4K超短焦点のLGレーザープロジェクタ、MQA対応の5カメラスマホ「V40」 - AV Watch
PC WatchImpress サイトImpress WatchINTERNET WatchPC Watchデジカメ WatchAKIBA PC Hotline!AV WatchGAME Watchケータイ Watchクラウド Watch窓の杜家電 WatchCar Watchトラベル Watch仮想通貨 WatchWatch VideoこどもとITドローンジャーナルパソコン工房mouseWatchASUSWatch上海問屋NETGEARAQUOSarrowsOLYMPUSWatch注目の一眼「α」GALLERIAWatchネタとぴシニアガイドできるネットGANREF全カテゴリテレビレコーダポータブルオーディオヘッドフォン映像配信BD放送業界動向スピーカー音楽配信スマートスピーカーデジカメプロジェクタPS4BDプレーヤー映像配信BD検索記事を探す閉じるAV Watch をフォローする Special Site 最新記事 ELAC、JETツイーター25周年の限定スピーカー「BS312 Jubilee」6月17日 18:54パナとソニーのTV用キャリブレソフト「CalMAN Home」、有機EL GZにも対応6月17日 18:19ZERO AUDIO、カーボンやジルコニア採用のハイレゾイヤフォン。M-DOCK着脱6月17日 17:48Yudios、17,800円のDSD 5.6MHz対応USB DAC。デジタル出力装備6月17日 16:00三菱ケミカル、Verbatimブランドの光ディスク事業などを台湾企業に売却6月17日 15:19 アクセスランキング1時間24時間1週間1カ月もっと見るもっと見るもっと見るもっと見る Impress Watchシリーズ 人気記事1時間24時間1週間1カ月もっと見るもっと見るもっと見るもっと見る おすすめ記事実は一番売れてるAVアンプは“薄い”。マランツ「NR1710」でTVもゲームも激変ソニー不在の「E3」。来場者減少でも“価値は存続”するゲームイベントAKの巨大ポータブルプレーヤー「KANN CUBE」でドゥダメルの映画音楽を聴く AV Watch製品プロジェクタ
ニュース4K超短焦点のLGレーザープロジェクタ、MQA対応の5カメラスマホ「V40」中林暁2019年1月11日 14:50LG Electronicsは、「CES 2019」のブースにおいて、超短焦点の小型4Kプロジェクター「HU85L」やMQA対応の新スマートフォン「LG V40」などの新製品を展示している。LGブース恒例の有機ELビデオウォール。55型を260枚使用して、流れる小川などをイメージした形状LGブースの注目は、開幕前プレスカンファレンスで披露された“巻き取れる有機ELテレビ”の「LG SIGNATURE OLED TV R」。テレビを観ない時には画面をスタンド部に巻き取って収納できるのが特徴。ブースでも多くの人が集まっている。また、今回のCESでトピックとなっている8Kテレビで有機ELと液晶の両方を出展しているのも特徴。88型で8K解像度の有機ELテレビ「Z9」や、液晶テレビ「NanoCell TV」などを'19年モデルとして発売。映像処理エンジンとして、第2世代となる「α9 Gen 2」プロセッサを搭載。AIにより、映像信号に合わせて明るさなどを自動調整できる。テレビ以外にも、2019年の発売が見込まれる多くの新製品が展示されている。巻き取れる4K有機EL「LG SIGNATURE OLED TV R」8K有機ELテレビ「Z9」8K液晶テレビ「NanoCell TV」レーザー光源の小型4KプロジェクタやGoogleアシスタント搭載サウンドバー4K/3,840×2,160ドットの投写が可能な第2世代のCineBeamプロジェクター「HU85L」を出展。レーザー光源を採用し、明るさは2,500ルーメン。壁から約2.1インチの距離から90型、7.1インチの距離から120型の投写が可能。HU85L昨年同社は縦型の持ち運べる4Kプロジェクター「UH80K」を発売して注目されたが、今回のモデルは据え置き型で、壁に寄せて設置できるモデル。レーザー光源ながら小型の筐体を特徴としている。投写例壁に寄せて大画面投写可能サウンドバー「SL9YG」は、4.1.2ch対応で、Dolby AtmosやDTS:Xをサポート。ラックなどに平置きするだけでなく、向きを変えて壁掛けスピーカーとしても利用可能。設置する向きに合わせて音質を自動調整する。サウンドバー「SL9YG」の平置き時壁掛け時にも適した音声に自動調整Googleアシスタントに対応し、声で操作可能。英Meridianが音質面で協力しているのも特徴。HDMIの4Kパススルーなどにも対応する。出力は総合500W。スマホV40はTIDALのMQAをaptX HDでワイヤレス伝送Android 8.1搭載スマートフォン「LG V40」は、6.4型の有機ELディスプレイを搭載。前後合わせて5つカメラを備え、画角の異なる撮影が簡単にできる。LG V40オーディオ面ではMeridianが協力。MQAデコーダを搭載し、ストリーミングのTIDALで受信した24bitの音声を、aptX HDの24bitで対応ヘッドフォンなどに高音質でワイヤレス伝送できる。DTS:Xのサラウンド再生も可能。TIDALのMQA音声をaptX HDで24bitのままワイヤレス伝送AV機器以外では、衣服をスチームウォッシュする「LG styler」の新モデル(右)も登場。従来モデル(左)は1回で3着まで対応しているが、新機種は5着に対応している全自動でビール造りができる「LG HomeBrew」は、IPAやペールエール、スタウトなどの好みのカートリッジをセットして簡単にクラフトビールが楽しめるという関連リンク LG CES(英文) 関連記事LG、画面を巻き取れる65型4K有機ELテレビ。'19年のテレビはAirPlay 2対応2019年1月8日
Group site linksインプレスのビジネスWebThink ITWeb担当者Forumインプレス総合研究所IT LeadersFind-ITドローンジャーナルSmartGridフォーラムネットショップ担当者フォーラムImpress Business LibraryインプレスセミナーDIGITAL X(デジタルクロス)インプレスの本と雑誌DOS/V POWER REPORTデジタルカメラマガジンインプレスブックスimpress QuickBooksインプレスR&DNextPublishing著者向けPOD出版サービスインターネット白書ARCHIVESRittor Musicリットーミュージック雑誌Web楽器探そう!デジマート耳マンMdNMdN Design InteractiveMdNのデザイン求人情報山と溪谷社ヤマケイオンラインCLIMBING-netMtSN本サイトのご利用についてお問い合わせ編集部へのご連絡プライバシーについて会社概要インプレスグループ特定商取引法に基づく表示Copyright 〓2018Impress Corporation. All rights reserved.