能性と注意点
人気キーワード
経営
セキュリティ
クラウドコンピューティング
モバイル
ビジネスアプリケーション
マーケティング
デジタル製品主要記事
SIE、PS4「Detroit: Become Human」を発売--人とアンドロイドによる近未来の物語
アップルが保持する個人情報の詳細、HomePodの売れ行き--Appleニュース一気読み
「iPhone 6」が曲がりやすい問題、アップルは発売前に認識していた可能性
東京ゲームショウ2018のメインビジュアルが公開--「今熱いeスポーツ」をイメージ
アップル、自動運転EVの開発でフォルクスワーゲンと提携か
セガ、「龍が如く3」「4」「5」をPS4向けに発売--高解像度、高フレームレート化
もっと見る
ZDNet Japan 注目ヘッドライン
日本企業も大きな影響を受ける「GDPR」--まずは「対象か」の確認を
ビットフライヤーの偽サイトが再び出現--フィッシングメールが流通
「Windows 10」でネイティブ動作する「OpenSSH」クライアントを触ってみる
「Windows 10」春の大型アップデートで何が変わるか--新機能を一挙紹介
「RPAによる業務改革」成功の秘訣(3)--真のデジタル企業に変革する極意
編集部おすすめの記事
“改ざんされない”ブロックチェーン技術に陰りか--「モナコイン」でハッキング被害
不正利用への対策を中長期的に進める--Facebook日本語版10周年会見
アップルに私の情報を開示請求してみた
全身採寸ボディスーツ「ZOZOSUIT」の実力は?--着心地や計測を体験レビュー
「フィットネスクラブ」はテクノロジでどう変わる?--メガロス運営の大橋社長に聞く
「Xperia Ear Duo」がもたらす音楽も外音も聞ける世界--スマホの通知は耳から確認
Boston Dynamicsの奇妙で素敵なロボット一家--全力疾走に宙返りも
“スマート自転車”レンタル「VANMOOF+」が7月以降に日本上陸--創業者が語る勝算
IoT用OS「Android Things」とスマートディスプレイに隠されたグーグルの狙い
Twitter、新APIを全ての開発者に公開へ--User Streamsは8月で廃止
クラウドで“タコつぼ化”する社内をAPI連携--freeeのオープンプラットフォーム戦略
AIによるビジネス変革の可能性--Microsoft Digital Transformation EXPOレポート
本日の主要記事
高校生カップルはなぜインスタ「#共同垢」を作るのか
[ブックレビュー]パズルから学ぶ難問に挑む方法--「論理的な人の27の思考回路」
現代人の寿命を延ばす発明とテクノロジ16選
ソフトバンク、3段階の定額料が自動適用される「おてがるプラン」を6月29日から
動画配信のVevo、モバイルアプリと独自サイトを終了へ--YouTubeが中心に
CNET Japan(Facebook窓)
The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc., San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News.com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright (c) CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News.com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.
個人情報保護方針 | 利用規約 | 訂正 | 運営会社 | 広告について
ニュース
製品・サービス
企業・業界
社会
オフトピック
トピック
解説
リリース
イベント
過去記事
Marketers'
特集
インタビュー
オピニオン
CNET Japanブログ
CNETどっち?
ビジネスアプリセンター(Android)
ビジネスアプリセンター(iOS)
タグ
検索
デジタル製品
モバイル
PC
AV
デジタルカメラ
アップル
エンターテインメント
CNET_ID
新規登録
ニューズレター
RSSフィード
Twitter
Facebook
サイトマップ
朝日インタラクティブ
ZDNet Japan
builder by ZDNet Japan
TechRepublic Japan
Tetsudo.com
当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。
Copyright (c) 2018 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication
without written permission.
The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc., San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News.com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright (c) CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News.com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.
個人情報保護方針
利用規約
訂正
運営会社
広告について
当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。
Copyright (c) 2017 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。
これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]