キヤノンEOSシリーズの累計生産台数が1億台を達成 - デジカメ Watch
PC WatchImpress サイトImpress WatchINTERNET WatchPC Watchデジカメ WatchAKIBA PC Hotline!AV WatchGAME Watchケータイ Watchクラウド Watch窓の杜家電 WatchCar Watchトラベル Watch仮想通貨 WatchWatch VideoこどもとITドローンジャーナルOLYMPUSWatch注目の一眼「α」パソコン工房mouseWatchASUSWatch上海問屋NETGEARAQUOSarrowsGALLERIAWatchSTORMパソコンネタとぴシニアガイドできるネットGANREF全カテゴリミラーレス一眼レフ交換レンズレンズ一体型(コンパクト)レンジファインダープリンター三脚/一脚/雲台ストロボカメラバッグストラップマウントアダプターPCモニタースマホメディア/リーダーfor PRO検索記事を探す閉じる Special Site アクセスランキング1時間24時間1週間1カ月もっと見るもっと見るもっと見るもっと見る 最新記事 デジタルカメラマガジン38名の写真家が「光の読み方」を解説ヒストグラムやRAW現像のポイントもレクチャー10月18日 19:02写真展告知富士フイルムイメージングプラザ企画写真展:Pure Photography10月18日 18:00ニュースジッツオの3ウェイ雲台に、16年ぶりの新製品(実機写真あり)3軸フルードシステム搭載 マウンテニア三脚とのキットも10月18日 17:24インタビューオリンパスZUIKOレンズ 写真家インタビュー被写体のもつ色彩イメージを見つけだす…清家道子さんM.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO10月18日 17:00イベント告知にいみを撮る、女子旅 201910月18日 16:50 Impress Watchシリーズ 人気記事1時間24時間1週間1カ月もっと見るもっと見るもっと見るもっと見る おすすめ記事最新鋭SSD導入で写真管理はどう変わるのか中原一雄さんがPCI express4.0の実力をチェック円周魚眼で万華鏡写真を撮ると?LAOWA 4mm F2.8 Fisheye MFTで撮る不思議な世界難易度の高い状況でも追尾する“飛行機認識AF”OLYMPUS OM-D E-M1Xが拓く新しい動体撮影の世界急成長する中国レンズブランド「LAOWA」の本拠地に潜入!個性派レンズはどのように生まれるのか? 世界最広角「9mm F5.6」の試作品もMy Favorite Leica(大門美奈)LEICA Q2 デジカメ Watch業界動向企業
ニュースキヤノンEOSシリーズの累計生産台数が1億台を達成16年連続で世界シェアNo.1飯塚直2019年10月9日 13:36 キヤノン株式会社は10月9日、同社のレンズ交換式カメラ「EOS」シリーズのフィルム(銀塩)カメラとデジタルカメラを合わせた累計生産台数が、2019年9月20日に1億台を達成したと発表した。なお、1億台を達成した機種は、ミラーレスカメラ「EOS R」(2018年10月発売)だったという。 EOSとは、「Electro Optical System」の略称で、ギリシャ神話に登場する「曙の女神」の名でもある。同社では、多様なニーズに応える魅力的な製品ラインナップと表現の幅を広げるEFレンズの拡充に務めたことが、EOSシリーズの支持につながったとしている。 その結果、2003年から2018年までに16年連続でレンズ交換式デジタルカメラで世界シェアNo.1(台数シェア)を獲得したという。 EOSの初号機「EOS 650」は、世界初の電子マウント方式を採用した、新世代のAF一眼レフカメラとして1987年3月に誕生した。EOSは福島工場(当時)で生産を開始して以来、現在に至るまで大分キヤノンを中心に、台湾・宮崎・長崎などの生産拠点で生産を行っている。 その後、最高級機「EOS-1」(1989年)や、小型・軽量を実現した「EOS Kiss」(1993年)を発売するなど、快速・快適を実現する革新的な技術を搭載した製品を展開。プロからアマチュアまで、ユーザー層の裾野を広げてきたという。 デジタル一眼レフカメラの普及が本格化した2000年以降は、自社製のCMOSセンサーや映像エンジン「DIGIC」などの技術により、新たに「高画質」を基本コンセプトに加え、魅力ある製品を追求しているとしている。 小型・軽量性と低廉な価格によりレンズ交換式デジタルカメラの普及に大きく貢献したという「EOS Kiss Digital」(2003年)や、レンズ交換式デジタルカメラによる動画撮影の普及につながった「EOS 5D」シリーズの展開、2012年には映像技術をB to Bの分野にまで広げた映像制作機器「CINEMA EOS SYSTEM」の立ち上げによる映像制作業界への参入。さらに2018年の「EOS R システム」の発表など、新しい提案を続けているという。 なお、2011年には5,000万台、2014年には7,000万台、2015年には8,000万台、2017年には9,000万台の累計生産台数を達成していた。 EOS 累計生産台数の推移 飯塚直(いいづか なお)パソコン誌&カメラ誌を中心に編集・執筆活動を行なうフリーランスエディター。DTP誌出身ということもあり、商業用途で使われる大判プリンタから家庭用のインクジェット複合機までの幅広いプリンタ群、スキャナ、デジタルカメラなどのイメージング機器を得意とする。関連リンク レンズ交換式カメラEOSシリーズが累計生産台数1億台を達成 | キヤノングローバル 関連記事ニュースキヤノン「EOS」の累計生産が9,000万台を達成2017年10月17日ニュースキヤノンEOSシリーズの累計生産が8,000万台に2015年11月18日ニュースキヤノン「EOSシリーズ」が累計生産7,000万台を達成2014年2月6日ニュースキヤノン「EOSシリーズ」の生産が5,000万台を突破2011年10月18日
Group site linksインプレスのビジネスWebThink ITWeb担当者Forumインプレス総合研究所IT LeadersFind-ITドローンジャーナルSmartGridフォーラムネットショップ担当者フォーラムImpress Business LibraryインプレスセミナーDIGITAL X(デジタルクロス)インプレスの本と雑誌DOS/V POWER REPORTデジタルカメラマガジンインプレスブックスimpress QuickBooksインプレスR&DNextPublishing著者向けPOD出版サービスインターネット白書ARCHIVESRittor Musicリットーミュージック雑誌Web楽器探そう!デジマート耳マンMdNMdN Design InteractiveMdNのデザイン求人情報山と溪谷社ヤマケイオンラインCLIMBING-netMtSN本サイトのご利用についてお問い合わせ編集部へのご連絡プライバシーについて会社概要インプレスグループ特定商取引法に基づく表示Copyright 〓2018Impress Corporation. All rights reserved.