FaceTimeバグが落とすAppleブランドへの影--Appleニュース一気読み - CNET Japan
News
製品・サービス
企業・業界
社会
オフトピック
解説
リリース
イベント
過去記事
Marketers'
特集
オピニオン
インタビュー
CNET Japan Blog
CNETどっち?
アプリ
ビジネスアプリセンター iOS
ビジネスアプリセンター Android
デジタル製品
モバイル
PC
AV
デジカメ
アップル
エンターテインメント
CNET_ID
CNET_ID ログイン
CNET_ID
新規登録
CNET_ID Myページ
ログアウト
Japan Edition
United States
Australia
China
France
Germany
Japan
Korea
CNET en Espa〓ol
CNET ID
ログイン
新規登録
Myページ
ログアウト
search
menu
News
特集
オピニオン
アプリ
デジタル製品
編集部おすすめ
category
AI
IoT
5G
不動産
教育
金融
ワークスタイル
フード
ヘルスケア
モビリティ
シェアリングエコノミー
marketers
share
facebook
Twitter
RSS
CNET Japan
>
デジタル製品特集
>
松村太郎のAppleニュース一気読み
FaceTimeバグが落とすAppleブランドへの影--Appleニュース一気読み
松村太郎2019年02月09日 09時00分
Tweet
印刷
メール
テキスト
HTML
電子書籍
PDF
保存
テキスト
電子書籍
PDF
クリップ
 1月28日??2月3日のAppleに関連するCNET Japanのニュースをまとめた「今週のAppleニュース一気読み」。
 AppleのFaceTimeは、これまで、コンシューマ向けに提供されている最もセキュリティに安心できるビデオ・音声通話の手段とされていた。電話番号でそのまま利用でき、自分と相手との間で暗号化される仕組み。Appleですら、その内容を知ることはできないという。
提供:James Martin/CNET
 米国ではiMessageとともに、利用のハードルの低さと余計なアカウントを作らなくて良い点から、人気のあるコミュニケーション手段となっていた。
 2018年リリースのiOS 12で、グループFaceTimeに対応し、最大32人までのビデオ通話に対応した。会社のチームの会議の大半はこれでカバーできるし、オンラインゲームの仲間とのチャットにも利用できる。
 しかし、この機能にバグが存在していることが明らかとなった。iPhoneユーザーがグループFaceTimeを開始する際、通話を受信した人の音声が通話に聞こえてしまうという。さらに、着信拒否をしてもカメラのビデオが送信されてしまう。
 つまり、FaceTime着信にでなくても、自分の顔と声が相手もしくはグループに流れてしまう状態だった。悪意のある人の側からみれば、iPhone、iPadなどのFaceTime対応端末を使えば、その相手の盗聴を簡単に可能にするということだ。セキュリティをブランドにまでしてきたAppleにとっては、致命的なバグと言える。
 しかしその重大さを分かっていなかったかもしれない。このバグが明らかになったのは米国時間1月28日のことだが、実はアリゾナ州に住む14歳の少年がこのバグを発見し、母親を通じてAppleに報告と警告を発していたという。しかし、Appleは開発者でなければバグ報告できないと、バグの対策に乗り出す気配はなかったそうだ。
 なお後日、この少年は、バグ報告の報奨金を得られることになった。
アップル「FaceTime」、通話相手が応答前に音声が聞こえる恐れのあるバグ(1/29)
アップル「FaceTime」のバグ、少年が1週間以上前に発見していた(1/30)
アップル、「FaceTime」のバグをめぐり弁護士から訴えられる(1/31)
Facebook、Googleの社内アプリを排除する事態に
 AppleはFacebookやGoogleが社内アプリとして配布してきたアプリについて、重大な規約違反があったとして、これらの企業に対する社内アプリ配布の権限を剥奪した。
 もともとiOS向けアプリでは、企業が社内向けにアプリを開発して業務に利用できるようにする『Enterprise Developer Program』が備わっていた。App Storeに公開せずにアプリを利用できる点で、企業のiPhone・iPad活用で重要な機能だった。
 しかしFacebookやGoogleは、この仕組みを使って、社外のユーザーに対して紹介料を支払いながら、ユーザーのデータを提供してもらう活動を「リサーチ」として行ってきた。つまり、App Storeでは審査を通過し得ない、ユーザーデータの収集を目的としたアプリを、社内向けアプリ配布の仕組みを使って配布してきた。
アップル、社内向けアプリの配布プログラムからFacebookをブロック(1/31)
グーグルの「Screenwise Meter」アプリもアップルのポリシーに違反か(1/31)
サブスクリプションサービス強化
 Appleはサービス部門を順調に成長させているが、2019年は更にその伸びを加速させるための施策を次々に打ち出してくると考えられる。そのなかで重要なのが、サブスクリプションサービスだ。
 AppleはすでにApple Music、iCloud追加容量、iTunes Matchといったサブスクリプションサービスを提供しているが、さらに2019年は雑誌、そしてオリジナル映像コンテンツのサブスクリプションサービスを打ち出し、サービス部門成長の起爆剤にしていきたいと考えている。
 そうした中で、新たなサブスクリプション候補として、ゲームの計画が報じられた。毎月一定額を支払うことで、有料もしくは月額制のゲームがプレイできるようになるサービスとみられている。
KDDI、「Apple Music」を半年間無料に--国内キャリアで初めて(1/29)
アップル、ゲームのサブスクリプションサービスを計画か(1/29)
その他
Apple、新しいToday at Appleセッションをスタート(1/30)
次期「iPhone」、USB-Cポートや3つの背面カメラを搭載か(1/31)
アップル従業員、自動運転車の企業秘密窃盗で起訴--2018年に続き2人目(1/31)
CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)
メールマガジン購読のお申し込み
あなたにおすすめの記事
ネスカフェ睡眠カフェ常設店舗が開設--コーヒーを飲んで良質な仮眠や睡眠を提供
「ストリートビュー」が捉えたクレイジーすぎる光景38連発
構想3年開発2年--新機構の2 in 1、写真で見る「VAIO A 12」「VAIO Pro PA」
アップル、「iOS 12.1.4」リリース--グループFaceTimeのバグ修正
2019年02月08日 08時26分
どこか奇妙な「アップル・リテール責任者の退任発表」について調べてみた
2019年02月08日 07時30分
アップル、ガラス素材で一体成形するキーボードを特許出願--クリック感も得られる
2019年02月07日 18時23分
Ziddyちゃんの「私を社食に連れてって」:日本CAの懇親会&お誕生会でニューヨーカー気分編
2018年07月31日 11時45分
これはヒドイ--技術サポートが見た恐怖の光景28選
2017年11月23日 08時00分
タグ
松村太郎のAppleニュース一気読み
Apple
Apple
アップル
FaceTime
iOS
App Store
iCloud
-PR-企画特集
明日をつくる働き方がもたらすもの
働き方改革の目的は「生産性向上」。未来を切り開くためのカギは「デジタル導入」を
活気ある社内環境&働きがいの創出
ネオジャパン解説--自然に使えるツールITを駆使した「4要素のうまい管理」とは?
AIで訪日旅行者のCXを実現
利用者に最大の価値を提供し続ける「永遠の未完成」アプリ誕生までの道のり
成功事例:安全性と利便性の両立
「ネットワーク分離」で安全性を保ったまま機密データへ快適なアクセスを!
あなたにおすすめのホワイトペーパー
AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
ウイルス対策ソフトはもはや必要か否か
徐々に広がりを見せる“5G”ビジネス
今注目の人気プログラミング言語
自社の働き方改革の取り組みに効果を感じている企業は「2割」の衝撃!調査から明らかになった課題とは
「顧客の今」がなぜビジネスに貢献するのか - HBR調査で見る「リアルタイムアナリティクス」の効果
人気キーワード
経営
セキュリティ
クラウドコンピューティング
モバイル
ビジネスアプリケーション
マーケティング
デジタル製品主要記事
任天堂、「マリオカート ツアー」のクローズドベータテストを開催へ--Android端末限定
セガ、Nintendo Switch向け「SEGA AGES バーチャレーシング」の配信を開始
フィットネスアプリ「Google Fit」、iOS版が登場
「iPad」でのマウス利用、次期「iOS」で対応との情報
ソニー、重低音再生「EXTRA BASS」シリーズの新スピーカー--臨場感再現する「ライブサウンド」も
18歳男性がアップルを提訴--顔認証で誤認逮捕と主張、1120億円の賠償求める
もっと見る
ZDNet Japan 注目ヘッドライン
何が起きたのか、日本IBM社長交代の舞台裏
日本IBMが社長交代、専務の山口氏が昇格
2019年にわざわざ学ばなくてもいいプログラミング言語--Codementorがランキング発表
2019年の「攻めのIT経営銘柄」と「IT経営注目企業」が発表--最優秀はANA
データと経営を読み解く---データドリブン時代の業務プロセスを進化させる、オールフラッシュ世代のストレージ
編集部おすすめの記事
アマゾン、プライム年会費を初の1000円値上げ--担当者が理由を明かす
「ルンバ」を泥棒と間違えて通報--警察が出動する事態に
総務省、「5G」の周波数帯を楽天など携帯4社に割り当て
「人口の減は収入の減」--オムロンと舞鶴市、地方都市の課題解決で連携協定締結
セキュリティとAI進化の両立なるか?--Appleニュース一気読み
ロボット活用のマイクロフルフィルメントセンターで高速配送目指す--CommonSense Robotics
TikTokで炎上が増加中--自分から「#炎上したい」若者も
Wi-Fiセキュリティ新規格「WPA3」に影響を及ぼす脆弱性群「Dragonblood」
ソニーに“新規事業を起こす”文化が根付いたその仕組みと想い--小田島氏
広まる「ディープフェイク」の脅威--虚実の分からない世界が到来する
シャープ、折りたたみ式有機ELや8Kビデオカメラを披露--約50の最新技術一堂に
柏の葉が街全体でAI、IoTなどの実証実験を受け入れ--課題解決型街づくりへ
本日の主要記事
ソフトバンクとグーグル兄弟会社が提携--成層圏の“空飛ぶ基地局“を実用化へ
投資初心者にも資産運用の第一歩を--LINEスマート投資で積み立て「ワンコイン投資」開始
タクシー配車「DiDi」が東京でもサービス開始--2019年度内に全国展開へ
個人遺伝情報の提供でポイント付与--遺伝子検査のジェネシスヘルスケア、新サービス
任天堂、廉価版「Switch」を6月にも発売か
CNET Japan(Facebook窓)
The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc., San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News.com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright (c) CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News.com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.
個人情報保護方針 | 利用規約 | 訂正 | 運営会社 | 広告について
ニュース
製品・サービス
企業・業界
社会
オフトピック
トピック
解説
リリース
イベント
過去記事
Marketers'
特集
インタビュー
オピニオン
CNET Japanブログ
CNETどっち?
ビジネスアプリセンター(Android)
ビジネスアプリセンター(iOS)
タグ
検索
デジタル製品
モバイル
PC
AV
デジタルカメラ
アップル
エンターテインメント
CNET_ID
新規登録
ニューズレター
RSSフィード
Twitter
Facebook
サイトマップ
朝日インタラクティブ
ZDNet Japan
builder by ZDNet Japan
TechRepublic Japan
Tetsudo.com
当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。
Copyright (c) 2019 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication
without written permission.
The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc., San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News.com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright (c) CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News.com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.
個人情報保護方針
利用規約
訂正
運営会社
広告について
当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。
Copyright (c) 2019 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。
これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]