au PAY、ポイントを「Ponta」に統合開始--20%還元施策は「予想を超える成果」 - CNET Japan
Continue to CNET Japan
ニュース
製品・サービス
企業・業界
社会
解説
オフトピック
デジタル製品
リリース
イベント
ブログ
CNETどっち?
特集・連載
インタビュー
Marketers'
CNET_ID
CNET_ID ログイン
CNET_ID
新規登録
CNET_ID Myページ
ログアウト
Japan Edition
United States
Australia
China
France
Germany
Japan
Korea
CNET en Espa〓ol
CNET ID
ログイン
新規登録
Myページ
ログアウト
search
メニュー
ニュース
特集・連載
インタビュー
製品・サービス
企業・業界
社会
解説
デジタル製品
カテゴリ
新型コロナウイルス
AI
IoT
5G
不動産
教育
金融
ワークスタイル
フード
ヘルスケア
モビリティ
Marketers'
公式SNS
facebook
Twitter
RSS
CNET Japan
>
ニュース
>
製品・サービス
au PAY、ポイントを「Ponta」に統合開始--20%還元施策は「予想を超える成果」
山川晶之 (編集部) 飯塚 直2020年05月22日 16時20分
ツイート
一覧
note
印刷
メール
テキスト
HTML
電子書籍
PDF
保存
テキスト
電子書籍
PDF
クリップ
 KDDIは5月21日、ポイントサービスを「au WALLET ポイント」からロイヤリティ マーケティング(LM)が運営する共通ポイントサービス「Pontaポイント」に変更すると発表した。あわせて、ECサービス「au Wowma!」も「au PAYマーケット」に刷新されたほか、同社のクレジットカード「au PAY カード」が他キャリアのユーザーでも利用できるようになった。
「au WALLET カード」「au WALLET プリペイドカード」「au Wowma!」はそれぞれ「au PAY カード」「au PAY プリペイドカード」「au PAY マーケット」に名称変更する
 これにより、ポイント保有会員数2800万以上のau PAY、会員数9400万以上のPontaを足して、1億人規模のポイント会員基盤が誕生する。ポイントも、スマートフォン決済サービス「au PAY」や「au PAY カード」の決済で付与される0.5%のポイントに加え、ローソンなどPonta加盟店での利用で貯まる0.5〜1%のポイントが同時に付与される。また、「au PAYアプリ」のみで「Pontaカード」の提示から決済までが完結できるほか、Pontaアプリやローソンアプリでもau PAYの利用が可能だ。
 さらに、au PAY カードでau PAY残高にチャージした場合のポイントを従来の0.5%(200円/1ポイント)から1%(200円/2ポイント、6月23日より100円/1ポイント)に変更。au PAY決済時に付与される0.5%ポイントと合わせることで、Ponta加盟店ではない店舗でも1.5%のポイントが還元されるという。
「au PAY カード」は他キャリアでも年会費無料で利用可能に(条件あり)
非auユーザーでもローソンで最大9%還元
 6月1日より、ローソン(ローソン・スリーエフ、ローソン・ポプラ、ナチュラルローソン、ローソンストア100)でau PAY、au PAY カードを利用すると、Pontaカード提示で付与される1%ポイントに加え、4%のポイントを上乗せ(200円ごとに8ポイント)する。これにより、非auユーザーであっても常時5%の還元が受けられるという。au PAY カードからのチャージ(au PAY カードでの決済含む)であればさらに1%追加となり、常時6%の還元となる。
 また、「三太郎の日」に限り、auユーザーはポイント付与率10%、非auユーザーでも付与率7%に引き上げる。Pontaカード提示時のポイントと合わせて、それぞれ11%、8%に上乗せされるほか、先述のau PAY カードからのチャージであれば、それぞれ12%、9%のポイントが還元される。なお、4%のポイント上乗せ分は1月あたり3000ポイントの還元上限がある(終了時期は明かしてないが、終了する場合は事前に告知予定)。
「三太郎の日」と「au PAY カード」からのチャージで支払った場合、auユーザーは12%、非auユーザーは9%ポイント還元が受けられる
 貯まったPontaポイントは、au PAY 残高にチャージすることで、コンビニや家電量販店での買い物に使えるほか、au PAY マーケットやauサービスの支払いにも利用可能。au PAY マーケットでは、ポイント額を50%増量でき、よりお得にショッピングができるという。なお、au PAYとPontaポイントが利用できるのは、ローソンやビックカメラなど190万カ所(丸善ジュンク堂書店は6月以降au PAYを導入予定)となる。
 すでにPontaカードを利用しているユーザーは、au PAYとカード機能、ポイントを統合することが可能。リニューアルされたau PAYアプリを立ち上げると、Pontaカードというボタンがトップ画面に出現する。タップして表示される「連携する」ボタンから、既存のカードを連携するか、新規で発行から選択できる。カード裏面の情報を読み取り、会員情報を入力すれば統合が完了する。
 Pontaポイントの有効期限は最終利用日から1年後だが、通信料金の支払いなど、au PAY カードを毎月利用することでPontaポイントが毎月加算されるため、有効期限が自動的に延長されるようになる。なお、ローソンが運営する「ローソンアプリ」との連携は5月21日から開始されるが、LMが運営する「Pontaカード (公式) アプリ」との連携は6月中旬以降を予定している。
au PAYの20%還元キャンペーンの効果は?
 同社は、au PAYの大型キャンペーンとして、2020年1月末に決済額の20%を還元する「誰でも!毎週10億円!もらえるキャンペーン」を発表。2月10日〜3月29日の期間中、7週間に分けて毎週10億円を上限にキャンペーンを実施してきた。当初は、1回あたりの決済上限を3万ポイントにしていたこともあり、ほぼ1日(初回のみ2日間)でキャンペーンが終了してしまう事態になっていたが、キャンペーン途中で決済上限を6000ポイントに変更したことで2〜3日ほど持続するようになっていた。
 キャンペーンの成果としてKDDIは、au PAYの会員数増に貢献したと説明する。オンライン説明会に参加したKDDI執行役員の多田一国氏(パーソナル事業本部サービス統括本部 副統括本部長 兼 通信とライフデザインの融合部長)は、「具体的な倍率はお答えしにくい」としつつ、「期初に立てた何千%という数字より上振れする効果があった。我々の予想を超えるぐらいの成果があった」と評価する。
 ただし、「キャンペーンの時だけ使うユーザーもいる。今後ローソンなどを中心に、日常使いでポイントを貯められることを基調にしたい」としたほか、「(ローソン以外にも)他のスーパーやドラッグストアでもやったらどうか。という声もあったが、“三密”につながってしまうので控えている。社会の情勢を踏まえつつ、比較的大きなキャンペーンもやっていきたい」と述べ、一過性で終わらず継続的に利用してもらえる施策を展開する計画のようだ。
 なお、緊急事態宣言下でオフライン決済が減る一方で、オンライン決済は増える傾向にあるが、KDDIはこの波に乗れていない。「リアルからオンラインへのシフトが起こっていくなかで、リアルだけをやっていたらダメだと思っている」としているが、順調なクレジットカードと異なり、au PAYを使ったオンライン決済は、auの通信費と合算して支払える「かんたん決済」にとどまっている。多田氏は、「急いで対応を進めている」としており、「(決済は)リアルだけでなくオンラインもマージした世界になる」と説明した。
CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)
メールマガジン購読のお申し込み
あなたにおすすめの記事
自給自足ハウスから顔パス玄関まで--AI・スマート住宅 EXPOで見つけた少し未来の家
KONAMI、ゲーム機「PCエンジンmini」を2020年3月19日に発売--収録50作品も発表
東京駅構内にシェアオフィス「STATION DESK」開設--ワークスタイルで選べる6シート
渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」が5月19日にオープン
2020年05月15日 16時54分
KDDI高橋社長、楽天モバイルの通信量上限の変更は「正直寝耳に水だった」
2020年05月15日 11時50分
行政や金融機関の手続きを共通化する「AIRPOST」--携帯3社の「+メッセージ」活用
2020年05月11日 18時22分
サイバーセキュリティにおける3つのトレンド
2019年07月02日 06時30分
「Zoom」会議に彩りを--同僚の目を引くバーチャル背景54選
2020年04月17日 07時45分
タグ
製品・サービス
KDDI
KDDI
au WALLET
ポイント
ロイヤリティマーケティング
Pontaポイント
-PR-企画特集
カシオが挑む新規事業
自前主義から脱却し掴んだビジネスチャンス異業種のパートナーとの共創で光る技術力
次の一手はこれだ!
ZDNet×マイクロソフトが贈る特別企画今、必要な戦略的セキュリティとガバナンス
カシオが挑む新規事業【後編】
G-SHOCKやデジカメなどのコア技術を応用「共創」で新事業を創出するカシオの挑戦
あなたにおすすめのホワイトペーパー
「顧客の今」がなぜビジネスに貢献するのか - HBR調査で見る「リアルタイムアナリティクス」の効果
AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
自社の働き方改革の取り組みに効果を感じている企業は「2割」の衝撃!調査から明らかになった課題とは
ウイルス対策ソフトはもはや必要か否か
徐々に広がりを見せる“5G”ビジネス
今注目の人気プログラミング言語
人気キーワード
経営
セキュリティ
クラウドコンピューティング
モバイル
ビジネスアプリケーション
マーケティング
デジタル製品主要記事
パナソニック「4K ビエラ」に有機EL、液晶の新モデル--4K画質向上、ネット動画も使いやすく
ソニー、重低音「EXTRABASS」シリーズに完全ワイヤレスモデル--スポーツ向けも
アップル、Apple 名古屋栄と福岡の営業を5月27日より再開--客もスタッフもマスク着用で
船井電機、4K有機EL、液晶テレビ4シリーズ10機種を発表--Android TV対応、HDD内蔵機も
最新の「iOS 13.5」も脱獄できるツールが公開
Apple Watchの発展は続く--Appleニュース一気読み
もっと見る
ZDNet Japan 注目ヘッドライン
日本IBM、緊急事態宣言解除後の勤務・出社などの方針を発表
「Microsoft Teams」に多数の新機能--コラボレーション、リモートワークへの対応向上
自らの存在意義まで掲げた大改革に乗り出した富士通社長の意欲と危機感
プログラミング言語「Rust」の普及に立ちはだかる壁
日本IBM、企業のDX推進する新会社を発足--グループ3社を合併
編集部おすすめの記事
KDDI流の「アジャイル開発」で新規ビジネスを創出--3名のキーマンが語る組織作りの本質
「KDDI DIGITAL GATE」が“3週間”でプロダクトを開発できるワケ--山根センター長に聞く
ドコモ・ベンチャーズは2020年度も「積極的に投資」--稲川社長が語る“正統派CVC”の強み
ドコモ・ベンチャーズの“堅実な投資”の立役者--エンジニア出身キャピタリスト矢島氏の目利き
DJ TAROさんが明かす「自宅からJ-WAVE生放送」の舞台裏--機材やシステムも紹介
本日の主要記事
「手洗いヨシ!」判定を下すAIを富士通研究所が開発--精度は90%以上
40周年を迎えた「パックマン」の動きをAIだけで再現--NVIDIAが成功
Nintendo Switchをお絵かきツールにするソフト「Colors Live」--感圧式ペンが付属
Twitter、新型コロナの正しい情報にも警告ラベル--懸念の声も
巨大IT企業は制裁に備えよ--GDPR施行から2年、真価の発揮はまだこれから
CNET Japan(Facebook窓)
The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc., San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News.com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright (c) CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News.com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.
個人情報保護方針 | 利用規約 | 訂正 | 運営会社 | 広告について
ニュース
製品・サービス
企業・業界
社会
オフトピック
トピック
解説
リリース
イベント
過去記事
Marketers'
特集
インタビュー
オピニオン
CNET Japanブログ
CNETどっち?
ビジネスアプリセンター(Android)
ビジネスアプリセンター(iOS)
タグ
検索
デジタル製品
モバイル
PC
AV
デジタルカメラ
アップル
エンターテインメント
CNET_ID
新規登録
ニューズレター
RSSフィード
Twitter
Facebook
サイトマップ
朝日インタラクティブ
ZDNet Japan
builder by ZDNet Japan
TechRepublic Japan
Tetsudo.com
当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。
Copyright (c) 2020 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication
without written permission.
The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc., San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News.com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright (c) CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News.com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.
個人情報保護方針
利用規約
訂正
運営会社
広告について
当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。
Copyright (c) 2020 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。
これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]