フェーズワン、シフトとレボルビング機構を内蔵した「XTカメラシステム」 - デジカメ Watch
PC WatchImpress サイトImpress WatchINTERNET WatchPC Watchデジカメ WatchAKIBA PC Hotline!AV WatchGAME Watchケータイ Watchクラウド Watch窓の杜家電 WatchCar Watchトラベル Watch仮想通貨 WatchWatch VideoこどもとITドローンジャーナルOLYMPUSWatch注目の一眼「α」パソコン工房mouseWatchASUSWatch上海問屋NETGEARAQUOSarrowsGALLERIAWatchSTORM Hotline!ネタとぴシニアガイドできるネットGANREF全カテゴリミラーレス一眼レフ交換レンズレンズ一体型(コンパクト)レンジファインダープリンター三脚/一脚/雲台ストロボカメラバッグストラップマウントアダプターPCモニタースマホメディア/リーダーfor PRO検索記事を探す閉じる Special Site アクセスランキング1時間24時間1週間1カ月もっと見るもっと見るもっと見るもっと見る 最新記事 ニュースケルンメッセ、「フォトキナ2020」の出展取りやめ企業に言及9月18日 19:58ニュースProfoto、スマホ用LEDライティングツールに参入上位モデルはカメラでの利用も想定9月18日 18:01ニュースニッシンジャパン「i40」が値下げバウンス発光対応・単3電池4本駆動の小型ストロボ9月18日 15:49ニュースLeofoto、静止画・動画のどちらにも対応したシステム三脚75mm径のハーフボールに対応 大型機材の運用にも9月18日 12:49ニュースK&F Concept、「NANO-X」バリアブルNDフィルタームラを最小限に抑えた設計9月18日 12:34 Impress Watchシリーズ 人気記事1時間24時間1週間1カ月もっと見るもっと見るもっと見るもっと見る おすすめ記事Nikon Zが使えるポートレート撮影会が開催 瞳AFの実力は?デジタルカメラマガジンDAYレポート【子どもとカメラ】7歳児にデジタルカメラを渡したら…簡単・頑丈「COOLPIX W150」で撮る子ども目線の写真タムロンの「SP 35mm F/1.4 Di USD」をミラーレスカメラで試す!EOS R、Nikon Zそれぞれでの使い勝手は?DJI OSMO MOBILE 3スマホで滑らかな動画を 持ち運びやすくなった電動ジンバル世界の若手写真家たちが見つめたものニコン フォトコンテスト 2018-2019受賞式が開催 デジカメ Watchカメラ中判カメラ/デジタルバックフェーズワン
ニュースフェーズワン、シフトとレボルビング機構を内蔵した「XTカメラシステム」1億5,100万画素のIQ4に対応 新レンズ3本も本誌:宮澤孝周2019年9月11日 12:42 フェーズワンジャパン株式会社は9月11日、同社の大型センサー搭載デジタルバック「IQ4 デジタルバック」に対応した新設計のカメラボディおよびシステム「XTカメラシステム」を発表。同日より受注を開始した。約1億5,100万画素のデジタルバックと組み合わせた「Phase One XT IQ4 150MPカメラシステム」の希望小売価格は税別580万7,000円。 53.4×40mmの約1億5,100万画素または、約1億100万画素裏面照射CMOSセンサーを採用したデジタルバックIQ4を接続して使用できるカメラ。完全新設計としており、システムの名称として「XTカメラシステム」の呼称が用いられている。 デジタルバック「IQ4」に最適化したというボディは、ごくシンプルな設計となっており、マウント部およびデジタルバック接続部に電子接点が搭載されている。シャッターと絞りのコントロールは、デジタルバック側のタッチスクリーンに統合されているという。 ボディ側の特徴的な点は、X軸側とY軸側で24mmのシフト幅を内蔵したことと、アルカスイス互換形状の三脚取り付け部がボディと一体になっている点。これにより三脚にとりつけたままでも、ティルト・シフト操作や縦横位置の変更を、ボディを回転させて対応できるとしている。これら特徴をうけて、同社ではXTカメラシステムをフィールドカメラと位置付けている。これまでこうした機構は、デジタルバックIQ4が使用できるXFシステムにはなかった。 グリップはエボニー(黒檀)製。 マウント側デジタルバック取りつけ側 対応レンズは3本で、超広角の「XT ?? Rodenstock HR 23mm f/5.6」、広角の「XT ?? Rodenstock HR 32mm f/4」、標準の「XT ?? Rodenstock HR 70mm f/5.6」をラインアップしている。シャッター機構はレンズ側に搭載(シャッタースピードは1/1,000秒〜60分)されており、電磁制御に対応する。フォーカス操作はマニュアル。 現状で、デジタルバックIQ4のラインアップは3種類。約1億5,100万画素のセンサーを搭載した「IQ4 150MP」のほか、同画素数で白黒タイプ(アクロマティック)の「IQ4 150MP Achromatic」、約1億100万画素の「IQ4 100MP Trichromatic」がある。ISO感度はいずれもISO 50〜ISO 25600。ダイナミックレンジは15F stopで共通。記録メディアはいずれもXQDカードまたはSDカードを使用するほか、Capture Oneも選択できるとしている。このほか、3.2型のタッチモニターや、USB Type-C端子、イーサネット端子も搭載している。 デジタルバックは既存のXFカメラシステムとの互換性もある「インフィニティ・プラットフォーム」だとしており、XFカメラに切り替えることで、ワークフローに応じたカスタマイズも可能になるとしている。 本誌:宮澤孝周関連リンク XT Camera System | Phase One 関連記事ニュースPhase One、1億5,100万画素の中判カメラ「XF IQ4 150MP」2018年8月31日ニュースPhase One、"645フルサイズ"で1億5,000万画素の「XF IQ4 150MP」を展示2019年1月30日ニュースフェーズワンの1億画素機「XF 100MPカメラシステム」セミナーレポート2016年2月17日イベント告知XF IQ4カメラシステム発表会2019年1月22日
Group site linksインプレスのビジネスWebThink ITWeb担当者Forumインプレス総合研究所IT LeadersFind-ITドローンジャーナルSmartGridフォーラムネットショップ担当者フォーラムImpress Business LibraryインプレスセミナーDIGITAL X(デジタルクロス)インプレスの本と雑誌DOS/V POWER REPORTデジタルカメラマガジンインプレスブックスimpress QuickBooksインプレスR&DNextPublishing著者向けPOD出版サービスインターネット白書ARCHIVESRittor Musicリットーミュージック雑誌Web楽器探そう!デジマート耳マンMdNMdN Design InteractiveMdNのデザイン求人情報山と溪谷社ヤマケイオンラインCLIMBING-netMtSN本サイトのご利用についてお問い合わせ編集部へのご連絡プライバシーについて会社概要インプレスグループ特定商取引法に基づく表示Copyright 〓2018Impress Corporation. All rights reserved.