マカフィー、脅威解析を自動でサポートしてくれる機能を備える「MVISION EDR」を法人向けに提供 - INTERNET Watch
PC WatchImpress サイトImpress WatchINTERNET WatchPC Watchデジカメ WatchAKIBA PC Hotline!AV WatchGAME Watchケータイ Watchクラウド Watch窓の杜家電 WatchCar Watchトラベル Watch仮想通貨 WatchWatch VideoこどもとITドローンジャーナル中古PC Hotline!NETGEARパソコン工房mouseWatchASUSWatch上海問屋AQUOSarrowsOLYMPUSWatch注目の一眼「α」GALLERIAWatchSTORMパソコンネタとぴシニアガイドできるネットGANREF全カテゴリセキュリティLAN機器ストレージWindows 7 サポート終了ビジネスソフト会計・業務ソフト仕事/ビジネスイベントネットの話題教育/子ども地図/位置情報IoTサービスソフトウェア通信業界動向検索記事を探す閉じるINTERNET Watch をフォローする Special Site アクセスランキング1時間24時間1週間1カ月もっと見るもっと見るもっと見るもっと見る 最新記事 中国のサイバー攻撃グループの活動が2019年に入り活発化、諜報活動とサイバー犯罪を手掛ける「APT41」11月14日 21:08ヤフーとLINEの成り立ちを振り返り、統合の意味と可能性を考える協議中の「経営統合」で何を目指すのか?11月14日 20:573800円からの業務ソフト発売、消費税率10%や軽減税率に対応した「かるがるできる」「らくだ」シリーズ最新版11月14日 14:20フルHD対応なネットワークWi-Fiカメラ、TP-Link「Tapo C200」クラウドファンディングサイト「Makuake」で25%オフの3370円で受付中11月14日 12:34連載Office 2010サポート終了本当にOfficeを買う必要はある? 無料で使えるOffice Onlineをチェック11月14日 06:00 Impress Watchシリーズ 人気記事1時間24時間1週間1カ月もっと見るもっと見るもっと見るもっと見る おすすめ記事年末調整の書き方、源泉徴収票の見方、住民税の計算方法など“税金の話”まとめ渋谷駅周辺の大規模再開発、いつ・どこが・どう変わるのかそれってネット詐欺ですよ! 騙しの手口まとめ INTERNET Watchトピックセキュリティ対策ソフト/サービス
ニュースマカフィー、脅威解析を自動でサポートしてくれる機能を備える「MVISION EDR」を法人向けに提供磯谷 智仁2019年11月8日 20:21  マカフィー株式会社は7日、法人向けのエンドポイントセキュリティソリューション「McAfee MVISION Endpoint Detection and Response(MVISION EDR)」を発表した。  MVISION EDRは、世界中の複数の脅威経路にある10億以上のセンサーから収集したエンドポイントからの情報(スナップショット)や、マルウェア検査サイト「VirusTotal」、セキュリティ情報基盤「McAfee GTI(Global Threat Intelligence)」の脅威情報などを組み合わせてAIで分析し、注視すべき事象の絞り込みを自動的に行うEDRソフト。大量に発生するアラートを適切に管理することで、セキュリティアナリストのスキルレベルに関わらず、効率的な調査を行うことができるとしている。  セキュリティアナリストの思考ロジック(状況確認、仮説立てなど)を機能化したという「ガイド付き調査機能」を備えているのが特徴。疑わしい動きが検知された際、それが危険なものかどうかを検証するための仮説、質問などを自動で生成するようになっており、経験の浅いセキュリティアナリストを指南することができるとしている。 セキュリティアナリストの思考ロジックを機能化したという「ガイド付き調査機能」  ガイド付き調査機能を実装した背景として、セキュリティオペレーションが「人への依存度が高いこと」を、同社の櫻井秀光氏(セールスエンジニアリング本部本部長)は挙げる。具体的には、セキュリティアナリストの人材不足の問題や、データ解析に求められる専門知識が高いため、「調査に時間がかかりすぎている」のが現状だという。  そこで、セキュリティアナリストの仮説力や、情報収集力、状況確認力を機能化することでこれらの問題を解消していく。他社のEDR製品では、インシデント調査に2時間以上かかったものが、MVISION EDRでは6分程度で済んだ例があることを同氏はアピールした。  なお、MVISION EDRはSaaS形式での提供で、同社のセキュリティプラットフォーム「MVISION」のラインアップとして提供することで、従来の単体EDR製品と比較して価格を抑えられるとしている。 11月7日に行われた記者発表会では、販売代理店として、テクマトリックス、富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ、三井物産セキュアディレクションの3社が紹介された関連リンク MVISION EDR
Group site linksインプレスのビジネスWebThink ITWeb担当者Forumインプレス総合研究所IT LeadersFind-ITドローンジャーナルSmartGridフォーラムネットショップ担当者フォーラムImpress Business LibraryインプレスセミナーDIGITAL X(デジタルクロス)インプレスの本と雑誌DOS/V POWER REPORTデジタルカメラマガジンインプレスブックスimpress QuickBooksインプレスR&DNextPublishing著者向けPOD出版サービスインターネット白書ARCHIVESRittor Musicリットーミュージック雑誌Web楽器探そう!デジマート耳マンMdNMdN Design InteractiveMdNのデザイン求人情報山と溪谷社ヤマケイオンラインCLIMBING-netMtSN本サイトのご利用についてお問い合わせ編集部へのご連絡プライバシーについて会社概要インプレスグループ特定商取引法に基づく表示Copyright 〓2018Impress Corporation. All rights reserved.