Opensignalのネットワーク調査、ソフトバンクが3カテゴリーでトップ - ケータイ Watch
Impress サイトImpress WatchINTERNET WatchPC Watchデジカメ WatchAKIBA PC Hotline!AV Watch家電 Watchケータイ Watchクラウド Watch窓の杜Car Watchトラベル WatchGAME WatchHOBBY WatchWatch VideoこどもとITドローンジャーナル中古PC Hotline!e-bikeWatch在宅ライフ特集AQUOSarrowsパソコン工房mouseWatchASUSWatch上海問屋NETGEAROLYMPUSWatch注目の一眼「α」GALLERIAWatchSTORMパソコンSamsungSSDネタとぴシニアガイドできるネットGANREF全カテゴリドコモauソフトバンクワイモバイルUQ楽天iPhone (iOS)Android5GIoT格安SIM/MVNO格安スマホ/SIMフリースマホ周辺機器/アクセサリー業界動向法人向け最新技術/その他検索記事を探す閉じるケータイ Watch をフォローする Special Site アクセスランキング1時間24時間1週間1カ月もっと見るもっと見るもっと見るもっと見る 最新記事 クアルコム、5G仮想ネットワークのプラットフォームを発表10月22日 15:31KCCS、サムスン電子と国内ローカル5Gソリューションの提供に向け協業10月22日 15:30「PayPay」障害の原因はAWS、22日12時すぎに復旧10月22日 14:02Zoom、モバイル版でYouTubeへライブストリーミング可能に10月22日 13:44AWSで通信障害【復旧】10月22日 13:11 Impress Watchシリーズ 人気記事1時間24時間1週間1カ月もっと見るもっと見るもっと見るもっと見る おすすめ記事楽天モバイルが本格スタート、auローミングエリアは月5GBへプリンターがない! スマホ内の写真や書類をコンビニで印刷する方法新しい「iPhone SE」、旧モデルのユーザーは買い替えをどうすべき? ケータイ Watch業界動向調査
ニュースOpensignalのネットワーク調査、ソフトバンクが3カテゴリーでトップ北川 研斗2020年10月16日 22:58  Opensignalは、2020年10月版の日本におけるモバイルネットワークの検証結果を発表した。  今回の調査は、2020年6月1日??8月29日の期間で行われた。今回からは4月8日にサービスインした楽天モバイルが初めて調査対象のキャリアに加わった。 イアン・フォッグ氏  Opensignal 分析担当バイスプレジデントのイアン・フォッグ氏によれば、楽天モバイルの回線は、ユーザーの全般的な体感を計測するという意味で、楽天モバイルの自社ネットワークのエリアとauのローミングでの接続エリアの両面の総合的評価としている。  調査項目は上り下りのスピード、4G利用率、LINEなどでの音声体感、ストリーミングビデオ体感。これに加えて日本では初めてゲーム体感も調査した。 ソフトバンクが3カテゴリーでトップ、楽天の健闘も  回線速度の調査は、上りと下りの両面から調査。下り速度では、ドコモが52.3Mbpsでトップ。次点でauの48.8MBps、ソフトバンクは42.7Mbpsで3位。最下位は楽天モバイルの21.6Mbpsだった。  一方、上り速度では、楽天モバイルが11.8Mbpsで1位。2位はソフトバンクの9.9Mbpsで、ドコモ(9.5Mbps)、au(8.3Mbps)と続いた。  ストリーミングの動画を再生し、ユーザー体感を測定するビデオ体感の項目では、ソフトバンクが79.1ポイントでトップに立った。  これ以降、ドコモ(77.2)、au(75.9)、楽天モバイル(64.9)という結果。ビデオ体感の調査は、ITUが定める手法を使用して、画質や読み込み時間、失速率などを総合的に考慮。0-100のスケールで評価し、75を超えると「Excellent」の評価という。  フォッグ氏によると「ビデオはモバイルネットワークの多くを占める。この調査でそれぞれのキャリアのトラフィック中でのビデオの扱い方の差異がわかる」という。  今回の調査では、楽天モバイル以外の3キャリアが75ポイントを超える結果となった。  音声体感では、番号による発信ではなくLINEやSkype、Facebook Messengerなどのアプリによる音声通話機能を利用した際の体感を評価。  0-100スケールで測定され、トップはソフトバンクの82.9ポイント。ついでドコモの82.1ポイントと続き、auと楽天モバイルは82.0と同スコアだった。  ゲーム体感では、オンラインで対戦するマルチプレイヤーゲームを用いた評価が行われた。パケットロス、ジッター(信号波形のゆらぎ)などを含めてオンラインゲームをプレイした時の影響を測定している。  最も高スコアを収めたのはソフトバンクでポイントは84.9だった。次点でドコモ(84.6)、au(83.3)、楽天モバイル(81.8)と続く。  ゲームの評価の適正さについてフォッグ氏は「ラボでスマートフォンでゲームをしたときにどのようなネットワークの違いが体感として現れるかとテストしているからだ」と説明。  4G利用率は、ユーザーが4Gへ接続している時間の割合を評価した。  トップはauの99.3%だった。2位のドコモ(98.8%)以下、楽天モバイル(98.7%)、ソフトバンク(97.8%)となったが、結果は4社とも僅差で4Gの整備が行き届いていることを示している。  フォッグ氏は「4Gはこれからの5G時代に重要」と語る。世界の大多数の国において初期の5Gは、4Gをもとに5Gへ接続するため、4Gへ接続できなければ5Gを利用できないためだ。 初登場ながらトップを得た楽天に評価  今回の調査では、ソフトバンクが3カテゴリーでトップの評価を受けた。ほかのキャリアについても、いずれかのカテゴリーにおいてそれぞれ1つずつトップを獲得している。  世界と日本のキャリアを比較した場合、調査対象の100カ国中、日本のはビデオ体感では6位、ダウンロード速度は全世界で4位。4G接続率は最も高く98.5%になるという。G7加盟国の中で比較するとカナダはトップクラスのダウンロード速度を誇り、米国は動画のダウンロードで遅れをとっているとフォッグ氏。  今回の調査で初登場ながらもアップロード速度でトップの評価を得た楽天モバイルについて、フォッグ氏は「初の登場というところでは非常に素晴らしい成果」と評価した。 関連リンク ????pensignal Market Insights https://www.opensignal.com/market-insights 関連記事日本の4キャリアもランクイン、Opensignalの世界モバイル通信評価2020年10月5日
Group site linksインプレスのビジネスWebThink ITWeb担当者Forumインプレス総合研究所IT LeadersFind-ITドローンジャーナルSmartGridフォーラムネットショップ担当者フォーラムImpress Business LibraryインプレスセミナーDIGITAL X(デジタルクロス)インプレスの本と雑誌DOS/V POWER REPORTデジタルカメラマガジンインプレスブックスimpress QuickBooksインプレスR&DNextPublishingネクパブ・オーサーズプレスインターネット白書ARCHIVESRittor Musicリットーミュージック雑誌Web楽器探そう!デジマート耳マンMdNMdN Design InteractiveMdNのデザイン求人情報山と溪谷社ヤマケイオンラインCLIMBING-netMtSN本サイトのご利用についてお問い合わせ編集部へのご連絡プライバシーについて会社概要インプレスグループ特定商取引法に基づく表示Copyright 〓2018Impress Corporation. All rights reserved.