クリプトン小型ハイレゾスピーカーが進化、49,800円でBT再生「KS-11」 - AV Watch
Impress サイトImpress WatchINTERNET WatchPC Watchデジカメ WatchAKIBA PC Hotline!AV Watch家電 Watchケータイ Watchクラウド Watch窓の杜Car Watchトラベル WatchGAME WatchHOBBY WatchWatch VideoこどもとITドローンジャーナル中古PC Hotline!e-bikeWatch在宅ライフ特集パソコン工房mouseWatchASUSWatch上海問屋NETGEARAQUOSarrowsOLYMPUSWatch注目の一眼「α」GALLERIAWatchSTORMパソコンSamsungSSDネタとぴシニアガイドできるネットGANREF全カテゴリテレビレコーダポータブルオーディオヘッドフォン映像配信BD放送業界動向スピーカー音楽配信スマートスピーカーデジカメプロジェクタPS4BDプレーヤー映像配信BD検索記事を探す閉じるAV Watch をフォローする Special Site 最新記事 Insta360、防水になった5.7K/360度カメラ「ONE X2」10月28日 23:00ソニー、今期の純利益を8,000億円に上方修正。ゲーム分野好調10月28日 19:30SWドラマ「マンダロリアン」。人気の秘密は”ガチ俳優”10月28日 17:50カセット音源をデジタル化できるラジオ付きプレーヤ10月28日 17:00モバイルバッテリにもなる、7,980円の完全ワイヤレスイヤフォン10月28日 16:08 アクセスランキング1時間24時間1週間1カ月もっと見るもっと見るもっと見るもっと見る Impress Watchシリーズ 人気記事1時間24時間1週間1カ月もっと見るもっと見るもっと見るもっと見る おすすめ記事プレイステーション 5「開封の儀」東芝、手持ちテレビを“全録マシン”にするハードディスク。約5.4万円音楽配信とCD再生を同等クオリティで、新世代マランツ「30シリーズ」の凄さ AV Watch製品Bluetoothスピーカー
ニュースクリプトン小型ハイレゾスピーカーが進化、49,800円でBT再生「KS-11」山崎健太郎2020年10月16日 17:00KS-11 クリプトンは、コンパクトながらハイレゾ再生が可能で、PCとのUSB接続や、Bluetooth受信も可能なアクティブスピーカー「KS-11」を11月下旬に発売する。価格は49,800円。カラーはブラックとホワイト。直販サイト専用商品となる。 2010年似発売した「KS-1HQM」の後継機種が「KS-11」となる。筐体サイズやユニットはKS-1HQMを踏襲しながら、内蔵しているDDCやアンプを強化。従来は96kHz/24bitまでの対応だったが、192kHz/24bitまでの再生に対応。デジタルアンプの出力も、25W×2chから35W×2chと強化し、音質にも磨きをかけた。再生対応ファイル形式はWAV/FLAC/AIFF/Apple Losslessで、DSDは非対応。 左からKS-1HQM、新モデルのKS-11背面の入力端子部 Bluetooth受信にも新たに対応。コーデックはSBC/AAC/aptX/aptX HDをサポートし、PCやテレビだけでなく、スマートフォンやポータブルオーディオ機器とも、Bluetoothで手軽に、かつ高音質に連携・再生できるようになった。 入力端子は、USB、ステレオミニのアナログ、光デジタルを各1系統備えている。 また、KS-1HQMはスピーカーと別に、小型オーディオボードとインシュレーターも付属しているのが特徴だったが、KS-11ではそれを変更。オーディオボードは付属しないが、底部に、ネオフェードカーボンマトリックス3層材を使ったインシュレーターを新たに配置。インシュレーターの素材は、クリプトンのピュアオーディオ用のオーディオ用アクセサリにも使っているもので、設置面への振動の伝播などを防いでいる。 さらに、インシュレーターにOリングも配置。横滑りに強くなった。 KS-1HQMには、このようなオーディオボードが付属していたKS-11ではネオフェードカーボンマトリックス3層材を使ったインシュレーターに変更 ユニット自体はKS-1HQMのものと同じで、デンマークTymphany(旧Peerless)の63.5mm径。小口径ながら、重低音再生を可能としており、全帯域にわたってフラットな再生特性を持つという。コンケーブ型のメタルコーンを使っている。 兄貴分の「KS-55」と、KS-11のサイズ比較。奥行きはKS-11の方がだいぶ短い エンクロージャーは高剛性のアルミ押し出しフレームを採用し、リアバスレフ。両サイドにはモールドを配している。ホワイトモデルでは、外からネジの頭が見えないように埋めるなど、デザイン面にもこだわった。なお、Bluetooth受信対応だが、アンテナは筐体に内蔵しており、外部には露出していない。 エンクロージャーは高剛性のアルミ押し出しフレームを採用ホワイトモデルでは、外からネジの頭が見えないように埋めるなど、デザイン面にもこだわった 外形寸法は89.5×105×176.5mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は1.15kg(×2台 本体部)。付属のスピーカーケーブル長は2m。リモコンが付属する。 音を聴いてみる コンパクトで高音質、ハイレゾも再生できるスピーカーとして大きな話題となった「KS-1HQM」の後継機種。この時点で要注目の製品だが、気になるのは筐体サイズやユニットが変わっていない事。音質の変化は少ないのかな? と思ってしまうが、実際に音を聴いてみると大幅に進化している。 特に、中高域の付帯音の少なさ。KS-1HQM自体、ピュアなサウンドのスピーカーだが、KS-11ではよりクリアで自然な音に進化している。低域まで含め、全体の分解能もアップしており、情報量の多いハイレゾサウンドが、より味わいやすく、聴き取りやすくなっている。また、出力がアップしたためか、音量を上げていっても全体的に余裕をもった鳴りっぷりになり、1クラス上のスピーカーを聴いているような感覚もある。 オーディオボードに乗せるスタイルから、インシュレーターを底部に搭載するスタイルへと変わったが、コンパクトな筐体を生かした空間表現の広さは継承されている。むしろ、サウンド自体がよりクリアになった事で、音場の左右の広がりや、奥行きがより見通せるようになり、音場自体が広がったようにも感じた。 PCなどをUSB接続し、ピュアオーディオライクにじっくりと聴く鑑賞にも耐えるが、新たにBluetooth受信が可能になった事で、スマホなどと手軽に連携し、BGM的に楽しむ事も可能になった。オーディオボードとのセット構成でなくなった事で、場所の移動もしやすくなっており、ちょっとした空間に置いて、いい音を楽しめるスピーカーとして活躍の場が広がりそうだ。 関連リンク クリプトン ニュースリリース 関連記事トピック気になるアクティブスピーカーを聴く【クリプトン:KS-1HQM】2010年8月10日レビューあの“本気過ぎる”PCスピーカーがBT対応で超進化、クリプトン「KS-55」2018年11月9日レビュー前代未聞!? 25万円のPCスピーカー「ハイレゾセブン」を体験。値段も凄いが、音も凄い2014年11月4日
Group site linksインプレスのビジネスWebThink ITWeb担当者Forumインプレス総合研究所IT LeadersFind-ITドローンジャーナルSmartGridフォーラムネットショップ担当者フォーラムImpress Business LibraryインプレスセミナーDIGITAL X(デジタルクロス)インプレスの本と雑誌DOS/V POWER REPORTデジタルカメラマガジンインプレスブックスimpress QuickBooksインプレスR&DNextPublishingネクパブ・オーサーズプレスインターネット白書ARCHIVESRittor Musicリットーミュージック雑誌Web楽器探そう!デジマート耳マンMdNMdN Design InteractiveMdNのデザイン求人情報山と溪谷社ヤマケイオンラインCLIMBING-netMtSN本サイトのご利用についてお問い合わせ編集部へのご連絡プライバシーについて会社概要インプレスグループ特定商取引法に基づく表示Copyright 〓2018Impress Corporation. All rights reserved.