REVEL、ベリリウムで音の透明感を高めたスピーカー「PERFORMA Be」10月発売 - AV Watch AV WatchテレビレコーダポータブルオーディオヘッドフォンBluetoothスピーカーUSB DACスピーカーAVアンプスマートスピーカーデジカメプロジェクタPS4BDプレーヤー音楽配信映像配信BD放送業界動向カテゴリ検索記事を探す閉じるAV Watch をフォローする Special Site 最新記事 PHILIPS、「DisplayHDR 600」対応31.5型4K液晶ディスプレイ8月16日 19:35ソフトバンクとNextVRがVRコンテンツ共同制作。キックボクシングなど無料配信8月16日 18:24ソニーやMSらが“ゲームのHDR用ガイドライン”。様々なゲーム機/モニタで体験担保8月16日 17:11ソニーが「スヌーピーミュージアム」を南町田グランベリーパークに'19年秋開館8月16日 16:10JBL、コンパクトなプロ向けアクティブモニタースピーカー「705P Powered」8月16日 15:35 アクセスランキング1時間24時間1週間1カ月もっと見るもっと見るもっと見るもっと見る Impress Watch人気記事 おすすめ記事ポータブルに飽き足らない人へ、1台6??7万円でも次世代デノン"NE"サウンド「800NE」「レディ・プレイヤー1」のVR世界にHDR映像で浸る。22日発売のUHD BDを観た新世代AKシリーズ完成。10万円を切る「SR15」、驚きの8ch DAC「SE100」を聴く AV Watch製品オーディオスピーカー
ニュースREVEL、ベリリウムで音の透明感を高めたスピーカー「PERFORMA Be」10月発売中林暁2018年6月14日 14:51 ハーマンインターナショナルは、REVELブランドのスピーカー「PERFORMA Be(パフォーマベリリウム)シリーズ」2製品を10月から発売する。価格は、フロア型「F228Be」が1本58万円、ブックシェルフ型「M126Be」は1本23万円。カラーはハイグロス・ブラックとハイグロス・ウォールナットのほか、受注生産でハイグロス・ホワイトとメタリックシルバーを用意する。フロア型「F228Be」と、ブックシェルフ型「M126Be」 REVELはMark Levinsonの姉妹ブランド。「PERFORMA Be」は、REVELスピーカーラインナップ中核のPERFORMA 3シリーズをベースに、ベリリウムドームツイータを中心とした新開発ユニット群を搭載して音質を高めたアップグレードモデル。 「F228Be」は、前面バスレフのフロアスタンド型3ウェイシステム、「M126Be」は背面バスレフ・ブックシェルフ型2ウェイシステム。'17年11月の発表時は'18年春に発売予定としており、今回発売時期が決定した。F228BeM126BeF228Beの設置例 25mm径ドーム型ツイータに採用しているベリリウムは、アルミ、チタンなどの素材に比べ約半分の質量で4.5倍の硬度と3倍のダンピング特性を発揮。同等の物理特性を持つダイアモンド蒸着ダイアフラムよりもさらに軽量となる。これをツイータの振動板に採用することで「音の透明感が格段に増し、音像のディテール描写も明瞭なものになっている」としている。 このツイータを第5世代セラミック-コート・アルミダイキャスト製アコースティックレンズ・ウェーブガイドを介してバッフルに装着。ミッドレンジとのクロスオーバー帯域における指向性を整合、同帯域でのエネルギー整合にも貢献するという。 フロア型のF228Beには、130mm径DCC(Deep Ceramic Composite)コーンのミッドレンジを搭載。エッジ幅を狭め有効振動面積を拡大した新設計の振動板を採用する。ボイスコイル径を拡大し、強化した磁気回路との相乗効果により、パワーコンプレッションを減少、ダイナミックレンジを拡大した。F228Be ウーファはDCCコーンで、F228Beは200mm径×2、M126Beは165mm径×1。DCCコーンは、アルミ振動板の両面をプラズマ放電により深層部までセラミック化、強度とダンピング特性を向上させたもので、「コーン紙の不要なしなりやレゾナンスを抑え理想的なピストニックモーションを得ることにより、音のピュリティーとディテールの再現性を高めた」という。M126Be ネットワーク部には、フィルムキャパシタや空芯コイルなどを使用、シームレスな帯域整合を可能にするハイ・オーダー設計のプレシジョン・ネットワークを搭載。F228Beには、相互干渉を防ぐため中高域用と低域用を独立させたセパレート基板を採用。バイワイヤリングやパッシブバイアンプ駆動に対応した2組の入力端子を装備する。 キャビネットは、天板の強化と防振のために装着したトップドームに、新たにスタイリッシュなメタリック・ブラック仕上げを採用。ベースプレートと共に特にエネルギーの大きな縦方向の共振を抑え、カラーレーションを排除。ツイータのウェーブガイドやユニットのバッフルへのシームレスマウント、リアバッフルを持たないラウンド設計のキャビネットデザインなどを採用する。 両端にテーパーを設けたフレアード・ポートを備え、ポートノイズやダイナミック・コンプレッションを防ぎ、付属のフォームパッドの挿入により低域レスポンスのコントロールも可能。フロントグリルにはバッフル面に余分な凹凸の無いマグネット・アタッチメント式を採用している。M126Beは別売スタンド「M-STAND」(6万円/ペア)も用意する。M126Beの設置例M126Beの別売スタンド利用時 周波数特性(-6dB)とクロスオーバー周波数、出力音圧レベルは、F228Beが27Hz??44kHz、260Hz/2.1kHz、90dB。M126Beが54Hz??44kHz、1.7kHz、86dB。インピーダンスはいずれも8Ω。推奨アンプ出力(8Ω)は、F228Beが50??350W、M126Beが50??150W。 外形寸法と重量は、F228Beが342×375×1,182mm(幅×奥行き×高さ)、37.2kg、M126Beが211×262×386mm(同)、10.0kg。グリルが付属するほか、F228Beにはスパイクも同梱。F228Beの背面M126Beの背面関連リンク ハーマンインターナショナル ニュースリリース 製品情報 関連記事REVEL、ベリリウムツイータ採用の新スピーカー「PERFORMA BE」'18年春発売2017年11月7日JBLスピーカー名機が復活「L100 Classic」。レトロデザインに新開発ユニット2018年1月13日JBL「L100 Classic」やDYNAUDIO「Music」など、個性派デザインのオーディオ2018年6月16日
Group site linksインプレスのビジネスWebThink ITWeb担当者Forumインプレス総合研究所IT LeadersFind-ITSmartGridフォーラムネットショップ担当者フォーラムImpress Business LibraryインプレスセミナーDIGITAL X(デジタルクロス)インプレスの本と雑誌DOS/V POWER REPORTデジタルカメラマガジンインプレスブックスimpress QuickBooksインプレスR&DNextPublishingIMPRESS INNOVATION LABRittor Musicリットーミュージック雑誌Web楽器探そう!デジマート耳マンMdNMdN Design InteractiveMdNのデザイン求人情報山と溪谷社ヤマケイオンラインCLIMBING-netMtSN本サイトのご利用についてお問い合わせ編集部へのご連絡プライバシーについて会社概要インプレスグループ特定商取引法に基づく表示Copyright 〓2018Impress Corporation. All rights reserved.