アマゾン、日本での“ニセ商品”の撲滅に本腰--自動検知やセルフ削除ツールで撃退へ - CNET Japan
ニュース
製品・サービス
企業・業界
社会
解説
オフトピック
デジタル製品
リリース
イベント
ブログ
CNETどっち?
特集・連載
インタビュー
Marketers'
CNET_ID
CNET_ID ログイン
CNET_ID
新規登録
CNET_ID Myページ
ログアウト
Japan Edition
United States
Australia
China
France
Germany
Japan
Korea
CNET en Espa〓ol
CNET ID
ログイン
新規登録
Myページ
ログアウト
search
メニュー
ニュース
特集・連載
インタビュー
製品・サービス
企業・業界
社会
解説
デジタル製品
カテゴリ
AI
IoT
5G
不動産
教育
金融
ワークスタイル
フード
ヘルスケア
モビリティ
シェアリングエコノミー
Marketers'
公式SNS
facebook
Twitter
RSS
CNET Japan
>
ニュース
>
企業・業界
アマゾン、日本での“ニセ商品”の撲滅に本腰--自動検知やセルフ削除ツールで撃退へ
藤井涼 (編集部)2019年10月09日 14時00分
Tweet
noteで書く
印刷
メール
テキスト
HTML
電子書籍
PDF
保存
テキスト
電子書籍
PDF
クリップ
 アマゾンジャパンは10月9日、偽造品の撲滅(ゼロ)を目指すプロジェクト「Project Zero」を日本でも開始した。3つの機能を通じて、通販サイト「Amazon.co.jp」からニセモノ商品を一掃したい考えだ。2019年の初めからこれらの機能を提供している欧米では、すでに6000ブランドを超える9000万点以上の疑いのある商品を排除した実績があるという。
 米Amazonのバイスプレジデントで、ワールドワイドカスタマートラスト・パートナーサポートを統括するDharmesh Mehta(ダーメッシュ・メータ)氏によれば、同社は2018年だけでも偽造品排除に全世界で400億円以上を投じているという。具体的には、マシンラーニングや専門家による調査、ブランド企業との連携などで、これらの取り組みによって「99.9%の商品が偽造品ではないことが分かっているが、これを100%にしたい」と思いを語る。
米Amazonのバイスプレジデントでワールドワイドカスタマートラスト・パートナーサポートを統括するDharmesh Mehta氏(ビデオ会議で取材)
 Project Zeroでは、(1)自動プロテクション機能、(2)セルフサービスの偽造品削除ツール、(3)商品のシリアル化(こちらは2020年前半の予定)という大きく3つの機能によって、偽造品の撲滅を目指すという。
 1つ目の自動プロテクション機能は、世界中のAmazonで毎日更新される50億件を超える商品情報を継続的に自動スキャンし、偽造品の疑いがある商品を検知する機能。アマゾンの機械学習を活用しており、常に新しい情報を取り入れることで、疑いのある商品を販売前に未然に防げるとしている。欧米では、同機能により9000万点以上の商品が、消費者に閲覧される前に自動的に排除されているという。
 2つ目の偽造品削除ツールは、これまでのようにアマゾンに通報せずに、ブランドオーナーが自ら偽造品を削除できるようになるツール。このツールによって削除された商品は、自動プロテクション機能に反映され、偽造品の検出精度の向上にも役立てられるという。同社によれば、このツールで1つの商品が削除されるごとに、Amazonにおいても平均500点以上の偽造品の疑いのある商品が自発的に削除されているという。ブランドによって、これまでに18万点の商品が削除されたそうだ。
ブランド向けの偽造品削除ツール。世界各国のAmazonを選択して削除可能
削除ツールの利用イメージ
 なお、もしブランドが誤って商品を削除してしまった場合には、アマゾンに連絡することですぐに戻すことが可能だという。ただし、ブランドが繰り返し同じ商品を削除していないかなどの統計を取り、ブランドがツールを悪用している、または正確性に欠けると判断した場合には、Project Zeroの登録を解除することもあるそうだ。また、削除された側のセラーがアマゾンに連絡して偽造品ではないことを訴えることも可能だ。「我々は、セラーに危害が及ばないことにも注力している」(Mehta氏)。
 3つ目の商品のシリアル化は、ブランドオーナーが自社製品の製造や発送の過程で固有のコード(シリアルコード)を発行し、そのコードによってAmazonで販売される商品を1つずつ真偽精査できるサービス。こちらはオプションサービスだが、自動プロテクション機能と組み合わせることで、偽造品をより効率的に取り締まれるようになるという。
 Project Zeroは、米国、英国、フランス、ドイツ、イタリア、スペインで展開しており、アジアでは日本が初となる。現在は招待制でブランドを増やしており、任天堂、ソニー・インタラクティブエンタテインメント、パナソニック、アイリスオーヤマ、アイロボット、川崎重工、タカラトミー、ダダリオなどが参画。今後は、ブランドが自ら申請をして、アマゾンの審査を通過すれば登録できるようになるという。
CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)
メールマガジン購読のお申し込み
あなたにおすすめの記事
KONAMI、ゲーム機「PCエンジンmini」を2020年3月19日に発売--収録50作品も発表
「iPhone 11 Pro Max」開封の儀--新たに“USB-C”電源アダプタを同梱
「ストリートビュー」が捉えたクレイジーすぎる光景38連発
アマゾンで他人の“注文履歴”が見えてしまう状態に--同社は「現在調査中」
2019年09月26日 11時29分
アマゾン、Alexaで操るロボット開発コンテスト「LEGO MINDSTORMS Voice Challenge」
2019年10月02日 11時00分
アマゾン、「Alexa」搭載のスマートグラス「Echo Frames」を発表
2019年09月26日 07時48分
サイバーセキュリティにおける3つのトレンド
2019年07月02日 06時30分
これはヒドイ--技術サポートが見た恐怖の光景28選
2017年11月23日 08時00分
タグ
企業・業界
アマゾン ジャパン
アマゾン
偽造品
Project Zero
-PR-企画特集
「ハイブリッドIT」への道
組織が今後考えるべきデジタル変革とは!?CIO主導で考える次世代ITのあり方
データと経営の今後の関係は!?
業務プロセスを進化させるストレージの進化データが導く新たな経営の在り方を展望
分析されたデータを活用できるか?
得られた知見は「改善」につなげてこそ有効革新をもたらすデータ活用の在り方を考える
特集:顧客接点--ポスト2020時代
??次世代コンタクトセンターが創り出す??提供できますか!?双方向の「新たな体験」
あなたにおすすめのホワイトペーパー
ウイルス対策ソフトはもはや必要か否か
自社の働き方改革の取り組みに効果を感じている企業は「2割」の衝撃!調査から明らかになった課題とは
「顧客の今」がなぜビジネスに貢献するのか - HBR調査で見る「リアルタイムアナリティクス」の効果
今注目の人気プログラミング言語
AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
徐々に広がりを見せる“5G”ビジネス
人気キーワード
経営
セキュリティ
クラウドコンピューティング
モバイル
ビジネスアプリケーション
マーケティング
デジタル製品主要記事
米Noble Audio初の完全ワイヤレスイヤホン「FALCON」--ウィザードが音質チューニング
香港警察追跡アプリを削除、Appleの姿勢への疑問と苦慮--Appleニュース一気読み
SIE、PS4「MONKEY KING ヒーロー・イズ・バック」を発売--西遊記のCGアニメをゲーム化
ZOCのライブでリアルとバーチャルが融合--NTTぷらら、5G活用「TECH LIVE」とは
「iPhone」の50%に「iOS 13」が普及--リリースから1カ月未満で
サムスン「Galaxy S10」の指紋認証、一部の保護フィルムで解除可能に--修正へ
もっと見る
ZDNet Japan 注目ヘッドライン
2019年版「最初に学ぶにはふさわしくないプログラミング言語」リスト
「Windows 10 November 2019 Update」がまもなくリリースへ
「iOS 13」で見落としがちな9の便利な新機能をおさらい
トーバルズ氏が見るマイクロソフトとLinux
ブロックチェーンによる革命が起こるまでにあと10年かかる理由
編集部おすすめの記事
LINE代表の慎ジュンホ氏が表舞台に出ることにした理由--素顔に迫る独占インタビュー
シャッター通りを"日南バレー”に変えた宮崎県日南市長の手腕--地方にこそシェアエコ
音楽家からマーケターに転身--アドビのサービス部門を統括する小沢氏の「宿命」
部屋探しの根本を変える賃貸サイト「ウチコミ!」--オーナーと入居者を直接つなぎ空室減へ
“聴診器”をデジタル化すると何が変わるのか--シェアメディカル代表に聞く
本日の主要記事
グーグルの新型スマホ「Pixel 4」を写真で見る--新機能も紹介
災害時にSNSで助け合う10代--台風19号対応から学ぶこと
米Noble Audio初の完全ワイヤレスイヤホン「FALCON」--ウィザードが音質チューニング
積水ハウス、健康に暮らせる家の開発でMITと共同研究へ--急性疾患早期発見など
「Pixel 4」のカメラはどう進化したか--開発者に聞く最新技術の裏側
CNET Japan(Facebook窓)
The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc., San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News.com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright (c) CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News.com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.
個人情報保護方針 | 利用規約 | 訂正 | 運営会社 | 広告について
ニュース
製品・サービス
企業・業界
社会
オフトピック
トピック
解説
リリース
イベント
過去記事
Marketers'
特集
インタビュー
オピニオン
CNET Japanブログ
CNETどっち?
ビジネスアプリセンター(Android)
ビジネスアプリセンター(iOS)
タグ
検索
デジタル製品
モバイル
PC
AV
デジタルカメラ
アップル
エンターテインメント
CNET_ID
新規登録
ニューズレター
RSSフィード
Twitter
Facebook
サイトマップ
朝日インタラクティブ
ZDNet Japan
builder by ZDNet Japan
TechRepublic Japan
Tetsudo.com
当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。
Copyright (c) 2019 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication
without written permission.
The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc., San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News.com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright (c) CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News.com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.
個人情報保護方針
利用規約
訂正
運営会社
広告について
当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。
Copyright (c) 2019 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。
これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]