DJI、折り畳めるようになったスマホ用スタビライザー「OSMO MOBILE 3」 - デジカメ Watch PC WatchImpress サイトImpress WatchINTERNET WatchPC Watchデジカメ WatchAKIBA PC Hotline!AV WatchGAME Watchケータイ Watchクラウド Watch窓の杜家電 WatchCar Watchトラベル Watch仮想通貨 WatchWatch VideoこどもとITドローンジャーナル中古PC Hotline!OLYMPUSWatch注目の一眼「α」パソコン工房mouseWatchASUSWatch上海問屋NETGEARAQUOSarrowsGALLERIAWatchSTORMパソコンネタとぴシニアガイドできるネットGANREF全カテゴリミラーレス一眼レフ交換レンズレンズ一体型(コンパクト)レンジファインダープリンター三脚/一脚/雲台ストロボカメラバッグストラップマウントアダプターPCモニタースマホメディア/リーダーfor PRO検索記事を探す閉じる Special Site アクセスランキング1時間24時間1週間1カ月もっと見るもっと見るもっと見るもっと見る 最新記事 写真展告知眞鍋久徳写真展:「Dear Deer」Incarnation of God living in Nara12月9日 07:00ニュースニッシンジャパン、「MG80 Pro」ニコン用を12月13日発売電波式ワイヤレス対応 クリップオンタイプの"マシンガンストロボ"12月6日 17:44ニュースソニーのタフ仕様SDXCカードに、最大容量の256GBタイプUHS-II対応 物理的に壊れづらい一体成型12月6日 17:24ニュースシグマArtレンズ「40mm F1.4」「105mm F1.4」のLマウント版が発売日決定35mmフルサイズ対応 最適化した制御アルゴリズムを搭載12月6日 16:51ニュースマルミ、富士フイルム「XF8-16mmF2.8」用のマグネット角形ホルダー光害カットフィルターにM100ホルダー対応版を追加12月6日 13:57 Impress Watchシリーズ 人気記事1時間24時間1週間1カ月もっと見るもっと見るもっと見るもっと見る おすすめ記事品質への徹底したコダワリを貫く三脚メーカー「SIRUI」本社工場への訪問で見えてきた精度と価格バランス実現の秘密とはソニーα9 IIの実力をスポーツ写真家がチェックAF性能の安定感UP α9との違いは?岡嶋和幸×APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-mount超高性能レンズで集める、銀座の質感心に響いてくる美しさの核を切りとる…高橋智裕さん手間暇とストーリーが詰まったカメラManfrotto MA2ファストバックパック使い勝手の良いコンパクトサイズのカメラバックパック デジカメ Watchカメラレンズ一体型(コンパクト)カメラ
ニュースDJI、折り畳めるようになったスマホ用スタビライザー「OSMO MOBILE 3」405gに軽量化 被写体追尾も強力に関根慎一2019年8月13日 22:30 DJI JAPAN株式会社は、スマートフォン用スタビライザー「OSMO MOBILE 3」を発表した。より軽量になり、持ち運びやすさを考慮して折り畳み機構も採用した。 8月13日に予約販売を開始。8月14日からは全国のアップルストア実店舗で販売する。アップルストア実店舗以外での販売は8月19日から。 標準的な付属品のみを含んだ通常版のほかグリップ式三脚とキャリーケースをセットにした「OSMO MOBILE 3コンボ」も用意しており、希望小売価格は通常版が1万3,500円、コンボが1万5,660円(いずれも税込み)。 スマートフォンで写真や動画を撮影する際に画面を安定させる3軸ジンバルのスタビライザー。2018年2月に発売した前機種「OSMO MOBILE 2」の後継機種にあたり、ジンバル部分が折り畳めるようになったほか、軽量化も施している。 撮影時には専用アプリ「DJI MIMO」を用いることで、ボタンやトリガーの押し方により片手で異なる操作が行える。例えば1回押しでメニューを呼び出せる「Mボタン」は、2回続けて押すことでスマートフォンの縦横位置を自動で切り替える「クイックロール」が動作するほか、3回押すとスマートフォンとのBluetooth接続を維持したままジンバルのモーターだけがOFFになる「スタンバイモード」が有効になるといった具合。なお背面にあるトリガーでは、端末の再センタリングやジンバルロックなどが行なえる。 また、被写体を追従して合焦する「Active Track」がバージョンアップ。被写体自身がジェスチャー(Vサインなど)すると追従を開始し、セルフシャッターのカウントダウンを開始するほか、端末画面で直接被写体をタップしたり、トリガー操作を行なうことで、追従を開始できる。 さらに、トリガーを押している間だけ追従速度を高速化する「スポーツモード」も新搭載。スポーツの試合や動物など、素早く動く被写体を追う際の利便性を向上した。 DJI MIMOではこのほか、動画の簡易編集やパノラマ合成、タイムラプス撮影、スローモーション撮影などの機能が利用できる。 ジンバルの可動範囲は水平方向(パン)が-162.5〜170.3度、垂直方向(チルト)が-104.5〜235.7度、回転(ロール)が-85.1〜252.2度。本体重量は405gで前機種の485gから80gの軽量化を施した。 外形寸法は展開時が285×125×103mm、折りたたみ時が157×130×46mm。 装着可能なスマートフォンの外形寸法は、対角180mm以下、幅62〜88mm、厚さ9.5mm以下。重量は170〜230gまで。 電源容量は2,450mAhで最大駆動時間は約15時間。充電用にUSB Type-Cポートを備える。満充電までにかかる時間は約2時間30分。通信規格はBluetooth Low Energy 5.0。 OSMO MOBILE 3 コンボに含まれるグリップ三脚を装着したところ。ジンバル部分を折り畳めるようになった。OSMO MOBILE 3 コンボのセット内容。Active Trackを有効にしたところ。クイックメニューを表示したところ。使用例(DJI提供)。【国内正規品】DJI Osmo Mobile 3関根慎一関連リンク DJI 関連記事レビュー・使いこなし特別企画いよいよ大型連休!家族の思い出を動画に残そう2019年4月26日ニュースDJI、防塵・耐衝撃・防??ボディの「Osmo Action」2019年5月16日ニュースOsmo Pocketの画角を広げるワイドコンバージョンレンズ2019年4月18日レビュー・使いこなし新製品レビューDJI Osmo Pocket2019年1月10日
Group site linksインプレスのビジネスWebThink ITWeb担当者Forumインプレス総合研究所IT LeadersFind-ITドローンジャーナルSmartGridフォーラムネットショップ担当者フォーラムImpress Business LibraryインプレスセミナーDIGITAL X(デジタルクロス)インプレスの本と雑誌DOS/V POWER REPORTデジタルカメラマガジンインプレスブックスimpress QuickBooksインプレスR&DNextPublishing著者向けPOD出版サービスインターネット白書ARCHIVESRittor Musicリットーミュージック雑誌Web楽器探そう!デジマート耳マンMdNMdN Design InteractiveMdNのデザイン求人情報山と溪谷社ヤマケイオンラインCLIMBING-netMtSN本サイトのご利用についてお問い合わせ編集部へのご連絡プライバシーについて会社概要インプレスグループ特定商取引法に基づく表示Copyright 〓2018Impress Corporation. All rights reserved.