MIT、低コストなペロブスカイト太陽電池の変換効率改善の仕組みを明らかに - PC Watch
PC WatchImpress サイトImpress WatchINTERNET WatchPC Watchデジカメ WatchAKIBA PC Hotline!AV WatchGAME Watchケータイ Watchクラウド Watch窓の杜家電 WatchCar Watchトラベル Watch仮想通貨 WatchWatch VideoこどもとITドローンジャーナルパソコン工房mouseWatchASUSWatch上海問屋NETGEARAQUOSarrowsOLYMPUSWatch注目の一眼「α」GALLERIAWatchSTORM Hotline!ネタとぴシニアガイドできるネットGANREF全カテゴリ2in1モバイルノートタブレット液晶ディスプレイGPUCPUNUC/小型パソコンゲーミングパソコンゲーミングノートWindows 10Microsoft OfficeSSDキーボードマウス無線NAS自作PCパーツ検索記事を探す閉じるPC Watch をフォローする Special Site アクセスランキング1時間24時間1週間1カ月もっと見るもっと見るもっと見るもっと見る 最新記事 Googleフォトに写真内の文字をテキスト検索する機能8月23日 16:38ゲーム攻略企画「喪服は準備したか!?」第15回目放送ダイジェスト??Apex Legendsのソロモードをプレイ8月23日 16:36ECS、Apollo Lake搭載の手のひらサイズWindows 10 PC8月23日 14:45米HP、11月よりEnrique Lores氏が新CEOに就任8月23日 14:16ドスパラ、GeForce GTX 1650搭載で税別10万円を切る15.6型ゲーミングノート8月23日 13:58 Impress Watchシリーズ 人気記事1時間24時間1週間1カ月もっと見るもっと見るもっと見るもっと見る おすすめ記事【レビュー】昔を思い出しつつPasocomMini PC-8001でマシン語プログラミングしてみた【レビュー】ワコムの11万円液タブ「Cintiq 22」で漫画を描いてみたらすごくよかったXP以降、20年存在していたWindowsの脆弱性をGoogleが発見【レビュー】Ryzen PRO搭載でGPU性能が強い13.3型ノート「ThinkPad X395」【特集】出先でも電子書籍を快適に読める“6型超え”大画面スマホ4選 PC Watch市場技術その他
ニュースMIT、低コストなペロブスカイト太陽電池の変換効率改善の仕組みを明らかに中村 真司2019年2月8日 19:13ペロブスカイト(灰チタン石)による太陽電池 米マサチューセッツ工科大学(MIT)は2月7日(現地時間)、低コストで柔軟性と信頼性を備えた太陽電池材料のペロブスカイト(灰チタン石)において、特定の素材を組み合わせることでエネルギー変換効率を高められる、メカニズムの解明に成功したと発表した。 従来、太陽電池の素材にはシリコンが用いられ、1,400℃以上の高温で製造するような高価な装置が必要であることなどから、コスト面での問題がある。 一方、ペロブスカイトでは、低コストな装置を使い、100℃以下の溶液で製造可能。また、ペロブスカイトは、プラスチックといった柔軟性の高いさまざまな素材上で被膜化でき、厚みや堅さのあるシリコンウェハでは不可能だったさまざまな新しい使い方ができる。 ペロブスカイトは3部分からなる結晶構造となっており、それぞれの部分はさまざまな元素や化合物で構成できることから、かなり広範な構築を可能とする。研究者らは以前、ペロブスカイトに特定のアルカリ金属を混合することで、太陽エネルギーの電気変換効率が約19??22%改善することを発見したが、当時はその理由を説明できなかった。 今回、素材の詳細マッピングに高解像度のシンクロトロン蛍光X線分析を利用することで、ちょうど髪の毛1本の幅の1,000分の1のビームで計測できるようになり、変換効率が改善されるメカニズムが解明可能となった。 解析によれば、セシウムやルビジウムといったアルカリ金属を添加することで混合物の均質化を助け、さらにエネルギー変換効率が高められることがわかった。また、特定の濃度を超えて添加した場合、金属が凝集してしまい、導電性を妨げしまうということが発見された。そのため、最高性能を引き出すためにはスイートスポットを見つける必要があることもわかった。 前述のとおり、シリコンよりもコストに優れるペロブスカイトだが、現状では変換効率や寿命の面でシリコンに劣っており、さらなる改善が必要とのこと。ただし、異なる金属を与えた場合のペロブスカイトの構造変化や性能の変化は解明が進んでおり、理論的には最大で31%の変換効率を達成できるため、現時点での23%からかなり改善の余地があるとしている。 最高性能を引き出すには数年以上を要するが、すでに2社がペロブスカイトを使った生産ラインを作っており、来年以降には最初のモジュールは販売開始予定という。これらの新モジュールのいくつかは、小さく透明で色鮮やかな太陽電池となっており、建物の正面部分に組み込めるようにデザインされている。 ひとたび、大規模な製造、変換効率、耐久性といった問題が解決されれば、ペロブスカイトは再生エネルギー産業における主役になり得、これまでよりもはるかに早く太陽光発電を広められるだろうとしている。関連リンク マサチューセッツ工科大学のホームページ(英文) ニュースリリース(英文) 関連記事阪大、高性能で低毒な太陽電池素材を開発2018年9月7日アイロンで衣服に接着できる超薄型有機太陽電池2018年4月17日阪大、高性能なアモルファス性の太陽電池材料を開発2018年1月24日MIT、太陽電池の素材開発を20年から2年に縮めるシステムを開発2019年6月7日
Group site linksインプレスのビジネスWebThink ITWeb担当者Forumインプレス総合研究所IT LeadersFind-ITドローンジャーナルSmartGridフォーラムネットショップ担当者フォーラムImpress Business LibraryインプレスセミナーDIGITAL X(デジタルクロス)インプレスの本と雑誌DOS/V POWER REPORTデジタルカメラマガジンインプレスブックスimpress QuickBooksインプレスR&DNextPublishing著者向けPOD出版サービスインターネット白書ARCHIVESRittor Musicリットーミュージック雑誌Web楽器探そう!デジマート耳マンMdNMdN Design InteractiveMdNのデザイン求人情報山と溪谷社ヤマケイオンラインCLIMBING-netMtSN本サイトのご利用についてお問い合わせ編集部へのご連絡プライバシーについて会社概要インプレスグループ特定商取引法に基づく表示Copyright 〓2018Impress Corporation. All rights reserved.