COCOA利用率が4割+6割の外出自粛で感染半減????日本大学生産工学部がシミュレーション - ケータイ Watch
PC WatchImpress サイトImpress WatchINTERNET WatchPC Watchデジカメ WatchAKIBA PC Hotline!AV Watch家電 Watchケータイ Watchクラウド Watch窓の杜Car Watchトラベル WatchGAME WatchHOBBY WatchWatch VideoこどもとITドローンジャーナル中古PC Hotline!e-bikeWatch在宅ライフ特集AQUOSarrowsパソコン工房mouseWatchASUSWatch上海問屋NETGEAROLYMPUSWatch注目の一眼「α」GALLERIAWatchSTORMパソコンネタとぴシニアガイドできるネットGANREF全カテゴリドコモauソフトバンクワイモバイルUQiPhone (iOS)Android5GIoT格安SIM/MVNO格安スマホ/SIMフリースマホ周辺機器/アクセサリー業界動向法人向け最新技術/その他検索記事を探す閉じるケータイ Watch をフォローする Special Site アクセスランキング1時間24時間1週間1カ月もっと見るもっと見るもっと見るもっと見る 最新記事 ドコモ、AI活用の広告で愛媛県西条市への移住促進を支援8月4日 14:53歩いて楽天ポイントがたまる「楽天シニア」、オンラインでスマートフォン教室などを定期開催8月4日 14:53TaoTronics、1万円以下で10mmドライバー搭載の防水ワイヤレスイヤホン「PURECORE」を発売8月4日 13:46KDDI、VR空間で球場観戦気分が味わえる「バーチャスハマスタ」、11日のベイスタース対阪神戦8月4日 12:28USB 3.1 Gen 1をサポートする、AUKEYのUSB-TypeCケーブル3本セットが1259円8月4日 12:24 Impress Watchシリーズ 人気記事1時間24時間1週間1カ月もっと見るもっと見るもっと見るもっと見る おすすめ記事楽天モバイルが本格スタート、auローミングエリアは月5GBへプリンターがない! スマホ内の写真や書類をコンビニで印刷する方法新しい「iPhone SE」、旧モデルのユーザーは買い替えをどうすべき? ケータイ Watch業界動向災害・防災
ニュースCOCOA利用率が4割+6割の外出自粛で感染半減????日本大学生産工学部がシミュレーション島田 純2020年7月31日 15:48  日本大学生産工学部は、マネジメント工学科の大前佑斗氏および豊谷純氏、電気工学科 原一之氏、医学部 權寧博氏らが共同で、新型コロナウイルスの陽性者との接触確認アプリ「COCOA」による、新型コロナウイルス感染者数の削減効果をシミュレーションし、その結果を発表した。  シミュレーション条件として、会社員や学生など職業属性を有する1000人のうち10人を新型コロナウイルスの感染者として設定し、会社に出勤する、学校に通学する、スーパーへ買い物に行くなど、一般的な生活を1カ月間実施した。  このシミュレーション環境の中で「COCOAアプリの利用率」と「感染者と接触したことを知った人が外出を控える度合い」を20%ずつ変化させながら反復的に実施し、その後各条件ごとに新型コロナウイルスの累計感染者数を算出した。 アプリ利用率(縦)と、接触確認後の外出自粛度(横)で感染者数をシミュレーション  シミュレーションの結果では、新型コロナウイルスの累計感染者数を半減するための条件として以下の3つのパターンが算出された。  (1)人口の80%がアプリを利用し、接触者は外出を20%控える。  (2)人口の60%がアプリを利用し、接触者は外出を40%控える。  (3)人口の40%がアプリを利用し、接触者は外出を60%控える。  (1)のように、アプリの利用率が80%に達することは難しいと考えると、「約半分の人々がアプリを利用し、感染者と接触したことを知った人が外出を半分にできれば、累計の感染者は半減する」という感染者数削減のための目安が明らかになったという。  より達成しやすい条件として、累計感染者数を3分の2に減らすことを目標にすると、これを達成するための条件として、以下の3つのパターンが算出された。  (1)人口の40%がアプリを利用し、接触者は外出を40%控える。  (2)人口の60%がアプリを利用し、接触者は外出を20%控える。  (3)人口の20%がアプリを利用し、接触者は外出を80%控える。  (1)は、感染者を半減させることを目標とした場合の基準をやや緩めたものとなる。(2)人口の約半数がアプリを利用すれば、接触者が外出を少し控えるのみで良いが、(3)ではアプリの利用率が低ければ、接触者は極端に外出を減らさなければならないことを示している。  今回の研究では、1000人規模の小規模な人工社会でのシミュレーションに基づいた分析にとどまるが、今後は現実の人口や地図データを用い、より実測に則したシミュレーションを行うほか、COCOAアプリの効果に加えて、その他の感染拡大対策(3密の回避、マスク着用、店舗の営業自粛、医療リソースの確保)などを複合的に考慮したシミュレーションを計画しているという。 関連リンク ??????本大学生産工学部 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/pickupnews/34247.html 関連記事新型コロナ接触確認アプリ「COCOA」は7月30日で950万DLに、通知例の報告も2020年7月30日連載ケータイ用語の基礎知識第958回:COCOA(新型コロナウイルス接触確認アプリ)とは2020年6月30日インタビュー「接触確認アプリ」開発の舞台裏とは――平将明副大臣ロングインタビュー2020年8月1日
Group site linksインプレスのビジネスWebThink ITWeb担当者Forumインプレス総合研究所IT LeadersFind-ITドローンジャーナルSmartGridフォーラムネットショップ担当者フォーラムImpress Business LibraryインプレスセミナーDIGITAL X(デジタルクロス)インプレスの本と雑誌DOS/V POWER REPORTデジタルカメラマガジンインプレスブックスimpress QuickBooksインプレスR&DNextPublishingネクパブ・オーサーズプレスインターネット白書ARCHIVESRittor Musicリットーミュージック雑誌Web楽器探そう!デジマート耳マンMdNMdN Design InteractiveMdNのデザイン求人情報山と溪谷社ヤマケイオンラインCLIMBING-netMtSN本サイトのご利用についてお問い合わせ編集部へのご連絡プライバシーについて会社概要インプレスグループ特定商取引法に基づく表示Copyright 〓2018Impress Corporation. All rights reserved.