イヤフォンやスマートグラスをワイヤレス充電。AKMが目指すスマート化の今後 - AV Watch
PC WatchImpress サイトImpress WatchINTERNET WatchPC Watchデジカメ WatchAKIBA PC Hotline!AV Watch家電 Watchケータイ Watchクラウド Watch窓の杜Car Watchトラベル WatchGAME WatchHOBBY WatchWatch VideoこどもとITドローンジャーナル中古PC Hotline!e-bikeWatch在宅ライフ特集パソコン工房mouseWatchASUSWatch上海問屋NETGEARAQUOSarrowsOLYMPUSWatch注目の一眼「α」GALLERIAWatchSTORMパソコンネタとぴシニアガイドできるネットGANREF全カテゴリテレビレコーダポータブルオーディオヘッドフォン映像配信BD放送業界動向スピーカー音楽配信スマートスピーカーデジカメプロジェクタPS4BDプレーヤー映像配信BD検索記事を探す閉じるAV Watch をフォローする Special Site 最新記事 フリマアプリで配信番組の海賊版DVD販売、38歳女性を書類送検8月4日 14:30「バーチャルハマスタ」誕生、仮想空間で野球観戦、11日無料開催8月4日 13:30日本初“映画館のポップコーン”がUber Eatsで自宅に8月4日 12:43FiiO、M11/M11 Pro/M15がサードパーティ製アプリでMQAデコードに対応8月4日 12:20TaoTronics、9,980円のノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレス8月4日 12:00 アクセスランキング1時間24時間1週間1カ月もっと見るもっと見るもっと見るもっと見る Impress Watchシリーズ 人気記事1時間24時間1週間1カ月もっと見るもっと見るもっと見るもっと見る おすすめ記事怪しさ炸裂! 1,587円の中華オーディオインターフェイスをいちかばちかで買ってみた絶滅危惧種!? デスクトップにも使える孤高の40型4Kアクオス「4T-C40CL1」を試すZoom飲み会したら「カプセル怪獣計画」と岩井俊二監督の短編映画ができた話 AV WatchイベントCES2020
ニュースイヤフォンやスマートグラスをワイヤレス充電。AKMが目指すスマート化の今後中林暁2020年1月15日 15:12 旭化成エレクトロニクス(AKM)は、「CES 2020」においてセンサーやオーディオ用DACなどの新製品やソリューションを展示。スマートグラス用のワイヤレス充電や、音声起動デバイスの省電力化などを実現する技術を紹介していた。 完全ワイヤレスイヤフォンを無線充電できるケースの試作モデル 同社は昨年のCESまではハイエンドオーディオ機器メーカーが多く出展するホテルのThe Venetianにブースを構えていたが、今回はメイン会場であるラスベガスコンベンションセンターの北に位置するWestgateに移動。また、従来は「センサー」と「オーディオ」を別室で展示していたが、今年は広めの室内で両方を合わせて展示する形式に変更している。 AKMブーススマートグラスや完全ワイヤレスイヤフォンをケースに入れて無線充電 イスラエルのHumavoxと提携し、RF電力の送信IC/受信ICを開発。スマートグラスや完全ワイヤレスイヤフォンなど、小型機器にワイヤレス充電ができるというデモを行なっていた。 一般的な完全ワイヤレスイヤフォン用の充電ケースとは異なり、充電用の接点に正しくイヤフォンを合わせる必要がなく、ケースに入れるだけで充電を開始できるのが特徴。デモに使われていたケース試作機は金属製だったが、内側にメッキ処理を行ない密閉できれば、外側はプラスチックなど他の素材でも実現できるという。 スマートグラスをケースに入れるとワイヤレス充電を開始スマートスピーカーなどの音声起動を省電力化する「AAA」 低消費電力機器向けに開発した独自技術「Acoustic Activity Analyzer(AAA)」は、スマートスピーカーなど音声で起動する機器に搭載するADC。周りで音が発生したとき、その周波数や時間の長短から人の声かどうかを判断し、声の場合だけプロセッサーを起動させることができるのが特徴。声ではない物音が出た時などは起動しないことで、消費電力の無駄を省けるという。 時計を揺らした時の金属音など、人の声と異なる周波数ではセンサーが反応しないため省電力化できる 現在、スマートスピーカーの多くはAC電源を使用するが、これをバッテリーでも長時間使用できるようにするほか、照明やウェアラブル機器なども声で操作できるようになるという。 既存システムを簡単に無線化するBluetooth 5.1トランスミッター 「AK1595」は、省電力のBluetooth 5.1トランスミッターIC。小型でセキュアかつ長寿命のセンサーモジュールに最適として提案しており、体温計や血圧計、玩具など小型機器のマイコンにBLE機能を追加して簡単に無線化できるという。現在サンプル提供中で、7月より販売開始予定。 パワーダウン状態から3ms以内に送信を開始する高速応答性を実現。間欠送信であるBLEアドバタイズ送信のインターバル電流を15nAに抑えて待機可能としている。 省電力で機器のBluetooth対応を可能にするAK1595完全ワイヤレス向けの超低消費電力DACなど オーディオ向けのDACは、'19年に発表した完全ワイヤレスイヤフォン向けのモノラル「AK4332」や、ステレオ「AK4331」を紹介。このDACが実際に搭載されたゼンハイザーのBluetoothイヤフォンなどを展示していた。 イヤフォン向けのDAC「AK4332」と「AK4331」の概要と採用製品高い空間認識性能の次世代ミリ波レーダーIC磁気センサー1個で実現するスマートウォッチ用デジタルクラウン関連リンク 旭化成エレクトロニクス 関連記事旭化成、左右分離イヤフォン用32bit DAC「AK4332ECB」。高音質&省電力2019年3月6日
Group site linksインプレスのビジネスWebThink ITWeb担当者Forumインプレス総合研究所IT LeadersFind-ITドローンジャーナルSmartGridフォーラムネットショップ担当者フォーラムImpress Business LibraryインプレスセミナーDIGITAL X(デジタルクロス)インプレスの本と雑誌DOS/V POWER REPORTデジタルカメラマガジンインプレスブックスimpress QuickBooksインプレスR&DNextPublishingネクパブ・オーサーズプレスインターネット白書ARCHIVESRittor Musicリットーミュージック雑誌Web楽器探そう!デジマート耳マンMdNMdN Design InteractiveMdNのデザイン求人情報山と溪谷社ヤマケイオンラインCLIMBING-netMtSN本サイトのご利用についてお問い合わせ編集部へのご連絡プライバシーについて会社概要インプレスグループ特定商取引法に基づく表示Copyright 〓2018Impress Corporation. All rights reserved.