COWON、バランス出力強化、AIオーディオ搭載プレーヤー「PLENUE 2 Mark II」 - AV Watch
PC WatchImpress サイトImpress WatchINTERNET WatchPC Watchデジカメ WatchAKIBA PC Hotline!AV WatchGAME Watchケータイ Watchクラウド Watch窓の杜家電 WatchCar Watchトラベル Watch仮想通貨 WatchWatch VideoこどもとITドローンジャーナルパソコン工房mouseWatchASUSWatch上海問屋NETGEARAQUOSarrowsOLYMPUSWatch注目の一眼「α」ネタとぴシニアガイドできるネットGANREF全カテゴリテレビレコーダポータブルオーディオヘッドフォン映像配信BD放送業界動向スピーカー音楽配信スマートスピーカーデジカメプロジェクタPS4BDプレーヤー映像配信BD検索記事を探す閉じるAV Watch をフォローする Special Site 最新記事 ゼンハイザーの左右分離、iBasso Audio新プレーヤー、JVC“謎の”イヤーピース12月15日 18:34キズナアイ・イヤフォンにNEOGEOヘッドフォン、AKGプロ向けヘッドフォンも12月15日 17:06セガサターンプレーヤー降臨、金色のAK「SP1000M」や「AZLAオルタ」も12月15日 15:513Dプリンタ活用のUnique Melodyチタン製イヤフォン、静電型×BA×ダイナミック試作機12月15日 15:20イヤフォン/ヘッドフォンのクリーニングキット「EcleaR」。e☆イヤホンスタッフ考案12月15日 15:10 アクセスランキング1時間24時間1週間1カ月もっと見るもっと見るもっと見るもっと見る Impress Watchシリーズ 人気記事1時間24時間1週間1カ月もっと見るもっと見るもっと見るもっと見る おすすめ記事めちゃめちゃ遊べる! DJI最少のジンバルカメラ「Osmo Pocket」Echo Show登場、10型大画面でPrime Videoに最適なスマートスピーカーパイオニア「UDP-LX800」は音響メーカーならではの“徹底ピュア志向”プレーヤーだ AV Watch製品ポータブルオーディオその他
ニュースCOWON、バランス出力強化、AIオーディオ搭載プレーヤー「PLENUE 2 Mark II」山崎健太郎2018年3月14日 10:59 テクタイトは、COWONの新ハイレゾプレーヤー「PLENUE 2 Mark II」を4月に発売する。価格はオープンプライスで、直販サイトでの価格は183,333円。出力を強化しているほか、内蔵メモリを前モデルの128GBから、256GBに増強。新たに「AIオーディオ機能」も備えている。カラーはJupiter Gold。PLENUE 2 Mark IIPLENUE 2とPLENUE 2 Mark IIの違い。AIオーディオ機能搭載 大きな特徴は出力の強化。ステレオミニと2.5mmのバランス出力を備えているが、バランス出力が従来の2Vrmsから3.24Vrmsに、出力インピーダンスはアンバランスが0.6Ωから1.3Ω、バランスが1.2Ωから2.6Ωと、大幅に強化されている。出力端子部。ステレオミニと2.5mmのバランス出力を備えている さらに、ステレオ再生でのクロストークもアンバランスが-137dBから-139dB、バランスが-139dBから-143dBと、改善されている。 バッテリ容量に変更はないが、システムの最適化などで、再生時間は9時間から、10時間30分へとのびている。充電所要時間は約3時間。 また、AIオーディオ機能を搭載。ユーザーの使用習慣などをプレーヤーが把握し、その楽曲を以前はどの程度の音量で聴いていた、といった情報を蓄積。各曲ごとに異なる音の大きさを、自動的にノーマライズするなどの調整機能を備えている。 また、豊富な種類があるイコライジング機能の「JetEffect」も、ユーザーがどのジャンルの楽曲を再生する際に、どのエフェクトをかけていたかという情報を記録。自動設定してくれる。 朝には、ユーザーが朝に良く聴いている曲を選ぶなど、ユーザーの使用記録/習慣に基づいてシャッフル再生する機能なども備えている。このAIオーディオ機能は、今後の機能追加も検討されている。また、AI機能はボリューム、エフェクト、シャッフルと、個別にON/OFFが可能。AIオーディオの設定項目 また、PLENUE 2 MKIIでは新たに、Dignis製のレザーケースが付属するようになった。Dignis製のレザーケースが付属基本機能はPLENUE 2を継承 DACに、旭化成エレクトロニクスの「AK4497EQ」を搭載。据置きのUSB DACやアンプなど、ハイエンドオーディオ機器に搭載されているもので、ノイズと歪みを極小に減らし、DACの性能を極限まで引き上げたという「VELVET SOUND」技術が搭載されている。これをポータブルプレーヤーにも投入している。背面 32bit、8倍のデジタルフィルタを内蔵したDACだが、そのフィルタをユーザーが6個から選択可能。Short delay sharp、Short delay slow、Sharp、Slow、Low dispersion short delay、Super slowから好みの音を選べる。これとは別に、COWONのプレーヤーの特徴である「JetEffect 7」を搭載。ユーザープリセット16個を含む、66のプリセットや、10バンドイコライザ、BBE+、Special Effectも利用できる。 再生対応ファイルは、DSD、DXD、FLAC、WAV、AIFF、Apple Lossless、APE、MP3、WMA、OGGなどで、PCMは32bit/384kHzまで対応。DSDは5.6MHzまでネイティブ再生できる。 3.5mmのステレオミニアンバランス出力に加え、2.5mm 4極のバランス出力端子も搭載する。 本体の右上に、2つのコントロールホイールを搭載。右側はボリュームで、左側はユーザーが機能を割り当てられるマルチホイールとなっている。JetEffectや、DACのデジタルフィルタを割り当てる事も可能。気軽に音の変化を楽しんだり、曲送り/戻し、早送り/巻き戻し、画面の明るさ調整も割り当てられる。2つのコントロールホイールを搭載 光デジタル出力もサポート。デュアルTCXOの精密クロックも装備。PCと接続し、USB DACとして使うこともできる。 ディスプレイは3.7型、480×800ドットの有機ELで、静電容量式のタッチパネルタイプ。外形寸法は116.7×67.9×16.5mm(縦×横×厚さ)。高強度のメタルボディを採用。重量は192g。音を聴いてみる アンバランス、バランスの両方で試聴したが、出力強化の恩恵は大きい。特にバランス出力が非常にパワフルになっており、バランス駆動によるクロストークの少なさ、音場の広さといった利点が、パワーアップした出力でより鮮明にわかるようになっている。高級プレーヤーとして、この駆動力は心強い。 低域の力強さが顕著ではあるが、分解能が向上し、ドラムのキレや、ベースの弦の震え方など、聴き取れる情報量も多くなっている。また、JetEffectなどで音をカスタマイズした場合も、低音が甘くなったり、高域の抜けが悪くなる事もなく、エフェクト自体の出来の良さがよくわかるようになった。関連リンク テクタイト ニュースリリース 製品情報 関連記事COWON、ポータブル初「AK4497EQ」搭載プレーヤー「PLENUE 2」。バランス対応で約15万円2017年3月10日AK4497EQ搭載のCOWONハイレゾプレーヤー「PLENUE 2」、4月1日に発売延期2017年3月15日COWON、出力強化/AIで音を調整するプレーヤー「PLENUE 2 Mark II」は25日発売2018年4月9日
Group site linksインプレスのビジネスWebThink ITWeb担当者Forumインプレス総合研究所IT LeadersFind-ITSmartGridフォーラムネットショップ担当者フォーラムImpress Business LibraryインプレスセミナーDIGITAL X(デジタルクロス)インプレスの本と雑誌DOS/V POWER REPORTデジタルカメラマガジンインプレスブックスimpress QuickBooksインプレスR&DNextPublishing著者向けPOD出版サービスインターネット白書ARCHIVESRittor Musicリットーミュージック雑誌Web楽器探そう!デジマート耳マンMdNMdN Design InteractiveMdNのデザイン求人情報山と溪谷社ヤマケイオンラインCLIMBING-netMtSN本サイトのご利用についてお問い合わせ編集部へのご連絡プライバシーについて会社概要インプレスグループ特定商取引法に基づく表示Copyright 〓2018Impress Corporation. All rights reserved.