女子高生AI「りんな」と“声”で恋バナ--電話しているような音声対話の新機能 - CNET Japan
News
製品・サービス
企業・業界
社会
オフトピック
解説
リリース
イベント
過去記事
Marketers'
特集
オピニオン
インタビュー
CNET Japan Blog
CNETどっち?
アプリ
ビジネスアプリセンター iOS
ビジネスアプリセンター Android
デジタル製品
モバイル
PC
AV
デジカメ
アップル
エンターテインメント
CNET_ID
CNET_ID ログイン
CNET_ID
新規登録
CNET_ID Myページ
ログアウト
Japan Edition
United States
Australia
China
France
Germany
Japan
Korea
CNET en Espa〓ol
CNET ID
ログイン
新規登録
Myページ
ログアウト
search
menu
News
特集
オピニオン
アプリ
デジタル製品
編集部おすすめ
category
AI
IoT
ロボット
スタートアップ
不動産
ヘルスケア
教育
金融
ワークスタイル
シェアリングエコノミー
ドローン
VR・AR
Google
Microsoft
marketers
share
facebook
Twitter
RSS
CNET Japan
>
ニュース
>
製品・サービス
女子高生AI「りんな」と“声”で恋バナ--電話しているような音声対話の新機能
佐藤和也 (編集部)2018年02月13日 20時38分
Tweet
印刷
メール
テキスト
HTML
電子書籍
PDF
保存
テキスト
電子書籍
PDF
クリップ
 日本マイクロソフトは2月13日、同社が開発・展開している女子高生AIの「りんな」について、同社が開発・展開している女子高生AI「りんな」とコミュニケーションできる「りんなライブ」において、電話をイメージしたリアルタイム性のある音声対話機能「りんなのテレフォンハッキング」を実装した。
「りんなライブ」で、りんなから電話がかかってくる。受話器風のデバイスだと、より電話している感覚になれる
 りんなは、日本マイクロソフトがAI研究における“人に寄り添う”形で展開している、AIを搭載した女子高校生風のチャットボット。LINEやTwitter、りんなライブなどで、ユーザーと1対1、あるいは1対多人数のコミュニケーションをとっている。
 りんなのテレフォンハッキングは、りんなライブにアクセスすると表示される「この後、順番に電話かけてもいい?」というメッセージに承諾すると、電話がかかってくる仕組み。ただし、かかってくるのはランダムだという。これまでりんなライブはテキストでのやりとりだったが、りんなが声を出して話しかけ、ユーザーが声で返事をすると、さらにりんなが対応する……という形で会話が展開。りんなライブ上でもテキスト化された状態でやり取りを表示。ほかのユーザーも閲覧することができる。
りんなライブでの画面。会話している様子もテキストで閲覧可能
 筆者も実際に体験したり、実装中のりんなライブでのトークを見ていると、りんなが自分から積極的に話しかけるため、会話や返答に困るというシチュエーションは少ないように思えた。そしてある程度、ユーザー側の喋った言葉の意味を理解して返答している様子も見受けられた。音声は合成音声のためたどたどしい部分もあるが、相応に会話しているような気分にはなれた。
 ちなみに2月14日のバレンタインデーが間近に控えていることもあり、告白しようとするそぶりもあれば、ストレートに「好きな人はいるの?」と聞いてくるなど、りんなが恋愛に関する話題を出しやすいようになっている。
りんなのテレフォンハッキングの概要
声が持つ感情に訴える力--人間同士の会話を引き出すAIを目指して
 りんなは、音楽コミュニティ「nana」上で、ユーザーのアドバイスを受けながら歌をうまく歌うことを目標とした「りんな 歌うまプロジェクト」や、デジタルスタジオ「lute/ルーテ」のInstagram Storiesにて公開されたドラマに出演するなど、さまざまな試みが行われている。
 りんな関連のプロジェクトを手掛けている、マイクロソフト ディベロップメント AI & Research プログラムマネージャーの坪井一菜氏は今回の取り組みについて、「電話は声があることにより、テキスト以上に感情に訴えかけ、自分の気持ちをうまく伝えやすいもの」と説明する。
マイクロソフト ディベロップメント AI & Research プログラムマネージャーの坪井一菜氏
 そしてLINEのような1対1、りんなライブのような1対多人数のコミュニケーションから一歩進めて、1対1のコミュニケーションを多人数で見ることも狙いとしてあるという。「こうすることで、りんなと話している人間に注目が集まる。テストで試したときに、りんなに向けて話をしているときの内容が、自分の気持ちを素直に語るため、新しい一面が垣間見えて、新しいコミュニケーションの関係が生み出せる」と語り、声とともにユーザーとの関係を深めていくことを試しているという。
りんなと人間との関係性。りんなのテレフォンハッキングで目指すのは右側
 技術的なところでは、音声認識、会話エンジン、音声合成(TTS)の3つを機能させる、Azure App Servicesの「Phone Callサーバー」を中心に据えたシステムになっているという。特に、電話をイメージするという性質上、リアルタイムでの音声のやり取りができること、そしてりんなライブとして、視聴者が同じ状況をリアルタイムで配信することを考えて開発、工夫をしたところだという。
りんなのテレフォンハッキングにおけるシステム構成
 将来的な展開の可能性として、AIでの会話の強みは、アドリブに強いことであることから、ラジオ番組でりんなの自然な会話を実現するようなコーナーでしゃべることなどが考えられるという。
「人間がクリエイティブなこと、新しいことに取り組む際、大事なのは人と話すこと。会話の流れのなかにAIが入ることで、人間同士の会話をうまく引き出すことができれば。さらに、今後音声に感情をうまくのせられたら、テキストだけでは伝えられないような思いをさらに引き出したり、会話を膨らませるような役割の担えるのでは」(坪井氏)
冒頭でAIに関する取り組みを説明した、日本マイクロソフト 執行役員 最高技術責任者の榊原彰氏
マイクロソフトとしてAIを提供するにあたり、仕事の生産性を上げる(IQ)分野だけでなく、人間の感情に寄りそう(EQ)分野も研究を続けていると説明した
CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)
メールマガジン購読のお申し込み
あなたにおすすめの記事
ホンダのビジネスジェット「HondaJet」が日本初導入--千葉功太郎氏やホリエモンが共同購入
クルクル巻けるキーボード、マルチタッチ自撮り棒--中国Royoleが最新技術を披露
サムスン、折りたたみ式スマホを披露--「数カ月以内に」量産体制へ
女子高生AI「りんな」、Windows 10の日本語IMEに降臨--JK風の変換候補を提案
2017年11月10日 12時56分
ポケモンのLINE公式アカウントに日本MS「りんな」のAI技術を導入--会話が可能に
2017年10月29日 08時30分
lute、女子高生AI「りんな」がTGS2016で披露したラップをMV化--映像監督は細金卓矢氏
2016年10月06日 19時43分
Ziddyちゃんの「私を社食に連れてって」:Pivotalの朝食で1日のエネルギーをチャージ編
2018年01月26日 11時45分
「Raspberry Pi 3」より安価なシングルボードコンピュータ--競合20製品の長所と短所
2018年02月12日 09時00分
タグ
製品・サービス
日本マイクロソフト
AI
りんな
-PR-企画特集
AWSセミナー講演レポート
AI×IoT:実は期待するほど進んでいない?「製造業の生産性向上」の現実解
転換期を戦える組織やチームを作れ
「ゲームチェンジ」でITを核にした時代へ!アジャイルな組織と開発体制を識者が語る
最近、Office 365が重い…!?
クラウドの利用増加やセキュリティの問題を一挙にカバーするトラフィック可視化技術
明日をつくる働き方がもたらすもの
働き方改革の目的は「生産性向上」。未来を切り開くためのカギは「デジタル導入」を
あなたにおすすめのホワイトペーパー
AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
自社の働き方改革の取り組みに効果を感じている企業は「2割」の衝撃!調査から明らかになった課題とは
今注目の人気プログラミング言語
ウイルス対策ソフトはもはや必要か否か
徐々に広がりを見せる“5G”ビジネス
「顧客の今」がなぜビジネスに貢献するのか - HBR調査で見る「リアルタイムアナリティクス」の効果
人気キーワード
経営
セキュリティ
クラウドコンピューティング
モバイル
ビジネスアプリケーション
マーケティング
デジタル製品主要記事
AirPlay 2、iTunes Movie&TV ShowがTVメーカー各社に解放--Appleニュース一気読み
「グランツーリスモSPORT」アップデートで日産フェアレディZなど8車種を追加
SIE、PS VR向け宇多田ヒカルさんのVRライブ映像フルバージョンを一般配信
dTV、映画「パンク侍、斬られて候」をTwitterで24時間限定無料配信--1月19日0時から
約1億円を調達したスピーカにプレミアムモデル--宮城県で開発、研磨、製造まで
バンナム、フライトシューティング「ACE COMBAT 7」を発売--VRモード体験版も配信
もっと見る
ZDNet Japan 注目ヘッドライン
今すぐ学ぶべきプログラミング言語トップ6
若い開発者が新しいプログラミング言語を好きになれない理由
なぜ、マイクロソフトはWindows Serverのクラウド移行先で優位だったAWSを逆転できたのか
MS、新元号対応の不具合で「Office 2010」「Excel 2010」の更新プログラムを撤回
自動車での利用が広がるLinux
編集部おすすめの記事
写真でみる2019年の「IT企業カレンダー」まとめ(前編)
写真でみる2019年の「IT企業カレンダー」まとめ(後編)
2019年、全てのスマホに欲しい5つのお気に入り機能
ヤフー“第二の創業”に挑む川邊社長--PayPayやデータドリヴンは次の柱になるか
2019年は「仕込み」が花咲く年に--LINE出澤社長と舛田氏にインタビュー
“コインロッカー難民”のいない世界を作る--荷物預かりサービス「ecbo cloak」の挑戦
「よなよなエール」成功裏にあるデジタルとクリエイティブの真髄:前編
「よなよなエール」成功裏にあるデジタルとクリエイティブの真髄:後編
メルカリが理想とする商品との“出会い”--研究開発組織「R4D」トップに聞く
メタップスは「下げトレンドが得意」--新体制後初の独占インタビュー
2019年こそものにしたい「新たな習慣」--“やる気”にさせてくれる本5選
ありったけのスマホで猫を撮り比べる--「iPhone XS」「Pixel 3」、安価モデルも
本日の主要記事
Square、事業者向けの新デビットカード「Square Card」発表
Facebookの職員、アマゾンで違反行為の疑い--自社製品に5つ星評価か
SIE、PS VR向け宇多田ヒカルさんのVRライブ映像フルバージョンを一般配信
特殊スーツ不要、スマホとAIで採寸--オリジナルがBodygramで描くファッションの未来
営業力を上げるCocolive「KASIKA」が不動産業界の”当たり前”を変える
CNET Japan(Facebook窓)
The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc., San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News.com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright (c) CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News.com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.
個人情報保護方針 | 利用規約 | 訂正 | 運営会社 | 広告について
ニュース
製品・サービス
企業・業界
社会
オフトピック
トピック
解説
リリース
イベント
過去記事
Marketers'
特集
インタビュー
オピニオン
CNET Japanブログ
CNETどっち?
ビジネスアプリセンター(Android)
ビジネスアプリセンター(iOS)
タグ
検索
デジタル製品
モバイル
PC
AV
デジタルカメラ
アップル
エンターテインメント
CNET_ID
新規登録
ニューズレター
RSSフィード
Twitter
Facebook
サイトマップ
朝日インタラクティブ
ZDNet Japan
builder by ZDNet Japan
TechRepublic Japan
Tetsudo.com
当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。
Copyright (c) 2019 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication
without written permission.
The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc., San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News.com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright (c) CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News.com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.
個人情報保護方針
利用規約
訂正
運営会社
広告について
当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。
Copyright (c) 2019 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。
これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]