LG、新4Kチューナ搭載で約11万円からの液晶4K TV。5シリーズ10モデル - AV Watch
PC WatchImpress サイトImpress WatchINTERNET WatchPC Watchデジカメ WatchAKIBA PC Hotline!AV WatchGAME Watchケータイ Watchクラウド Watch窓の杜家電 WatchCar Watchトラベル Watch仮想通貨 WatchWatch VideoこどもとITドローンジャーナルパソコン工房mouseWatchASUSWatch上海問屋NETGEARAQUOSarrowsOLYMPUSWatch注目の一眼「α」GALLERIAWatchSTORM Hotline!ネタとぴシニアガイドできるネットGANREF全カテゴリテレビレコーダポータブルオーディオヘッドフォン映像配信BD放送業界動向スピーカー音楽配信スマートスピーカーデジカメプロジェクタPS4BDプレーヤー映像配信BD検索記事を探す閉じるAV Watch をフォローする Special Site 最新記事 100W出力の小型モニタースピーカー「iLoud MTM」。バランス入力&自動音場補正7月18日 18:00aibo、カメラマンになる。“おまわりさん”は一緒に家中パトロール7月18日 17:00Netflixの有料会員数が全世界1億5,100万人突破。増加数は全地域で予想以下7月18日 16:30ももクロ仕様のソニーヘッドフォン。フェス向け折りたたみイス付き7月18日 15:52FX-AUDIO-、約3,500円のポータブルヘッドフォンアンプ。左右独立オペアンプ7月18日 15:41 アクセスランキング1時間24時間1週間1カ月もっと見るもっと見るもっと見るもっと見る Impress Watchシリーズ 人気記事1時間24時間1週間1カ月もっと見るもっと見るもっと見るもっと見る おすすめ記事ソニー“厚木”の血が入ったスマホ「Xperia 1」はいかに生まれたか【後編】コスパの高さがヤバイ、5万円台で圧巻の音質&高機能。FiiO次世代プレーヤー「M11」耳をふさがないイヤフォンの決定版! ソニー「SBH82D」で音楽&ラジオを自由に AV Watch製品テレビLG
ニュースLG、新4Kチューナ搭載で約11万円からの液晶4K TV。5シリーズ10モデル山崎健太郎2019年4月16日 13:10 LGエレクトロニクス・ジャパンは、新4K衛星放送対応チューナーを搭載した4K液晶テレビ、5シリーズ10モデルを4月25日に発売する。SM9000P、SM8600P、SM8100P、UM7500P、UM7100Pシリーズを用意。価格はいずれもオープンプライスで、店頭予想価格は11万円前後??43万円前後。 SM9000Pシリーズの65型「65SM9000PJB」【SM9000P】65型「65SM9000PJB」30万円前後55型「55SM9000PJB」22万円前後【SM8600P】75型「75SM8600PJB」43万円前後【SM8100P】65型「65SM8100PJB」23万円前後55型「55SM8100PJB」18万円前後49型「49SM8100PJB」15万円前後【UM7500P】65型「65UM7500PJA」21万円前後55型「55UM7500PJA」16万円前後43型「43UM7500PJA」11万円前後【UM7100P】49型「49UM7100PJA」13万円前後 全モデルに4K放送チューナーを1基搭載する。また、地上/BS/110度CSデジタルチューナーは各2基搭載し、USB HDDを接続する事で裏番組録画が可能。2番組同時録画はできない。 いずれのモデルもパネル解像度は3,840×2,160ドット。上位モデルのSM9000P、SM8600P、SM8100Pの3シリーズは、約1ナノメートルの細かく均一な粒子を用いて、色ノイズの原因となる過剰な光波長を吸収する「Nano Cell Display」仕様で、クリアで鮮明な表示ができるという「NanoColor」技術を搭載。この3シリーズは「Nano Cell TV AI ThinQ」と名付けられている。下位モデルのUM7500P、UM7100Pシリーズは「UHD TV AI ThinQ」。 全モデルの映像エンジンは、有機ELモデルにも搭載されている「α7 Gen2 Intelligent Processor」。フレーム単位のきめ細やかさで色合いを調整。最適な部分調光で輝度を制御し、映像のディテールまで描き抜くという。 α7 Gen2 Intelligent Processor 見るコンテンツに合わせ、最適な画像処理をするという「AI映像」、音質を調整する「AIサラウンド」も搭載。操作面では、独自のAIプラットフォーム「ThinQ AI」を使っており、これがさらに進化。「30分後にテレビを消して」など、自然な会話感覚で音声操作ができるという。Googleアシスタントに対応するほか、今後、AmazonのAlexaにも対応する予定。 SM9000Pシリーズ 直下型のLEDバックライトを採用。独自の制御技術により、細かな光の部分制御を可能にした「NanoBlack」技術で、光と闇のディテールを緻密に再現できるとする。 IPSパネルを採用しており、Nano Cell Displayにより、斜めから見た時の色再現性も向上。端から60度のアングルでも、正確に色を再現できるとする。 色彩情報の処理能力を飛躍的に向上させるという「True Color Accuracy」技術を導入。映像の正しい色を正確に読み取り、本来の輝きや深みを表現できるという。新4K8K衛星放送で採用されている、色域規格BT.2020にも対応する。10bitパネルを採用し、10億色以上の色を表示可能。 映像への没入感を追求するため、ベゼルの細さにもこだわっており、フレーム幅約4.8mmを実現。映像以外を徹底的に排除したデザインだという。 映像エンジンは「α7 Gen2 Intelligent Processor」。高精度な色の再現と同時に、フレーム単位のきめ細やかさで色合いを調整。最適な部分調光で輝度を制御し、映像のディテールまで描き抜くという。 新モデルではAI対応のエンジンに進化しており、見ているコンテンツに応じた画像処理・音質調整の方法を見つけて最適化するという。 繊細な部分調光で輝度、コントラストを最適化し、つぶれがちな微妙な色合いも表示できるという「Luminous Optimizer for Local Dimming II」や、ダイナミックレンジを拡張し、豊かな階調と幅広い明暗差を表現する「HDR Dynamic Tone Mapping」も搭載する。 4K/120pでの表示が可能で、スポーツなど、激しい動きの映像もなめらかに表示できる。 手前の人物や物体と、奥に広がる背景を分離し、互いの色彩の違いに配慮しながら、それぞれを最適なコントラストに調整する機能も備えている。 HDRは、Dolby Vision、Advanced HDR by technicolor、HDR10、HLGに対応。HDR効果モードを採用し、SDR映像にHDR効果を付与することもできる。音声はDolby Atmosもサポートする。 HDMI入力は4系統。HDMI 2.1に対応。コンポーネント/ビデオ入力×1、光デジタル音声出力×1、ヘッドフォン出力×1も装備。LAN端子やWi-Fiも内蔵する。標準リモコンに加え、マジックリモコンも同梱。 スタンドを含めた外形寸法(幅×奥行き×高さ)、重量は65型が145.5×32.4×90.6cm、28.1kg。55型が123.2×26.3×78.1cmで、19.1kg。消費電力と年間消費電力量は、65型が220W、147kWh/年、55型が175W、123kWh/年。 SM8600P 75型「75SM8600PJB」をラインナップ。パネル解像度は3,840×2,160ドット。IPSで、エッジ型のLEDバックライトを採用。SM9000Pシリーズと同様に、「Nano Cell Display」となっており、クリアで鮮明な表示ができる「NanoColor」仕様。 SM8600Pシリーズ エッジ型LEDバックライトでも、ライン状の光をコントロールし、明暗を表現している。「True Color Accuracy」技術や、色域規格BT.2020への対応、10bitパネルを採用した10億色以上の色表示もサポートする。 映像への没入感を追求するため、ベゼルの細さにもこだわっており、フレーム幅約4.8mmを実現。映像以外を徹底的に排除したデザインだという。 映像エンジンは「α7 Gen2 Intelligent Processor」。新モデルではAI対応のエンジンに進化し、見ているコンテンツに応じた画像処理・音質調整の方法を見つけて最適化するという。繊細な部分調光で輝度、コントラストを最適化し、つぶれがちな微妙な色合いも表示できる「Luminous Optimizer for Local Dimming II」も備えている。 4K/120pでの表示が可能で、スポーツなど、激しい動きの映像もなめらかに表示できる。 HDRは、Dolby Vision、Advanced HDR by technicolor、HDR10、HLGに対応。HDR効果モードも用意。音声はDolby Atmosもサポートする。 主な入出力端子は上位機と同じ。標準リモコンに加え、マジックリモコンも同梱する。 スタンドを含めた外形寸法(幅×奥行き×高さ)、重量は75型が168.3×37×104.3cm、41.6kg。消費電力と年間消費電力量は、220W、171kWh/年。 SM8100P 65型「65SM8100PJB」、55型「55SM8100PJB」、49型「49SM8100PJB」を用意。パネル解像度は3,840×2,160ドットでIPS。エッジ型のLEDバックライトを採用。SM9000Pシリーズと同様に、「Nano Cell Display」となっており、クリアで鮮明な表示ができる「NanoColor」仕様。 SM8100Pシリーズ エッジ型LEDバックライトでも、ライン状の光をコントロールし、明暗を表現している。「True Color Accuracy」技術や、色域規格BT.2020への対応、10bitパネルを採用した10億色以上の色表示もサポートする。 映像エンジンは「α7 Gen2 Intelligent Processor」。新モデルではAI対応のエンジンに進化し、見ているコンテンツに応じた画像処理・音質調整の方法を見つけて最適化するという。「Luminous Optimizer for Local Dimming II」も備えている。 4K/120p表示には非対応で、4K/60pとなる。HDRは、Dolby Vision、Advanced HDR by technicolorには非対応。独自のActive HDRを搭載し、HDR10、HLGに対応する。HDR効果モードも用意。音声はDolby Atmosもサポートする。 主な入出力端子は上位機と同じ。HDMIは2.0に対応。標準リモコンに加え、マジックリモコンも同梱する。LAN端子やWi-Fiも搭載。 スタンドを含めた外形寸法(幅×奥行き×高さ)、重量は65型が145.1×32.4×91cm、25.8kg。55型が123.2×26.3×78.6cmで、18.7kg。49型が109.6×26.3×71cmで、15.5kg。消費電力と年間消費電力量は、65型が190W、162kWh/年。55型が155W、132kWh/年。49型が135W、125kWh/年。 UM7500P、UM7100P UM7500Pシリーズは、65型「65UM7500PJA」、55型「55UM7500PJA」、43型「43UM7500PJA」をラインナップ。UM7100Pシリーズは49型「49UM7100PJA」のみ。 UM7500PシリーズUM7100Pシリーズの49型「49UM7100PJA」 バックライトは直下型LED。パネルは4K/120p表示には非対応で、4K/60pとなる。HDRの対応も、前述のSM8100Pと同じ。HDR効果モードも用意。音声はDolby Atmosもサポートする。 HDRは、Dolby Vision、Advanced HDR by technicolorには非対応。独自のActive HDRを搭載し、HDR10、HLGに対応する。HDR効果モードも用意。音声はDolby Atmosもサポートする。 主な入出力端子は上位機と同じだが、UM7100Pのみ、HDMI入力は3系統。UM7500PはHDMI入力4系統。HDMIのバージョンは2.0。 標準リモコンが付属するが、マジックリモコンは別売となる。LAN端子やWi-Fiも搭載。 スタンドを含めた外形寸法(幅×奥行き×高さ)、重量はUM7500Pの65型が145.3×26.9×90.5cm、23.3kg。55型が123.4×23.1×77.6cmで、16.2kg。43型が97.5×21.6×62.5cmで、9.1kg。UM7100Pの49型は、110.8×23.5×70.5cmで、11kg。 消費電力と年間消費電力量は、UM7500Pの65型が195W、141kWh/年。55型が160W、116kWh/年。43型が110W、112kWh/年。UM7100Pの49型は、120W、102kWh/年。 関連リンク LGエレクトロニクス 関連記事LGの2018年テレビは、映像エンジン「α9」や音声AI「ThinQ」搭載2018年1月3日LG、有機EL専用「α9」搭載の“選べる”有機ELテレビ。4K+AI+Dolby Atmos2018年4月12日2018年のLGはAIテレビに注力。新プロセッサ「α9」で高画質化される有機ELテレビ2018年1月9日LG、直下型バックライトやThinQAI対応の液晶テレビ最上位「SK8500P」2018年4月12日LG、AI統合の4Kチューナ搭載有機ELテレビ。新「α9」エンジンで最適画質&音質2019年4月16日LGテレビがAmazon Alexa対応。マジックリモコンで呼び出し2019年6月26日
Group site linksインプレスのビジネスWebThink ITWeb担当者Forumインプレス総合研究所IT LeadersFind-ITドローンジャーナルSmartGridフォーラムネットショップ担当者フォーラムImpress Business LibraryインプレスセミナーDIGITAL X(デジタルクロス)インプレスの本と雑誌DOS/V POWER REPORTデジタルカメラマガジンインプレスブックスimpress QuickBooksインプレスR&DNextPublishing著者向けPOD出版サービスインターネット白書ARCHIVESRittor Musicリットーミュージック雑誌Web楽器探そう!デジマート耳マンMdNMdN Design InteractiveMdNのデザイン求人情報山と溪谷社ヤマケイオンラインCLIMBING-netMtSN本サイトのご利用についてお問い合わせ編集部へのご連絡プライバシーについて会社概要インプレスグループ特定商取引法に基づく表示Copyright 〓2018Impress Corporation. All rights reserved.