PRIMERE、“CDのため”の最上位CDプレーヤー「CD35」。新プリメイン「I35」 - AV Watch PC WatchImpress サイトImpress WatchINTERNET WatchPC Watchデジカメ WatchAKIBA PC Hotline!AV WatchGAME Watchケータイ Watchクラウド Watch窓の杜家電 WatchCar Watchトラベル Watch仮想通貨 WatchWatch VideoこどもとITドローンジャーナルパソコン工房mouseWatch上海問屋NETGEARAQUOSarrowsOLYMPUSWatch注目の一眼「α」ネタとぴシニアガイドできるネットGANREF全カテゴリテレビレコーダポータブルオーディオヘッドフォンBluetoothスピーカーUSB DACスピーカーAVアンプスマートスピーカーデジカメプロジェクタPS4BDプレーヤー音楽配信映像配信BD放送業界動向検索記事を探す閉じるAV Watch をフォローする Special Site 最新記事 稲垣吾郎がPrime Video独占ドラマ初主演、草〓剛も。7豈娵燭△襪△襦崚豕 BTH」10月19日 06:00「マンマ・ミーア! ヒア・ウィ・ゴー」12月UHD BD化。Atmos音声10月19日 00:00「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」12月UHD BD化。骨折ジャンプ10月19日 00:00DAZN、ボクシング大手プロモーション「ゴールデン・ボーイ」と5年間の放映契約10月18日 20:39Spotifyの再生が、「Wear OS by Google」スマートウォッチから操作可能に10月18日 20:13 アクセスランキング1時間24時間1週間1カ月もっと見るもっと見るもっと見るもっと見る Impress Watchシリーズ 人気記事1時間24時間1週間1カ月もっと見るもっと見るもっと見るもっと見る おすすめ記事ソニー、95万円の究極プレーヤー「DMP-Z1」。バッテリ動作でAK4497×2基新4K8K衛星放送は12月1日10時開始。4Kチューナー内蔵テレビ新機種も披露8Kテレビ時代の幕開け、シャープAQUOS 8K 11月発売。70型100万円、80型200万円 AV Watch製品SACD/CDプレーヤー
ニュースPRIMERE、“CDのため”の最上位CDプレーヤー「CD35」。新プリメイン「I35」庄司亮一2018年5月17日 08:15 ナスペックは、スウェーデンPRIMARE(プライマー)のCDプレーヤー「CD35」とプリメインアンプ「I35」を21日より発売する。価格は、CD35が38万5,000円。I35が48万円。CDプレーヤー「CD35」プリメインアンプ「I35」CDプレーヤー「C35」 「手軽にストリーミングで音楽が聴ける時代だからこそ、CDは特別な音質で再生したい」というニーズに応えて開発した、PRIMAREのフラッグシップCDプレーヤー。 光学ドライブにティアックの「CD5020A-AT」を採用し、筐体の振動からアイソレートされた状態で固定してスムーズな動作を実現。I2SやSPDIFのデータは一度メモリにバッファしてから再生する。ティアックの光学ドライブ「CD5020A-AT」を採用 DAC部にはESSの「ES9028PRO SABRE」を採用。I/V変換回路にはオペアンプを使用せず、MOS-FETによるフルディスクリート構成とした。信号経路上のコンデンサの代わりにDCサーボを用い、DCオフセットを除去。そのほか、両面基板の採用で最短信号経路を実現し、音質改善に寄与するという。 出力は、アナログがXLR(バランス)とRCA(アンバランス)が各1系統。同軸デジタルと光デジタルも各1系統備える。コントロール用のRES232とトリガー入出力を備える。 消費電力は25W(待機時0.5W)。リニア電源を採用しているが、待機時の消費電力を抑えるための専用スイッチング電源も搭載。スタンバイから復帰するとスイッチング電源はオフになり、ノイズは発生しないとする。外形寸法は、430×385×106mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は10.6kg。リモコンが付属する。背面プリメインアンプ「I35」 新開発のクラスDアンプ「UFPD2」を搭載したプリメインアンプ。出力は150W×2ch(8Ω)、300W×2ch(4Ω)。周波数特性は20Hz??20kHz(-0.2dB)。SN比は100dB。 スピーカーのインピーダンス変化による音質への影響というClass Dアンプのデメリットを防ぐ独自の「UFPD」を進化。UFPD2では、ゲイン周波数特性に影響しない新しい増幅回路を開発し、帯域幅の制限を解消。位相ずれを最小化するとともに、2次フィルターエラーアンプにカスタムメイドの出力コイルを使用し、ループゲインを一定に保つよう最適化。UPFDに比べてノイズの低減とともに高域特性を改善した。アンプ出力も従来機I32の120W(8Ω)から150W(Ω)に強化されている。 入力端子はRCA(アンバランス)が3系統、XLR(バランス)が2系統。出力端子は、ライン出力のRCAとプリアウトのRCAが各1系統。RES232やトリガー出力も装備する。背面 消費電力は32W(待機時0.5W)。新開発のスイッチング電源「APFC」には、高調波や電磁波の影響を減らすPFCコンバータをデュアルで搭載して、総電流リップルを減らしつつ回路内の電気的干渉を改善。従来の電源より5%効率を向上している。 フロントパネルに有機ELの表示部と、電子ボリューム、セレクターダイヤルを備える。外形寸法は430×382×106mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は10.5kg。リモコンが付属する。関連リンク ナスペック PRIMARE製品のページ 関連記事PRIMARE、USB DACにもなるネットワークプレーヤー。フルバランス回路搭載2014年9月2日
Group site linksインプレスのビジネスWebThink ITWeb担当者Forumインプレス総合研究所IT LeadersFind-ITSmartGridフォーラムネットショップ担当者フォーラムImpress Business LibraryインプレスセミナーDIGITAL X(デジタルクロス)インプレスの本と雑誌DOS/V POWER REPORTデジタルカメラマガジンインプレスブックスimpress QuickBooksインプレスR&DNextPublishingIMPRESS INNOVATION LABRittor Musicリットーミュージック雑誌Web楽器探そう!デジマート耳マンMdNMdN Design InteractiveMdNのデザイン求人情報山と溪谷社ヤマケイオンラインCLIMBING-netMtSN本サイトのご利用についてお問い合わせ編集部へのご連絡プライバシーについて会社概要インプレスグループ特定商取引法に基づく表示Copyright 〓2018Impress Corporation. All rights reserved.