女子高生AI「りんな」と“声”で恋バナ--電話しているような音声対話の新機能 - CNET Japan
News
製品・サービス
企業・業界
社会
オフトピック
解説
リリース
イベント
過去記事
Marketers'
特集
オピニオン
インタビュー
CNET Japan Blog
CNETどっち?
アプリ
ビジネスアプリセンター iOS
ビジネスアプリセンター Android
デジタル製品
モバイル
PC
AV
デジカメ
アップル
エンターテインメント
CNET_ID
CNET_ID ログイン
CNET_ID
新規登録
CNET_ID Myページ
ログアウト
Japan Edition
United States
Australia
China
France
Germany
Japan
Korea
CNET en Espa〓ol
CNET ID
ログイン
新規登録
Myページ
ログアウト
search
menu
News
特集
オピニオン
アプリ
デジタル製品
編集部おすすめ
category
AI
IoT
ロボット
スタートアップ
不動産
ヘルスケア
教育
金融
ワークスタイル
シェアリングエコノミー
ドローン
VR・AR
Google
Microsoft
marketers
share
facebook
Twitter
RSS
CNET Japan
>
ニュース
>
製品・サービス
女子高生AI「りんな」と“声”で恋バナ--電話しているような音声対話の新機能
佐藤和也 (編集部)2018年02月13日 20時38分
Tweet
印刷
メール
テキスト
HTML
電子書籍
PDF
保存
テキスト
電子書籍
PDF
クリップ
 日本マイクロソフトは2月13日、同社が開発・展開している女子高生AIの「りんな」について、同社が開発・展開している女子高生AI「りんな」とコミュニケーションできる「りんなライブ」において、電話をイメージしたリアルタイム性のある音声対話機能「りんなのテレフォンハッキング」を実装した。
「りんなライブ」で、りんなから電話がかかってくる。受話器風のデバイスだと、より電話している感覚になれる
 りんなは、日本マイクロソフトがAI研究における“人に寄り添う”形で展開している、AIを搭載した女子高校生風のチャットボット。LINEやTwitter、りんなライブなどで、ユーザーと1対1、あるいは1対多人数のコミュニケーションをとっている。
 りんなのテレフォンハッキングは、りんなライブにアクセスすると表示される「この後、順番に電話かけてもいい?」というメッセージに承諾すると、電話がかかってくる仕組み。ただし、かかってくるのはランダムだという。これまでりんなライブはテキストでのやりとりだったが、りんなが声を出して話しかけ、ユーザーが声で返事をすると、さらにりんなが対応する……という形で会話が展開。りんなライブ上でもテキスト化された状態でやり取りを表示。ほかのユーザーも閲覧することができる。
りんなライブでの画面。会話している様子もテキストで閲覧可能
 筆者も実際に体験したり、実装中のりんなライブでのトークを見ていると、りんなが自分から積極的に話しかけるため、会話や返答に困るというシチュエーションは少ないように思えた。そしてある程度、ユーザー側の喋った言葉の意味を理解して返答している様子も見受けられた。音声は合成音声のためたどたどしい部分もあるが、相応に会話しているような気分にはなれた。
 ちなみに2月14日のバレンタインデーが間近に控えていることもあり、告白しようとするそぶりもあれば、ストレートに「好きな人はいるの?」と聞いてくるなど、りんなが恋愛に関する話題を出しやすいようになっている。
りんなのテレフォンハッキングの概要
声が持つ感情に訴える力--人間同士の会話を引き出すAIを目指して
 りんなは、音楽コミュニティ「nana」上で、ユーザーのアドバイスを受けながら歌をうまく歌うことを目標とした「りんな 歌うまプロジェクト」や、デジタルスタジオ「lute/ルーテ」のInstagram Storiesにて公開されたドラマに出演するなど、さまざまな試みが行われている。
 りんな関連のプロジェクトを手掛けている、マイクロソフト ディベロップメント AI & Research プログラムマネージャーの坪井一菜氏は今回の取り組みについて、「電話は声があることにより、テキスト以上に感情に訴えかけ、自分の気持ちをうまく伝えやすいもの」と説明する。
マイクロソフト ディベロップメント AI & Research プログラムマネージャーの坪井一菜氏
 そしてLINEのような1対1、りんなライブのような1対多人数のコミュニケーションから一歩進めて、1対1のコミュニケーションを多人数で見ることも狙いとしてあるという。「こうすることで、りんなと話している人間に注目が集まる。テストで試したときに、りんなに向けて話をしているときの内容が、自分の気持ちを素直に語るため、新しい一面が垣間見えて、新しいコミュニケーションの関係が生み出せる」と語り、声とともにユーザーとの関係を深めていくことを試しているという。
りんなと人間との関係性。りんなのテレフォンハッキングで目指すのは右側
 技術的なところでは、音声認識、会話エンジン、音声合成(TTS)の3つを機能させる、Azure App Servicesの「Phone Callサーバー」を中心に据えたシステムになっているという。特に、電話をイメージするという性質上、リアルタイムでの音声のやり取りができること、そしてりんなライブとして、視聴者が同じ状況をリアルタイムで配信することを考えて開発、工夫をしたところだという。
りんなのテレフォンハッキングにおけるシステム構成
 将来的な展開の可能性として、AIでの会話の強みは、アドリブに強いことであることから、ラジオ番組でりんなの自然な会話を実現するようなコーナーでしゃべることなどが考えられるという。
「人間がクリエイティブなこと、新しいことに取り組む際、大事なのは人と話すこと。会話の流れのなかにAIが入ることで、人間同士の会話をうまく引き出すことができれば。さらに、今後音声に感情をうまくのせられたら、テキストだけでは伝えられないような思いをさらに引き出したり、会話を膨らませるような役割の担えるのでは」(坪井氏)
冒頭でAIに関する取り組みを説明した、日本マイクロソフト 執行役員 最高技術責任者の榊原彰氏
マイクロソフトとしてAIを提供するにあたり、仕事の生産性を上げる(IQ)分野だけでなく、人間の感情に寄りそう(EQ)分野も研究を続けていると説明した
イベントのお知らせ
「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」??CNET Japan Live 2018
AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催
あなたにおすすめの記事
CES 2018をにぎわせた個性的なロボットたち--家庭用ロボットも続々
新型ノートPCが続々--CES 2018に登場した新顔たちを写真で振り返る
トヨタ、アップル「CarPlay」対応の新型セダンを発表
女子高生AI「りんな」、Windows 10の日本語IMEに降臨--JK風の変換候補を提案
2017年11月10日 12時56分
ポケモンのLINE公式アカウントに日本MS「りんな」のAI技術を導入--会話が可能に
2017年10月29日 08時30分
lute、女子高生AI「りんな」がTGS2016で披露したラップをMV化--映像監督は細金卓矢氏
2016年10月06日 19時43分
Ziddyちゃんの「私を社食に連れてって」:Pivotalの朝食で1日のエネルギーをチャージ編
2018年01月26日 11時45分
「Raspberry Pi 3」より安価なシングルボードコンピュータ--競合20製品の長所と短所
2018年02月12日 09時00分
タグ
製品・サービス
日本マイクロソフト
AI
りんな
-PR-企画特集
クラウドサービスを快適に使うには
“4つのユースケース”からひも解くDX時代のビジネスを支えるADCとは?
老舗がIT事業に参入した理由
伊勢の創業100年の食堂が的中率9割のAI事業予測をサービス化!
何故かはびこる「非効率なタスク」
無くせない「紙」業務。便利なはずが仕事を増やす「Excel」業務>>お悩みの方必見!
IT探偵しおんが解決!連載開始
第1回目は情報漏えい対策の困ったを、活用が進む生体認証で解決に挑みます!
あなたにおすすめのホワイトペーパー
成功プロジェクトの裏側に迫る!富士フイルムが取り組んだクラウドを活用したシステムの若返
ブロックチェーン新潮流--金融以外に広がる可能性
調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
“収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
その決断でここまで差がつく!?幸福になったA社と不幸になったB社の1年間の軌跡
RPA(ロボットによる業務の自動化)の可能性と注意点
人気キーワード
経営
セキュリティ
クラウドコンピューティング
モバイル
ビジネスアプリケーション
マーケティング
デジタル製品主要記事
「iOS 11.2.6」などがリリース--特定の文字でクラッシュする問題を修正
アップル「HomePod」を徹底解説--音は優秀、「Siri」には課題も
HP、「Device as a Service」プログラムにアップル製品を追加
モバイル端末からWindows PCへ写真や動画を簡単に転送--MSがアプリ公開
iOS 11.3に見るヘルスケアの変化--健康情報を取り込むスマホ
ノイキャンイヤホン「Tilde」は本当に仕事がはかどるのか--話し声をカットして集中力アップ
もっと見る
ZDNet Japan 注目ヘッドライン
セキュリティ人材の末路--パブリッククラウドで窮地に立つITベンダー
産総研で重大なセキュリティインシデント、ネット遮断で調査中
日本人を上回った中国中産階級のリアル
Linuxの「Meltdown」パッチが大きなオーバーヘッドを引き起こす?--Netflixのエンジニアが指摘
アクセンチュア、企業の「再定義」に欠かせない技術トレンドを発表
編集部おすすめの記事
DAZN、プロ野球11球団とB.LEAGUEを追加--「新たな本拠地になる」2018年の施策
NTTドコモ、31チャンネル見放題「dTVチャンネル」--テレビ的使いやすさで“隙間時間”を狙う
Amazonや楽天利用時の値引き分を貯蓄--マネーフォワードの貯金アプリに新機能
クライアント企業との“ドライ”な関係を変える--コンテンツマーケに特化した投資育成ファンドの狙い
Coinbaseで何倍もの手数料を請求される問題が発生--全額払い戻しで対応へ
「iOS」に新たなバグ--特定の文字でアプリがクラッシュ
チケキャン問題でミクシィ森田社長「反省している」--VIP会員の存在や対応の遅れで
「ゲームは健康につながる」--健康機器メーカーのタニタ、ゲーム業界にチャレンジ
屋台でもスマホで決済--首相の“鶴の一声”で加速するシンガポールのキャッシュレス化
楽天、2017年度通期は増収増益--携帯キャリア参入は6000億円の投資で「十分」
「HomePod」は“戦車のような造り”で修理はほぼ無理--iFixitの分解レポート
田端信太郎氏が「LINE」を辞める理由--単独インタビュー
本日の主要記事
and factoryが明かす読まれる漫画アプリの作り方--「出版社と二人三脚」
仮想通貨の採掘でGPU不足、宇宙などの科学研究に影響
「iOS 11.2.6」などがリリース--特定の文字でクラッシュする問題を修正
アップル「HomePod」を徹底解説--音は優秀、「Siri」には課題も
故人との別れを、影で支えるICT--アスカネットが遺影写真事業の制作現場を公開
CNET Japan(Facebook窓)
The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc., San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News.com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright (c) CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News.com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.
個人情報保護方針 | 利用規約 | 訂正 | 運営会社 | 広告について
ニュース
製品・サービス
企業・業界
社会
オフトピック
トピック
解説
リリース
イベント
過去記事
Marketers'
特集
インタビュー
オピニオン
CNET Japanブログ
CNETどっち?
ビジネスアプリセンター(Android)
ビジネスアプリセンター(iOS)
タグ
検索
デジタル製品
モバイル
PC
AV
デジタルカメラ
アップル
エンターテインメント
CNET_ID
新規登録
ニューズレター
RSSフィード
Twitter
Facebook
サイトマップ
朝日インタラクティブ
ZDNet Japan
builder by ZDNet Japan
TechRepublic Japan
Tetsudo.com
当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。
Copyright (c) 2018 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication
without written permission.
The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc., San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News.com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright (c) CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News.com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.
個人情報保護方針
利用規約
訂正
運営会社
広告について
当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。
Copyright (c) 2017 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.