CHORDの小型DAC「Hugo TT 2」は12月で64万円。Etude/M Scalerも - AV Watch
PC WatchImpress サイトImpress WatchINTERNET WatchPC Watchデジカメ WatchAKIBA PC Hotline!AV WatchGAME Watchケータイ Watchクラウド Watch窓の杜家電 WatchCar Watchトラベル Watch仮想通貨 WatchWatch VideoこどもとITドローンジャーナルパソコン工房mouseWatchASUSWatch上海問屋NETGEARAQUOSarrowsOLYMPUSWatch注目の一眼「α」ネタとぴシニアガイドできるネットGANREF全カテゴリテレビレコーダポータブルオーディオヘッドフォン映像配信BD放送業界動向スピーカー音楽配信スマートスピーカーデジカメプロジェクタPS4BDプレーヤー映像配信BD検索記事を探す閉じるAV Watch をフォローする Special Site 最新記事 ラトックのスマート家電リモコンが小型化&赤外線強化。7,560円で25日発売1月18日 17:55ドコモ、ライブをスマホに複数視点で生配信。第1弾サカナクションは1,000円??1月18日 17:54BリーグオールスターをDAZNライブ配信。ダンクコンテストや過去映像も1月18日 15:48NUARL、左右分離イヤフォン「NT01」を1万円で最新機種に交換。不具合修正も1月18日 15:24可夢偉・アロンソ参戦「デイトナ24時間レース」をJ SPORTSが生中継&配信1月18日 14:43 アクセスランキング1時間24時間1週間1カ月もっと見るもっと見るもっと見るもっと見る Impress Watchシリーズ 人気記事1時間24時間1週間1カ月もっと見るもっと見るもっと見るもっと見る おすすめ記事日本発売決定! マイクロソフトの意欲作「Surface Headphones」が使いやすい再びの“BMD”搭載、ソニー「8K液晶BRAVIA Z9G」の衝撃“8Kと第3の軸”、曲がり角にさしかかるビデオカメラ。シャープとキヤノンの場合 AV Watch製品USB DACCHORD
ニュースCHORDの小型DAC「Hugo TT 2」は12月で64万円。Etude/M Scalerも山崎健太郎2018年11月9日 16:29タイムロードは、英CHORD新製品3モデルの発売日と価格を決定した。DACヘッドフォンアンプ兼プリアンプ「Hugo TT 2」は12月発売で64万円、ステレオパワーアンプ「Etude」は11月16日発売で74万8,000円、アップスケーラー「Hugo M Scaler」は12月発売予定で66万円。Hugoファミリー。下から小型アナログアンプ「TTobby」、アップスケーラー「Hugo M scaler」、据え置き型DAC「Hugo TT 2」各モデルの詳細は7月に発表した通り。いずれのモデルも、受注受付は11月9日からスタートしている。また、11月16日、17日、18日の3日間、東京・有楽町の東京国際フォーラムで開催される「2018東京インターナショナルオーディオショウ」で、3製品を一般公開する予定。Hugo TT 2DAC、ヘッドフォンアンプ、プリアンプとしても使える製品。小型かつ高性能なヘッドフォンアンプとして展開している「Hugo」シリーズながら、「TT=Tabele Top」の名の通り、据置タイプとなり、据置に特化した特徴と機能を搭載している。外形寸法は235×223×46mm(幅×奥行き×高さ)。筐体はアルミニウム削り出し。Hugo TT 2進化したDACアルゴリズムにより、フィルタータップ長は98,304を実現。片チャンネルあたり10エレメントのパルスアレイ DACで処理する。30ファラッド×6個のスーパーキャパシターによる電源部を採用し、ヘッドフォン出力はアンバランス時で288mW(300Ω)、7.3W(8Ω)を実現。ローゲイン、ハイゲインの切り替えも可能。アップスケーラー「Hugo M Scaler」と接続できる、デュアルBNC入力も備えている。Bluetoothにも対応。コーデックはaptX。出力はXLRバランス×1、RCAアンバランス×1、6.3mmヘッドフォン出力×2、3.5mmヘッドフォン出力×1系統を用意。将来的なアップデートを見越して、デュアル BNC DXアウトプット×1も備えている。ステレオパワーアンプ「Etude」フラッグシップDAC「DAVE」のトランジェントやSN比、低歪みなどの特徴を100%スピーカーに伝えるため、設計概念を根本から見直したというステレオパワーアンプ。CDトランスポート「Blu MkII」との連携も想定されている。ステレオパワーアンプ「Etude」CHORDのパワーアンプ史上初となる「フィードフォワードテクノロジー」を搭載。ネガティブフィードバック(NFB/負帰還)が起こった事象の結果を受けてから補正を行なうのに対し、フィードフォワードは入力信号を監視して回路上に起こりうるエラーを予め予測。エラーの起こった信号に対して逆相で合成することで最終的に理想的な特性を獲得するというもの。Robert Cordell氏が開発した回路設計をベースに、片チャンネルあたり4つのネガティブフィードバックと2つのフィードフォワードを実装。超高速なスルーレートを実現した。新設計の電源部には、独自のスイッチング電源技術「SMPS」を使っている。出力は片チャンネルあたり150W(4Ω)。ブリッジ接続では300W(4Ω)。ブリッジ接続も可能で、モノラルパワーアンプとしても機能。ただし、BTL接続時にはオプションのスプリットケーブルが必要。航空機のブラックボックス技術に基づいたウルトラローノイズ冷却ファンを搭載する。筐体の素材はDAVEなどと同じアルミ削り出し。入力端子はRCAアンバランス×1、XLRバランス×1。出力はスピーカーターミナル×2系統。出力電力は150W(4Ω・ステレオ時)/300W(4Ω・ブリッジ時)。外形寸法は340×145×150mm(幅×奥行き×高さ)。アップスケーラー「Hugo M Scaler」Blu MkIIに初めて搭載され、DACシステムと組み合わせて100万タップのアップサンプリングを行なうフィルターアルゴリズム「M Scaler」を搭載。それでいて、シリーズ共通サイズの小型筐体を採用しているのが特徴。DACのDAVE、HugoTT2、Qutestとの組み合わせが可能。アップスケーラー「Hugo M Scaler」Blu MkIIでも使われているFPGA「Xilinx XC7A200T」を採用。入力はUSB×1、BNC×2、光デジタル×2を装備。出力はデュアルBNC出力が44.1kHz??768kHz。シングルBNC出力では44.1??192kHzとなる。出力サンプリングレートを変更でき、パススルー機能も搭載。筐体はアルミ削り出し。将来的な拡張機能としてボリューム機能も搭載。フィルター特性の変更も可能。リモコンも付属する。外形寸法は235×236×40.5mm(幅×奥行き×高さ)で、2.55kg。ACアダプターで動作する。関連リンク タイムロード Chord 関連記事CHORD、小型据え置きDACが進化「Hugo TT 2」。Hugo M scaler/TTobbyも2018年7月23日CHORDのアップスケーラー「Hugo M Scaler」11月30日発売。66万円2018年11月28日
Group site linksインプレスのビジネスWebThink ITWeb担当者Forumインプレス総合研究所IT LeadersFind-ITSmartGridフォーラムネットショップ担当者フォーラムImpress Business LibraryインプレスセミナーDIGITAL X(デジタルクロス)インプレスの本と雑誌DOS/V POWER REPORTデジタルカメラマガジンインプレスブックスimpress QuickBooksインプレスR&DNextPublishing著者向けPOD出版サービスインターネット白書ARCHIVESRittor Musicリットーミュージック雑誌Web楽器探そう!デジマート耳マンMdNMdN Design InteractiveMdNのデザイン求人情報山と溪谷社ヤマケイオンラインCLIMBING-netMtSN本サイトのご利用についてお問い合わせ編集部へのご連絡プライバシーについて会社概要インプレスグループ特定商取引法に基づく表示Copyright 〓2018Impress Corporation. All rights reserved.